-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ナカさんのながれ』/basso | main | スマホ生活とJ庭と2012年3月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『龍神沼綺譚』/榊原姿保美
『龍神沼綺譚』/榊原姿保美
光風社出版 (1985/7)
【Amazon】

☆あらすじ
省吾は養父・田嶋清月を失った。
母の連れ子であった省吾は、
自分の出生に常々疑問を抱いていた。
そして、胸に椿型の痣を持つことも…。
葬儀の日、1冊の写真集を見せられた省吾は、その中に亡き母と
瓜二つの少女の姿を見つける。1枚の写真に導かれるように省吾は、
母の過去を探り、出生の謎をとくため、兄同然の駿一と
写真が撮影された北陸へと旅立つ。彼の行く手に待つものは、
いまわしい血の宿命であった。
・土曜日は自転車で江ノ島〜三浦半島へ行って参りました。
 ロードバイクに乗る人ならたいした距離じゃないんですが、
 運動不足の私にとっては、行きはよいよい帰りはこわい。
 今日は絶賛筋肉痛でのた打ち回っておりました。

・そんな状態で読んだのがJUNE初期のこちら。
 まさにJUNEでした。
 JUNEってどんなの?と言われたら、
 これをすっと差し出すのが正解です。
 血縁関係に恵まれない美少年の学生、芸術、
 オカルティックとも見える因習的社会、陵辱、
 ドロドロの執着、狂気、耽美な性描写。
 JUNEに必要な要素はほぼあると思います。

・そしてJUNE独特の、死にエンド。
 メイン2人とサブ2人(カップルとは言わない)は、
 形は違えどもどちらも死によって救済されます。
 サブ2人の終わり方は典型的とも言えるのですが、
 メイン2人の終わり方は映像的なのに幻想的で、
 畏れを感じえぬ独特の描写でした。
 バッドエンドなんて言葉では現せないこのカタルシスは絶品ですね!

・しかし、この作品の凄いところはそれだけでなく、
 物語部分のレベルがものすごく高いところかと。
 詳しくは述べませんが、省吾の故郷の描写なんて、
 これ伝奇小説?と思うばかりの質の高さです。
 これでこそ省吾に流れる血の運命に説得力が出るものです。


・JUNEとBLの違いは一言で言えないですけれど、
 このような物語としてのリアリティ、
 文学くささはJUNEに強く見られるように思います。
 どちらも大好きなのですが、こういう小説を読むと、
 もう少しBLでもラブだけに注力していない小説が
 読みたいな、と思うのでした。

・JUNE系の復刊をしていたKAREN文庫はいつの間にか
 新刊が出なくなってたから、売れないであろうことは
 わかってるんですけれどね。それでも読みたいから、
 こうして古いのを漁っては薄くアピールするのでした。

・JUNEを一度読んでみたいわ、と思う方にオススメです。
 私はハードカバーで読みましたが文庫もあります。
 どちらもマケプレで1円なので、お好みでどうぞ。


・他の作品も読んでみたいな、そういえば
 JUNE全集が積読に3冊もあったんだっけ、と
 探したら『龍神沼綺譚』も収録された全集靴ありました。
 こんなところでダブリとは……。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |