-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< またもやオタク江ノ島自転車行 | main | 2011年9月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『現のヤマイ』/西条公威(烏山千歳)
『現のヤマイ』/西条公威
ヒカリコーポレーション(1996/9)
【Amazon】

☆あらすじ
母に捨てられた小学生進一が、
父との確かなきずなを感じるには、
お互いの身体を繋ぐしかなかった−−
夜毎の交歓と少年の心を綴った表題作。
支配され晒され、打たれることでしか生きられない学生の
悦楽を描いた「マスゲーム」、そのクラスへ転入した
転校生の話「ABSOLUTE BODY CONTROL」、隣家の父に
愛情を求める「夜にさえ溶けない」の4篇を収録。
・先にどうでもいいことを1つ。
絵師の名前が京王線沿線に住んだことの
ある人間には非常に気になる名前だと思いました。

・さて、会社名は「光」、レーベルは「パッション」という
 松岡○造が社長かと思うような明るい名前ですが、
 内容は西条さんらしく救いのない話でした。
 今のご時勢じゃ発禁だよ!な表紙が如実に物語っています。

・基本的に、いびつな人間しか登場しません。たとえば、
 「マスゲーム」では、嗜虐を快感に変えてしまう――
 たとえば、イジメられたら普通は嫌だと思いますが、
 その恥辱も恐怖も、すべて愉悦として受け止めてしまう少年。
 「ABSOLUTE〜」では、上記の少年を「公衆便所」扱いする
 クラス・教師全体に取り込まれ、染まっていく少年。
 表題作の、父親との歪んだ関係、そして近所の男の
 アドバイスで歪んだ信念を内に抱えるようになる少年。
 彼らはそうすることで、精神を安定させるのです。
 
・もう、読んでて怖いんです。
 何がいびつなのか分からなくなってくるところが、
 普通に見たら救いがないのに彼らが満たされているのが。
 いつのまにか彼らの価値観が、こうなっても
 状況的に仕方ないな、と思えてくるところが。
 怖いのに目が離せなくて読みきってしまうところが。

・西条作品は、自分とかけ離れている狂気を見せつつ、
 実は自分の近いところにある狂気なのかもしれない、
 いったい何が狂気で何が幸福なのかしら、と
 混乱させられ、思案させられる力が本当に凄いです。

・某動画発(だったと思いますが)「歪みねぇな」という賞賛は
 BLでは西条さんのための単語だと私は断言したい。

・そんな西条さん、9月にようやくホリーから新刊が
 出るようです。(→『造花の解体』)
 ホリー、だいぶ待たされたけどそれでもGJ!
 最近読み始めた私のような読者と違い、
 西条作品を待ち続けていたファンには嬉しいですね。

・ということで嬉しかったので宣伝コミの感想でした。
 ダークな話感想シリーズはこれ以上続けると
 精神が危うくなりそうなので、一旦休止!(笑)
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |