-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『背徳のマリア』(上・下)/綺月陣(AZ Pt) | main | 『WEED』『FLOWER』『POLLINATION』/木原音瀬(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なつやすみ4日目は音楽鑑賞を
東京23区の東側にオタクが結集した8/14ですが、
私は23区の西側におりました。なぜなら、
毎年恒例の『PRESS START 2011』に今年も行ったからです。
去年は9月の池袋だったので8月の新宿とか環境悪い…と
思ったものの、行ったら行ったで楽しんでしまうものです。


今年は『ゼノブレイド』、『スペランカー』、
『ポケモン』シリーズ、『グラディウス』、『428』、
『ファイナルファンタジー検戮第一部。
第二部は『ニーアレプリカント/ニーアゲシュタルト』、
『エルシャダイ』、『スーパーマリオギャラクシー2』、
「ゲームで使われたクラシック名曲メドレー」、
『大神』、『ラストストーリー』の順でした。
アンコールは『ゼノギアス』『光神話 パルテナの鏡』。

今年よかったなと思ったのは第一部だと
『ポケモン』シリーズ、『428』、『ファイナルファンタジー検戮な。
ポケモンシリーズのオープニングはテンションあがる!
『428』はメインテーマのみですが、元々オーケストラの
派手な曲(↓)だけに、生で聞くとびりびり鳥肌でした。



ファイナルファンタジー犬魯螢妊アのテーマが
元々好きですが、クラリネット(自信ないけどたぶん)と
ピアノのソロにうっとりと…うとうとと…。



第二部は「ゲームで使われたクラシック名曲メドレー」が
ゲーム音楽の歴史豆知識みたいなものと絡めてあって
面白かった(グラディウスはクラシック使いすぎ!(笑))のと、
なんといっても『大神』!生で聞くのは2回目ですが、
尺八と三味線の音色が泣けてくるんだよーもう!



ただ、ゲーム音楽は、プレイしている/していない、で
楽しみが変わりますな。音楽のよさは変わりませんが、
そのゲームをやった人にしかわからないネタや、
感動した分の思い入れがありますからねえ…。
もちろん、やってなくても音楽から入る人も
ゲーム音楽ファンには多いでしょうけれどね。
(現に私も428は音楽から入った……)

『ゼノギアス』/『ゼノブレイド』も未プレイなので、
いつかやってみたいですねー。時間があれば…。


あっという間の至福の2時間半を過ごした後、
靖国通りにあるブクオフでも行くかあ、と
ひとり駅へ向かわず別方向へ歩いていると、
日もまだ高いのにある一定の方向……いわゆる
2丁目へ向かうお仲間(オタクではなく、ゲイのほう)が
いやに目に付いたので、ブクオフの帰りに
寄ってみたところ、お祭りをやっていました。
「第12回東京レインボー祭り」ですって。
(フォトレポートサイト)

人ごみと暑さが嫌いでオタクの祭典にも行かないのに
だれが祭りに参加するか!とっとと退散しました。

しかし、久しぶりにゲイが沢山集まっているのを見て、
やっぱりどこか一定の特徴を感じるなあと。

いろんなタイプがいるから一概には言えないものの、
女受けする格好じゃなくて、お仲間受けする格好、
とでもいうのか、ノンケのオサレと違います。
(女性で言うと男受けする格好としない格好?)
ゲイにはゲイがすぐわかるのはそのせいなのかしら。
…まあ、男2人連れや3人連れで百貨店の先を
歩いていれば確率は高いんですけれど(笑)


ま、そんなわけで祭はスルーして速攻家に帰り、
ブクオフで見つけた『ゼノブレイド』『ニーア』の
サントラを聞き、復習した4日目でした。

今日は体調不良であんまり書くこともない…あ、
甥っ子(9歳)が遊びに来たくらいですかね。
体温高くてわずらわしい、と接近を避けていたら
突然上着をめくり、「割れた!」と腹筋を披露してくれました。
小学生でも割れるんだ!という感嘆と、
ショタは筋肉ないほうが好みなのよねーという
考えを抱いてしまう残念な大人を自覚した日でした。

明日はなつやすみ最終日、積読本丸の
木原さん感想を書けたらいいなー…。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |