-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『桃色砂漠』/あすか(せら) | main | オッサン化と3月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『僕の先輩』/羽生山へび子
いきなりですが、金欠だー!

理由としては2つ。
1つめは、先月分までと違って、今月分はさほど
残業しなかったため、お給料の額がドンと
減ってしまったこと。(40時間以上違うんだもんよ)

2つめは、その支給額だとわかっているのに、
物欲はピーク時のころのままだということ。
残業代成金のころに「ついでに買っちゃえ」と
予定にない本を買っていた習慣が抜けず、
かつ震災のこともあって、「買えるうちに!」という
心理が働き、思い切りよく買いすぎてしまいました。

今週に入ってから物欲期間を抜けたかな?と
思ったのですが、時すでに遅し。
次の給料日までは積読本消化に励む予定です、はい。

さて、今日の感想本は久しぶりにツボにはまって
笑いまくったマンガです。それでは以下にて。




『僕の先輩』/羽生山へび子
大洋図書 (2010/10/16)
【Amazon】


☆あらすじ
「僕ぁ愛のハゲタカだよ! 先輩が消耗するのを待ってるんだ!!」
自称・愛のハゲタカこと飴宮はじめは、学校中から
恐れられている先輩、二宮三郎に猛烈アタック中。
ハイエナよろしくつきまとうはじめにウンザリ顔の三郎だったが
一途で真っすぐな体当たりの告白に気持ちはガッチリ仕留められた!?
笑ってヘコんでご飯食べて、一緒に過ごした今日はとっても幸せだ!

*   *   *   *   *   *

自称愛のハゲタカ、自称愛のハイエナ、
(妄想の中で)ドロボー猫……、様々な動物に
(自ら)例えられている珍獣の飴宮はじめちゃんですが、
こんなアホでかわいい動物はじめて見た!

この子の喋る内容の7割くらいはアホなことで
とにかく騒々しく、顔芸もバリエーション豊か、
妄想癖がひどく、行動もすべて向こう見ず、
常に確変中(矛盾していますが)の男の子です。

まあ、一言で言えば「アホの子」なんですが、
とても良く換言すれば、天真爛漫で真剣でひたむき。
そこに魅力を感じてしまうのです。

桁外れにアホですが(アホがゲシュタルト崩壊してきた)、
先輩大好きオーラに一転の曇りもないので、
ほだされる先輩の気持ちも…理解できなくはありません。
他人を傷つけようだとか他人の痛みがわからないとか、
嫌味なところが感じられないのもいいのかも。


先輩はかっこいいというより怖い人で、誰に似てると
聞かれてはじめ曰く「ベ●ータ」な人なんですが、
18歳にして男気に溢れすぎている男です。
前述のはじめちゃんに対して、態度は優しくないですが、
優しいのです。もうそれだけで尊敬に値します。

というのは2割方冗談ですが、アウトローの建前や
理屈が世界に一匹しかいない珍獣には通じず、
はじめちゃんには素になるしかないのです。
で、その素の部分がオトコマエなんです……!

こんな2人なので恋愛面においては超ゆったりですが、
地道に進んでいくのがこの2人らしくて好いです。
ゆったりしたBLを味わいたいときにいいかもです。


……と、キャラクタとBL部分についてだけ書きましたが、
この作品の最もよいところはギャグです。
こればっかりはセンスというか相性もありますが、
私は、ひとつのセリフで吹き出させられるときもあれば、
会話の流れに奇声をあげさせられたりと、
久しぶりに心の底から笑ってしまいました。

お気に入りのを挙げるとすると、↓でしょうか。

・せんぱいとはカップ&ソーサーみたいに仲良しだよ (はじめ)

・アーダーサンゲラギーだっけ?名物 (はじめ)
 (↑沖縄の某菓子)

・すみません持病の妄想癖の方が少々…… (はじめ)
あれ?ひとつのセリフ例を挙げてみたら全部はじめ…。
はじめ、恐ろしい子!


ちょっと絵柄にクセがあるというか(自分の感覚では、
鴨川つばめを少し現代風にアレンジしたような印象)、
好みが分かれそうな絵柄ですが、それを超えて
余りある面白さだと私は思いました。オススメです!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |