-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いまさらJ庭7回目の参加記録と2011年6月の読書メーター | main | 2011年8月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2011年上半期 BL小説&コミック ベスト
今日は本当は出勤なのですが有休をとりまして、
今週末は久しぶりに3連休となりました。

で、昨日は珍しくアクティブに、鎌倉まで自転車で行って来ました。
(写真は鶴岡八幡宮の前の鳥居にて。恨めしいほどの青い空!)

110717_鎌倉

観光はせずに、本当に行っただけですけど…。
暑すぎて観光なんかする気になれないっての!

それにしてもロードバイクなるものは、楽しいですなあ…
10km, 20 km という距離がとても近くなる。
明治カナ子さんが自転車の同人誌を
出してしまうのにも頷けます。
おかげさまで今日は筋肉痛でござる…。


さて、先日忙しくて難しいかもと言っていた
上半期ベストですが、今は有休とれるくらいの
忙しさになったので、まとめてみました。

しかしまとめるにも、小説が125冊、コミックが74冊と
読了数が例年になく少ない!ので、
小説もコミックも5作ずつとしてみました。
それでは、以下、どうぞ。


□前書き
・今年読んだ本であって出版年が今年というわけではありません。
・2011年刊の作品は 印です。
・タイトルにリンクが張ってあるものは感想へ飛びます。
・読了日順に並んでいます。

□ BL小説

1.『叶わない、恋をしている』/凪良ゆう

後述する『真夜中クロニクル』に比べると
少し弱いかな、とは思ったのですが、
それでも5冊のうちに入れたい作品でした。
(…のわりには感想書けていませんが)

いわゆる身代わりものとくれば健気な受け、
というのは定番中の定番なわけですが、
こういう受けのことを本物の健気と言うのではないか、
というくらい、受けの芯が強く、それでいて優しいです。

私、健気受けにイラッと来るときがあるんですが、
我慢をしているだけではなく、嫌われてもいいから
相手のことを考えて尽くす行動力も伴っているから、
イラッと来ないどころか受けを応援したくなるわけです。

そして受けだけでなく、すべての登場人物が
生きているかのような、この方の心理描写に
やはり引き込まれました。
というわけで、ベスト5に入る1冊でした。

2.『恋を知る』/月村奎

この時分に稀有な朝チュン未満短編小説集ですが、
それでも片恋の甘さがキュキューンと来て
続きが読みたい!と思わせてくれる、
月村さんの良さが滲み出た作品です。

3.『青空へ飛べ』/久我有加

ベストに入れるかどうか少し迷ったのですが、
なんだか仕事でわけもなく泣きそうになったとき、
つい読み返してしまった1冊なのです。
私の今の状況のせいもありますけれど、
これってよほど沁みこむってことだよね、ということで
個人的読み返しベスト1でランクインです。

4.『真夜中クロニクル』/凪良ゆう

今年のベスト3に入る可能性大の素敵作品。
受けと攻めの弱さとそれを乗り越えようとする強さ、
そして思いあっているがゆえの信頼関係が
心地よくてたまりません。

5.『プリズナー・イン・ラブ』/暁由宇

これも感想を書きたかったのですけれど、
忙しさにかまけているうちに書き漏らした1冊です。

ひとことで言えば「義兄と義弟もの」です。
たまにあるシチュエーションかと思いますが、
なかなかくっつかないですし、主人公の義弟は、
兄を想いつつも当て馬とセックスしたりもします。

しかしそれに対して否定的感情が湧いてこないのは、
揺れ動く感情の描写がとても緻密だからなのです。

「義兄と義弟」という関係に対して、
「美味しいシチュエーション」という扱いではなく、
ここまで真剣に見つめようとした作品は、
初めて読んだかもしれません。
さすが私好みのジーン・ノベルズ!
こういう方向性の出版社、また現れないかなあ…と
望んでしまうほど好みの作品でした。


番外編 『座布団』『花扇』 新装版/剛しいら

新装版だから入れてなかったんですけど…、
やっぱり剛さんの最高傑作といってもいいでしょう。
こういう言い方はあまり好まないのですが、
BL小説好きでこれを読まないのは損です。
お値段がちょっと張りますが、新装単行本版は
挿絵無しで外でも読みやすいですしオススメです。


□ BLコミック

1.『真昼の恋』/草間さかえ

これは感想を書きたかったのですけれど、
うまく書けなかった作品です。

真昼さんが可愛いだのわんこ攻めがこれまた可愛いだの、
濡れ場がとてもエロティックだとか、本当に単純な
言葉しか出てこないくらい物語に没頭してしまいます。
このどこにでもありそうでどこにもない空気を
はらんだBLは草間さんだけのものですよね…。
草間さんのBLは素敵!としか言いようがないので
感想を書くのを諦めたのでした(笑)

2.『メリーチェッカ』/鈴木ツタ

今のインターネットでの交流があるからこその
人間づきあいの難しさとか面白さとか、
そんな現代の妙を描いた作品でした。
癒し系のみやたんが欲しい…(切実)

3.『欲しがりません収穫までは』1・2/舟斎文子

攻めと受けが両方ともかわいくて、
笑えて、心が温まるというお得な作品です。
私はコレでアホの子の可愛さを理解できました。

4.『僕の先輩』/羽生山へび子

小説の読み返し率 No.1が「青空へ飛べ」だとしたら、
コミックの読み返し率 No.1 はこちらでした。
はじめちゃんは、何度読んでも新しい笑いを運んでくれます。
CD買おうかなー!(ボーナスが入院代に消えていなければ…!)

5.『equus』/えすとえむ

『恋と刑事』/西田東、『あっちとこっち』/腰乃、など、
ほかにも入れたい作品はあったのですが、
新しい世界を切り拓いたという意味でこちらをチョイス。
メインストリームにはならないでしょうが(なっても困る)、
ぜひこの路線も続けていただきたいものです。

///////////////////

というわけで、上半期ベストの小説&コミック5作でした。
ほとんどが新刊というところに開拓できていない状況が
わかるのが悔しい…くそう、自分の時間が欲しい!

ともあれ、もう下半期も3週間ほど経ちましたが、
これからも良い作品に出会えますように。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 21:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:53 | - | - |