-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『真夜中クロニクル』/凪良ゆう(小山田あみ) | main | しょうもない雑記と4月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『equus』/えすとえむ
今日はお仕事の方も比較的多くいたと思いますが、
私は引き続き連休中です。と言っても、
足がまだ痛くて外出できていません。

足の腫れはだいぶ引いたんですが、引いたら引いたで
次はアキレス腱も痛いことに気づきました。
今までは腫れの痛みと渾然となっていたので
分からなかったのですが、この痛みのほうが
長引きそうです。調べたものの結局アキレス腱は
とりあえずは安静にするしかなさそうですし、
もしかしたら休み明けまでこんな調子かしら。

まあ、かえって休みの間で助かったというか、
平日だったら仕事に支障が出るところでした。
よかった…けどよく考えたら、大型連休に
入るからこそ飲みに行っちゃって、
そのせいでやらかしちゃったわけだから…うーん。

仮想していてもしょうがないですね、
仮想は本の中で楽しむことにしましょう。

というわけで、今日の感想はファンタジー、
えすとえむさんのケンタウロス本です。



↑このゴージャスで美しい表紙…!

『equus』(ラテン語で「馬」)/えすとえむ
祥伝社 (2011/4/25)
【Amazon】

☆あらすじ
ケンタウロスと人間たちは……
日本の大学では誰よりも普通の恋をし、
平安末期の武家社会では主従関係を結び、
西欧の悪趣味な館では奴隷と主人となった――。
さまざまな時代と国で交わされる、
切なく扇情的な異種恋愛譚8編を収録。

*   *   *   *   *   *

実はこの作品に収録されている8編のうち、
描き下ろし分と2編を除いた5編は、
同人誌で読んだことがあった話でした。
(いま足に負担をかけずに確認できるのは3編分。
でも確かに読んだ記憶がある!……おそらく。)

でも面白いものは面白いんですよねー!
元が同人誌なので話はバラバラなんですが、
通して読むとある程度の統一感はあります。

で、内容としてはおおまかに2つに分けられまして、
1つは同著者によるこれまたケンタウロス本の
『はたらけ!ケンタウロス』でも描かれていた、
ケンタウロスと人間が共存した日常的な話です。

現実的に言えば大学生活を送るケンタウロスなんて
「ありえない」世界ですけれど、「それもあり」と
思って読めば、存分に面白い題材です。
ドラえもんを読むときに、ドラえもんの存在を
普通に受け入れているあの世界を「ありえない」と
思って読んだりしないのと同じです。
すこしふしぎな世界を楽しむことが最優先です。


また、もう1つは、ケンタウロスの存在を認めながらも、
種族の違いから来る役割や寿命の違いの妙を描いたものです。
日常の中でも描かれていましたけれど、よりドラマティック。

私が未読だった「平安末期〜」の話なんてもう、
寿命が違うからこそできる仕え方というんですか、
<共白髪>というキーワードをこんな風に
扱うだなんて、反則的にググッと来る!

異類婚姻譚などでは普遍的な内容かもしれませんが、
ケンタウロスという妖美で知性的で、あくまで
人間と寄り添う近しい種族として描かれていることで、
より切なさを感じるのかもしれません。


元が同人誌なのでダブリ買いに近いですが、
麗しい装丁になっただけでもう気にしません。
また、私がコピー本でしか持っていない本が
きちっと描かれたものとして読めたり、
オフ本でもちらほらと加筆されていたりと、
読み比べるのも楽しいのでむしろ嬉しいです。
こんなんだから同人誌処分できないんだよおぉ(略)

今までの著作とはまた違った面白さを
味わってみてはいかがでしょうか。

P.S.
明日は1泊で出かけるので更新しない予定です。
この足でちゃんと出かけられるのか不明ですが…。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |