-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しょうもない雑記と4月の読書メーターまとめ | main | 2011年6月購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『つながりたい』/いつき朔夜(石原理)
ああー明日から会社か……長々と休んだので
現実感がないというか麻痺しているというか、
現実の事として考えたくない自分がここにいます。
脚のこともあって億劫だなあ。

本を読むだけの生活がしたいですけれど、
それでは本を買う資金がなくなるどころか
生きていけないのでそこそこに頑張ります。

と言いつつ、明日やらなくてはいけないことを
リストアップしたら、概算で8時間は軽く
オーバーしてました。せわしないなあ。

そういえば「せわしない」って方言だと
思っていたら共通語でもあるんですね。
方言と共通語の違いってわからない…。

さて、今日はいつきさんの方言BLです。
高校生ものは久しぶりですが楽しみました。
それでは以下にて。




『つながりたい』/いつき朔夜
新書館 (2011/4/9)
【Amazon】


☆あらすじ
基一(きいち)は学外で活動していたダンスチームが
解散してからというもの、不完全燃焼な日々を送っていた。
そんな時、服飾コースを選択するクラス委員長の
宗政(むねまさ)から、作品発表会の幕間に
踊ってくれと頼まれる。なぜか自分にだけ
厳しく当たる宗政のことが気になっていた基一は、
迷いつつ引き受ける。二人は時にぶつかりあいながらも、
互いを認めるようになり……?北九州を舞台に
はじける青春☆ハイスクールLOVE!!(←原文ママ)

*   *   *   *   *   *   *

「ちょ、はじける青春☆ハイスクールLOVEって、
しかもいつきさんで(笑)」とあらすじで
軽く吹きました。が、ごめんなさい、
確かに<はじける青春☆〜>でした。

全体的な雰囲気としては、個人的にはなんとなく
矢沢あいさんの「天使なんかじゃない」あたりの、
ゆったりとした雰囲気が漂っているように思います。

もちろん時代的には基一がダンスをやっていたりなど、
風俗的な描写から考えて90年代ではなく今、でしょうが、
ゆったりしているのは地方色が強いからでしょうか。

「若者ゆえにさほど方言色は強くない」と
あとがきで書かれていたものの、
「そんな恥ずかしいことすんなちゃ!」なんて
共通語にはない言葉の気色がありますよね。

舞台も九州のみで高校生だから範囲が狭いためか、
地方都市の空気というか、都心とは
違う時間が流れているような気がします。


また、作品発表会や文化祭に真剣に取り組んだり、
クラスの人と準備をしたり、というはじける青春も、
いい意味で少し昔の高校生を彷彿とさせるように思います。
(今の高校生がどうなのかは知りませんし、
学校単位で変わってくるでしょうけれども。)
あ、このあたりが「天ない」を連想させるのかしら。

攻めも受けも、やりたいことが見つかっていて、
幼いながらも将来に向かって歩んでいる姿は、
会社行きたくないと思っちゃっている社会人には
正直まぶしく映ります。……頑張って勤労します。


ただ、このような高校生ものなのに、
どことなく違和感を感じます。
それはおそらく攻めの宗政のせいです。

受けの基一は、子供扱いされたくないけれど
そう思ってることがまだ子供という本当に
高校生ごろの男の子だなって印象なのですが、
宗政は変に老成してます。

元ヤンということもあって色々な経験をしていた、
ということは描写からうかがえますが、

・服を仕立て直す腕とバイクで階段を駆け上れる腕がある
・学校ではクラス委員長という完璧さで猫をかぶる
・初セックスでがっつきつつ先っちょだけという折衷案を繰り出す

などなど、「お前は本当に高校生か」と聞きたくなります。
堂に入った受けへの甘やかしぶり……凄い素質です。


まあ、これは瑣末なつっこみです。
似たような設定の話が1つとしてなく、それでいて
安定した面白さが嬉しい、相変わらずのいつき作品でした。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |