-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 積読増減と2011年5月の読書メーターまとめ | main | 2011年7月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『守護天使に恋して』/メアリー・カルムス
アキレス腱損傷→日常生活に問題なし
まぶたの痙攣→継続中
喉の痛み→New!

というような1週間でした。熱でも出てしまえば
会社に行けないのに、喉しか痛くないから頭はクリアで、
無理を押して仕事して終電で帰る…なんて生活を
していたら治るものも治りませんわな。
土曜日に病院で効くクスリをいただきまして、
だいぶマシになりましたが、色々連続してるなあ。
祟られでもしてるのかしら?
低空飛行でも飛んでるだけマシなんですけどね。

さて、今日の感想本はまたしても翻訳本です。
別にそれを狙ってるわけではないんですけれど、
やっぱり日本製のBLとはどこかが違う、という
新規性が私に感想を書かせるのでしょうか。
聞いても答えは返ってきませんが、早速以下感想です。




『守護天使に恋して』/メアリー・カルムス
オークラ出版 (2011/5/23)
【Amazon】

☆あらすじ
恋人を上司にとられたうえに失業中のジュードは、
"なにか"に呼ばれて夜の公園に行った。
そこで、狼のように巨大な犬に遭遇してジョーと名づける。
だが、犬の姿をしていても、ジョーは犬ではなかった。
彼は異世界から来たオーエンという名の守護者で、
ジュードの世界では犬の姿にしかなれないのだ。
ジュードが自分の伴侶だと気づいたオーエンは、
人間の姿に戻って求愛したいと思うが……。

*   *   *   *   *   *

前回「挿絵がないのは気にならない」ということを
書きましたが、むしろプラスの点を見つけました。
挿絵の人が苦手でも読みやすい!ということです。

挿絵は非常にイメージを固定しやすい反面、
自分のイメージに合わない挿絵や、
そもそも挿絵の人が苦手だと、
好きな小説家でも買うのを躊躇うこともありますが、
これならイメージを固定されなくて済みますね。

それに公の場でも読みやすいし…洋物だけに
濡れ場がちゃんと(?)激しいので、濡れ場の挿絵を
気にかけなくていいのは意外と助かりました。


それはさておき、内容はというと、
彼氏が上司と浮気したのを機に広告代理店を
辞めたばかりのジュードが助けた犬は、
異世界の守護者(といってもジュードのではなく、
異世界での職業)で、ジュードはその運命の相手で、
いきなり事件で異世界へ!というぶっ飛びっぷり。

あらすじで理解はしていたけれど
異世界への導入がいきなり過ぎて、例えるなら、
「ぶっとびカードで北海道から九州へ飛んで欲しいと
思ったのに一足飛びで沖縄だった」気分でした。
(桃鉄経験者にだけ伝わる比喩ですみません)

しかもその異世界の描写が濃厚で、一瞬主人公と
同じくらいにわけの分からない状況になりましたが、
オーエンの立ち位置がすぐわかるようになっており、
そこからすとんと入れました。

まあ、理解したと思ったら、ラストは
こちらの世界にまた唐突に戻ってくるので、
ファンタジーに浸りたい方にはすこし不満かも……。
自由だなあ、海の向こうのBLは。


恋愛面でもかなり唐突で、異世界に行ったら
いきなりジュードを「伴侶」扱いするオーエンに
迫られてやっちゃうような飛ばしぶりです。

おい!と思ったけど、守護者が「生涯の伴侶」を
見つけたということは間違いの無いことであり、
男女も別世界の人間でも関係ねえ!という
BLに都合のいい妄信清々しい世界観なのです。

ただ、守護者と言うのは主に仕える戦士であり、
別に奉られるような存在ではなく、むしろ
閨では嫌われるような本能の持ち主です。(=ケダモノ)

よって、確信を持っているくせに、ぶっちゃけ素人童貞。
ガタイがよくてイケメンで有能な戦士が、素人童貞。
傲慢そうな口ぶりでも、キスもフ○ラも初めてな素人童貞。
なんだかこのギャップが笑えて、可愛くて!
そりゃがっつくわ、と思えたら勝ちだと思います。

また、大仰なセリフも、海外ものでしかもこの攻めだと
本当に受けのことが大切なんだなーと思わせるのですよね。
海外ものはこのへんにアドバンテージがあるように思います。


……で、あと1つ、笑ったのは、攻めの包茎に
対する描写が「割礼されていない性器」!(笑)
お国柄ですなあ。間違ってないけど遠まわしなんだか
ダイレクトなんだかわからなくて笑ってしまいました。
BLコミックで読んだことはあったように思いますが、
BL小説で攻めが包茎ってあんまり見たことないなあ…。
もしあれば情報お待ちしております。


うーん、やっぱり新鮮なものは面白いな!
日本のBL基準から考えると型破りですが、
とても楽しく読めました。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - |