-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2012年1月新刊購入予定リスト | main | 新年のご挨拶&2011年BL小説ベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2011年BLコミックベスト10
今年もあまり更新できない年の瀬でしたので、
せめてベストぐらいは!と息巻いては見たものの、
準備に取り掛かれたのは昨日からという体たらく。

それでもできたんだからある意味凄いわよね!と
無駄に前向きになってみた2011年の最終日です。
本当に1年間ってあっという間だなあ。


それでは前置きは極力短めにして、以下にて。


読了数:142冊(前年比約-27.5%)
-----------------------------------------------------------
・今年の新刊のみではありません。2011年刊の作品は 印です。
・リンクのタイトルは感想へ飛びます。画像はAmazonに飛びます。
-----------------------------------------------------------


☆10位
『運がいいとか悪いとか』/館野とお子


淡々としているんだけれど研ぎ澄まされていて、
揺らいでいる気持ちがもどかしくて焦れったい。
センシティブさが鼻につかない感じがとても素敵です。
初読み作家さんですが、お気に入りになりました。

☆9位
『秋山くん』/のばらあいこ


右の繋がれているほうの柴くんが攻めで驚き、
柔らかな絵にあわない羞恥心を呼び起こすエロに驚き、
それでも愛情の表現が不足していないという驚き。
前に別の作品を読み切りで読んだときは
「この作家怖い」と少し敬遠していたんですが、
これはとても波長が合って面白かった!
次の単行本もきっと買ってしまうでしょう。

☆8位
『欲しがりません収穫までは』1・2/舟斎文子 (2巻のみ)

(画像・リンクは1巻のみ)

上半期も書いたので手短に……アホの子受可愛い!枠です。

☆7位
『飴色パラドックス』1/夏目イサク


上半期で入れてなかったんですが、結局、
読み返し率が1位2位を争うほどになりました。
イサクさんの、仕事では張り合いつつも
攻めに惹かれてデレる受け、そしてその受けに
惹かれてしまう攻めという関係に萌えてしまいます。
いい年こいてキュンキュンという単語で
表現したくなるほど、キュンキュンします。

☆6位
『社長桃井くん』/西田東


これはもう……別の意味でBLの枠を超えています。(笑)
お約束あり、マンガのメタあり、BLならではのメタあり、
西田さん特有の勢いのある無駄なギャグ(褒め言葉)あり。
誰がなんと言おうが、誰もなんとも言わないけれど、
私のベストには入れちゃうわよ!

☆5位
『equus』/えすとえむ


時代が時代なら間違いなく、ダメBL入りですよね。
いい時代です。同人誌のケンタウロス本も
全て買っていたので冷静な評価が難しいですが、
上質なファンタジー映画を見た気分になります。

☆4位
『僕の先輩』/羽生山へび子


ギャグ枠2つ目。ノスタルジックな絵柄とほんのりBL、
そしてハイテンションな書き込みに爆笑させられました。
『飴色〜』と読み返し率の1位2位を争ったのはこの作品です。
面白さの質はそれぞれ違いますけどね!

☆3位
『メリーチェッカ』/鈴木ツタ


上半期ベストでも書いたのでさっくり書きますが…
現代の環境を用いた設定と心理描写が凄いなあ。
読書メーター1000users越えもわかる気がします。

☆2位
『SMOKER』/井上佐藤


とにかく色っぽい。タバコ嫌いなんですけれど、
タバコをくわえて吸う味わう吐く、この動作が
たまらなくいやらしい。凡百のエロシーンより一服。
オムニバス形式のストーリーも申し分ございません!

☆1位
『真昼の恋』/草間さかえ


『ヌレル』も素敵なんですがこちらにしました。
(『どこにもない国』はまだ楽しみにしすぎて未読です)

BAKUMANで「1番スゲーマンガ家ってどういうマンガ家か」という
問いに対して、「平凡な日常を面白く描けたらそれが最強」という
意見を出すシーンがあるのですが(これが正しいとは限りません)、
その定義だと、非BLなら「よつばと!」であり、
BLなら「真昼の恋」ではないかなーと思ったのでした。
なんでもない日常や感情の切り取り方が絶品。
こんなに盲目的に好きでいいのかしら、というくらい好きでした。

---------------------

以上、2011年コミックベスト10でした。

『イロメ2 ヌレル』『あっちとこっち』『王様のベッド』
『僕はすべてを知っている 2』『無二の王-坂の上の魔法使い2』
なども迷ったのですが、作家さんをばらけさせたいという
意図もあってこのようになりました。

ちなみに読書メーター内にも「2011年BLコミックベスト10」の
本棚を作りましたので、一覧を見たい方や
他の方の感想を見たい、という方はどうぞ。


小説のほうもまとまり次第アップしますが、
年明けになるかもしれません。

そのため、ひとまずはここで年末のご挨拶を。

昨年の終わりごろからの本業の忙しさにより、
「感想を書く」という習慣が戻らず、
更新がより不定期になってしまいました。
来年もあまりラクにはならなさそうなんですが、
そんな中でも見に来てくださっている方がいる限り、
続けていきたいと思います。
1年間どうもありがとうございました。

それでは、よいお年を!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 15:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:24 | - | - |