-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012年の1週間と2011年12月の読書メーターまとめ | main | 逆転裁判特別法廷と2012年2月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2011年BL小説ワースト5
なぜかいつもベストよりアクセス数がある、というか、
全記事を通してもかなり上位に食い込んでくるこの企画、
ひさしぶりに帰ってまいりました。

2010年下半期、2011年上半期は書く気力も無かったんですが、
少しずつ積もり積もったこの恨み、はらさでおくべきか!と
魔太郎が心に来ちゃったようなので復活です。

といっても、文章量としては今までに比べれば少なめです。
記憶が段々薄れているため…というのは嘘で、
むしろ記憶に焼きついているような作品が多いですが、
思い出すと腹が立ってくるため、短めで上げました。


ひさしぶりなので一応、注意書きを。

※ベスト以上に好みによるものが大きいです。
 ご自身のお気に入りの作品があったとしても、
 「この作品の価値がわからないなんてかわいそうな子!」と
 見下しておけばすっきりすると思われます。

それでは以下、不愉快になりそうな方は避けてくださいませ。


☆5位
『魅入られた虜囚』/矢城米花

魅入られた虜囚 (ラヴァーズ文庫 GREED)

☆ラブ<陵辱エロ+触手=大苦手で賞



Q.苦手なのになんで読んだんでしょうね?
A.触手ってあらすじに書いてなかったからだよ!
私の一番苦手なプレイのひとつに『触手』があります。
SMだって陵辱だって(愛情が感じられれば)耐えられますが、
人間の思いが絡んでないプレイはダメなんだってば!

水無月さんのタコとイカが愛し合うぐらいぶっとべば
いいんですが、無駄にエロが生々しくて厳しいです。
矢城さんは好きなときは凄く好きなんですけれど、
このツボだけは相容れません……。

まあ、触手だの産卵だの輪姦だのは過激ではありますが
好みの問題として百歩譲るとして(譲っていいのか?)、
攻めがまったく好きになれないところがさらに問題です。

恋愛小説のカップルになっちゃいけない壊れた人格、
鬼畜な性癖……あれー、おかしいな、
確か私は警察ものを読もうと思っていたはずだったのに、
なんでこんな人格破綻者の陵辱を読んでいるんだろう。

まあ、ラヴァーズだからエロ優先なのはわかりますが、
それにしてもラブの無さに驚いた1冊でした。


☆4位
『サーカスギャロップ』/崎谷はるひ



☆モンスターにドン引きで賞



この1冊が特別ダメってんじゃないんです。
物語として決してつまらないとは思いません。
がしかし、近年の崎谷作品に見られる傾向が
顕著な1冊だったのでこちらをチョイス。

その傾向とは、「当て馬役・障害役がキチ○イ」。
この作品では特に「彼女の二股」が原因で
攻めと受けが知り合い、恋愛関係になるのですが、
この彼女がね……あまりにモンスターすぎて辛いです。

BLにおける女性の扱いは難しいとは思いますが、
ここまで非常識な電波にしなくてもいいでしょうよ。
あまりにひどすぎて、中心となるはずのカップルの印象は薄く、
ひたすら嫌な印象だけを残すこの彼女に引きました。

これ1冊だったら気分悪い、で済んだのですけれど、
何冊か立て続けにイヤーなキャラが出てきたもので、
読みやすいし面白いんだけれど…ねえ…と、
ちょっと崎谷さんを避けるようになった1冊でした。


☆3位
『魔術師(マジシャン)の鎖』/ミッシェル・ポラリス



☆ワースト実力派で賞



一言で言えば冗長に過ぎます。
プリズムロマンス、第一弾は2つとも感想を
書くぐらいに新鮮味があり面白かったので、
続けて第二弾のこちらを読んだんですが…爆死でした。

あらすじから再会もの&SMね、と予測して読み始めたら、
受けの深いトラウマ話と、ファンタジーの嵐――
しかもファンタジーは世界観がいまいちよくわからず、
結局どこが終着点なのか分からずじまいでした。

たとえるならカレーと予測したら肉じゃがに変わって
そのあとシチューになったような詰め込み感です。

しかも、魔力(この設定もものすごく曖昧…)の供給や
トラウマからの解放がセックスによる手段をとるので、
途切れなくセックスしながら話が進むように感じられ、
SMやリバがあってもエロが段々どうでもよくなります。
早く終われ、早く終われと呪文を唱えながら読んだ1冊でした。

☆2位
『悪魔との契約』/樹生かなめ



☆悪魔!鬼!金返せで賞



記憶デリート!その分のお金は返して!
そういうひみつ道具、ないかしら。

えーと、やりすぎちゃっている樹生作品です。
不条理な攻めやそれに抗えない受けや、
どたばた騒がしいのはいつものことなんですが、
攻めが悪魔だからって受けの家族殺しはやりすぎでしょう。

いや、理屈的に言えば悪魔だからそのくらい
やったっておかしくないのはわかりますが、
そこからラブにはどうやっても繋がらないでしょう。
……というか、この本、ラブあったかな…?
それがないとお決まりの皮肉や身勝手な愛情も上滑り、
あまりにバランスが悪すぎてちっとも楽しくありません。

セシル文庫は普段読まなさすぎて存在を忘れていますが、
これだけは焼きつきました。記憶消せないよ!
この作品にGOを出した理由が知りたい、と思ったら、
なんと続編も出ているようで……売れてるのかなあ。
悪魔とでも契約したとしか思えない1冊でした。


☆1位
『超法規レンアイ戦略課』/秋月こお



☆ベテランだってワーストであるで賞



えーっと…これで終わりなのですよね?
なら、完全に残念な作品だと思いました。

ワーキングは中途半端に終わってしまいますし
(反対運動をしていた結末が付記として何行かで終わり)、
受の頑なな性格が変わるわけでもなく、
ただひたすら自分のしたいことをするだけの自己中だし、
なにより攻が、癇癪持ちで自らを変えようともしない
失礼な受を好きになったのかが不思議でしかたありません。
ずっと怒っている悠季みたいでどうにも好きになれません、受けが。

第一、エロもあるならあるないならないではっきりしろー!
お約束として何ページか挟みました、が許されるのは
フジミみたいな結婚済老成カップルだけなんじゃー!
本当はあの2人もエロなんかいらないんじゃー!
実写化なんて誰が望んだのかわからんことしてる場合かー!

……別の出版社の作品へ怒りが移動してしまいました。
話を元に戻すとして、市役所の仕事の描写自体は
現実味が感じられて面白かったのに残念です……。
たとえシリーズの始まりだったとしても戦略は失敗、
続きを読む気になれない1冊でした。

*   *   *   *   *   *

ひさしぶりに書いたら凄く過激な気がしますが…
昔の記事も大して変わらないか。ま、いいか!
その時のノリ(怒り)で書きなぐった感想が一番です。

以上、2010年下半期〜2011年のワーストでした。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 21:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - |