-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011年5月新刊購入予定リスト | main | 『equus』/えすとえむ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『真夜中クロニクル』/凪良ゆう(小山田あみ)
皆さま、GW前半いかがお過ごしですか?

私は足の腫れが引かず、ろくに歩けない状況なので、
半分寝たきりみたいな生活を送っています。

あまりにも動かなさすぎかな、と反省して
上半身だけで本の整理を行うことにしたものの、
少し高いところにある本を手に取るのにも、
入れる箱を準備するのにもいちいち億劫になって、
結局、途中で新刊BLマンガ7冊一気読み!とか
してますので不便ながらさほど反省しておらず、
むしろ生き生きとマンガを読んでます。

でも、アクティブな人間じゃないからそのくらいの
感覚で済むのでしょうが、アクティブな人間だったら
鬱屈した気分になってきそうだなと感じました。

ともあれ、足の筋肉が衰えてしまうと外出が
面倒くさくなるというお年寄りの話が
身に沁みたと言うか、実感しております、はい。

さて、今日の感想は、たぶん初かな?なリリ文庫の感想です。
今回の凪良さんは期待以上によかった!
読んでからだいぶ経ちましたが、以下にて感想です。




『真夜中クロニクル』/凪良ゆう
大誠社 (2011/4/12)
【Amazon】

☆あらすじ
太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。
そんなニーナが、夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。
どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、
ニーナは次第に心を詳していく。そんな二人がすべてから逃れるため、
星降る夜に飛び出した―。温かな恋心でニーナを包み込む陽光と、
寄せられる想いに戸惑って踏み出すことができないニーナ。
時を経て変化に呑まれながらも、成長していく二人が辿り着いた先とは。

*   *   *   *   *   *

正直なところ、凪良さんだから買ったわけで、
リリ文庫だから買ったわけじゃないんですが、
リリ文庫を初めてGJ!と思いました。
良くぞ凪良さんのこの作品を世に送り出した。

この作品の面白いところは、タイトルそのまんま、
2人のクロニクルです。

理由は違うけれども、幼い時分から世間との
ズレがある孤独な者同士が出会い、お互いを
大事に思うようになり2人の世界へ逃げるフェーズ、
しかしそんな閉じた世界では難しいと
思い知らされるフェーズ、そして子供の頃に
思い描いたようにはうまく行かないフェーズ、と
なかなか前途多難な歴史が描かれています。

陽光が遠慮なしのワンコショタっ子でかわいいだとか、
ニーナが心を許すようになる過程がまたかわいいだとか、
そういったプラスの面があったとしても、
それこそ真夜中のように暗い描写も多いです。

でも読むのをやめようと思わないのは、
彼らが挫折したりめげたりしながらも、
生きることは不安だとわかりつつも、
陽光は陽光なりに、ニーナもニーナなりに、
後悔しないように匍匐前進している様子に、
光明を見出せるからなんだと思います。

そして、他の人には見せられないような弱い自分も
含めて肯定してくれる人がいるからこそ、
なんとか頑張れるという不完全さに共感を覚え、
また、信頼の強さにとても素敵に思えるのです。

単なる恋愛対象の愛じゃなくて、もっと広い、
自己肯定の部分も含めて描かれてるんですよね…。
その上で、「守りたい」「役に立ちたい」と
思い合っている気持ちの対等さがとても心地よいです。


男同士だからプライドが邪魔してこじれたりして、
なかなか進まないんですが、そこを進めてくれた
ナイス当て馬の映画監督もいい味を出しています。
「今回のはただの泥酔した勢いでいっただっきま〜す作戦」って!(笑)

魅力的なワキキャラを描くことに関していえば、
凪良さんは小説家トップ5(私基準)に入るかもしれません。


わざと一番ぐっときた部分というか、
私が他人からネタバレされたくない部分は
なるべく避けて書いてみましたが、
そしたら面白さを伝わるのか怪しい…(汗)

まあ、この感想で面白そうと思ってもらえたならば、
作品は高確率で面白いと思ってもらえるかと思います。
百感想は一作品にしかず!(ある意味真実な嘘ことわざ)

と、いうことでオススメのBOYS ROVE LOVE です。
| [BL・小説]凪良ゆう | 22:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |