-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2011年BLコミックベスト10 | main | 2012年の1週間と2011年12月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新年のご挨拶&2011年BL小説ベスト10
新年、あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって幸多き年となりますように。
そしてきなくさい世の中になってきていますが、
よいBLに出会える年となりますように。

6年目(7回目)のご挨拶で変わり映えありませんが、
やはり年が明けると気が引き締まりますね。
ついでに、あまり見た目上はかわりませんが、
デザインやリンクなどを少し整理しました。


ベストは昨日まとめられたらアップするつもりでしたが、
あのあと外食で日本酒を嗜んでしまい、
まとまるものもまとまらず、気づいたら年が明け、
今日に持ち越しになってしまいました。
……去年は忘れる!新年っていいなあ!

といってもベストは忘れずに。
それでは、以下にて。


読了数:236冊(前年比約-14%)
-----------------------------------------------------------
・今年の新刊のみではありません。2011年刊の作品は 印です。
・リンクのタイトルは感想へ飛びます。画像はAmazonに飛びます。
-----------------------------------------------------------


☆10位
『神の囲い人』/沙野風結子


さすがBL界のエロテロリストやでえ……。
描写は短いものの、6Pをやってのける勇猛さと、
それを支えるしっかりとした屋台骨のファンタジー。
今年も度肝を抜くエロテロをお待ちしております。


☆9位
『青空へ飛べ』/久我有加


上半期のときにも書きましたが、うーん、
今年前半を支えてくれた1冊とでも言いますかね。
つらいときは雲の上の人の失敗談なんかより、
挫折を抱えてもぎりぎりで頑張る姿が沁みます。


☆8位
『恋を知る』/月村奎


片思いの状態から思いが通じるようになるまでの
短編がほとんどですが、恋愛ものの楽しいところって
そこなのですよね。甘酸っぱさにキュンキュン…。
新装版を抜きにすればこれが月村さんの今年のベストです。


☆7位
『WEED/FLOWER/POLLINATION』/木原音瀬

(画像・リンクは『WEED』のみ)

相当な時間積読しておいた名(迷)作ですが、
いかにもBLな話を好んでいたときに読んでいたら
受け入れらなかった話かもしれません。
それくらい極北で、それくらい衝撃を受けました。


☆6位
『積木の恋』/凪良ゆう


凪良祭りその1!今年の凪良さんの傑作続きには、
1人1冊の原則を破ったところで誰も何も言うまい。
人を信じられないのに根は悪くなれない青年と、
青年をどこまでも信じる大人の、積み重ねられる恋です。


☆5位
『プリズナー・イン・ラブ』/暁由宇


今年のベストにコレを入れるのはおそらく私だけでしょう…。
でもですね、ほんとうにいい義兄弟ものなんですよ!
シチュエーションから発生する感情の描写がとにかく緻密。
1対1の肉体関係に縛られない暁作品のほうが、
私には不思議と純愛に感じられる矛盾がありますが、
暁さんの作品の中でも『グリーングラス』に次ぐ面白さです。


☆4位
『恋愛前夜』/凪良ゆう


凪良祭りその2!
幼馴染み&再会ものという王道、堪能させられました。
堪能した、という能動態ではなく、堪能させられた、
という受動態なのは、手のひらで転がされるがごとく、
丁寧な心理描写にいちいちドキドキさせられたためです。


☆3位……の前に番外編(新装版)
『座布団』『花扇』/剛しいら


既読の新装版は基本的にランキングに入れないんですが、
これだけは、これだけは特別扱いなんだよ……!
BL小説が好きな方には1度読んでいただきたい作品です。


☆3位
『背徳のマリア』(上・下)/綺月陣


表紙の対比が素晴らしいので2冊並べました。
常識的に考えればやってはいけないことかもしれないし、
失ったものは確実にある。けれど、そうしなければ、
得られなかったものもある。そういう狂気の愛情の
「if」を集めた作品です。人の想像力って怖いけど凄い。
ちなみに安藤さんが今年のベストワキ役です。


☆2位
『真夜中クロニクル』/凪良ゆう


凪良祭りその3!ラスト!
やっぱりこれが「凪良ゆう、恐ろしい子……!」って
思った1冊目というのもあって感慨深い作品です。
年を経て積み重なっていくエピソードの数々によって
培われる信頼、育っていく恋心。間違いなくオススメです。



☆1位
『交渉人は愛される』/榎田尤利


読み終わって1位確定。もはや出来レースです。
芽吹と兵頭というキャラクターはもう私の心の中で
生きてるキャラクターなんですもの。
でもって、苦難の道を歩いてきた彼らが、こんなにも
幸せそうにしている姿を見たら1位以外にできないわ。
願わくば、また彼らにどこかいつかで会いたいものです。

---------------------

以上、2011年小説ベスト10でした。
今年も良い作品にめぐり合えますように。

それでは今年もよろしくお願いします!
(なお、年明けは5日まで休みですが旅行に行くため、
少なくとも7日までは更新できないと思われます。)

追記:
読書メーターの2011年小説本棚作成しました。
こっそり非BLも追加してたりして…→こちら
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 13:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:56 | - | - |