-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オリバー・ツイスト | main | 「ヘタレ男カタログ」/アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「心に手錠、唇にはくちづけを」/中原一也(山田ユギ)
もう1月も終わり、もみの木の葉の壁紙は
そろそろ似つかわしくないだろと思いましたが、
ちょうどいいのが見つからない。
立春の時期の素材って難しいです。
立春のイベントが微妙なのと似ているような似ていないような。

感想とは全く関係ないんですけどね。


さて、今日は先日の「肩ガ触レルホド」で
読書中と書きましたこの作品です。

途中にひちわゆかさんなどを挟みましたが読み終わりましたので
早速感想アップしました。それではネタバレ感想どうぞ〜。



心に手錠、唇にはくちづけを
心に手錠、唇にはくちづけを

中原 一也著
茜新社 (2005.4)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆ヤクザものが好きならオススメ!

・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物・あらすじ

日下孝一(受)
刑事一課の刑事。27歳。母譲りのきれいな顔だが中身は荒っぽい。
妹と2人で生活してきたため馬鹿がつくほどのシスコン。

安西省悟(攻)
25歳。あることがきっかけで日下に絶交されていた元親友。
いつのまにか正反対のヤクザになっていた。

日下が二度と会いたくなかった安西は、ある事件の目撃者として
日下のいる警察署にやってくる。日下でなきゃ話さないと言うが
日下が聴取をしようにもふざける安西。キレる日下。

それもそのはず、まだ日下は安西を許せていなかった。
それは超シスコンの日下に安西が「妹と別れた」と告げて以来。

そんなある日、日下の妹が「結婚したい人が居るの」と日下に告げる。
哀れ茫然自失の日下が1人で自棄酒をしていると
安西が現れ、酔っ払った心のスキにストレス解消?でセックスしてしまう。

しかし安西はそのシーンを一部始終カメラにとっていた!
安西はそれをネタに日下を脅迫し始める・・・

・ ・ ・ ・ ・ ・

ああまた長いあらすじになってしまった。
まだ半分も内容は言ってないからセーフ…かしらん。

で、事件の方は途中でおそらく「あ、こいつか」、と
みなさま気づかれますでしょうが読み物として
破綻はしていないので楽しく読めました。

2人ののキーワードは「執念」。
「妹と別れた」の後の話を最後まで聞いてもらえず(言い方も下手なんだけどさ)、
絶交され、それでも7年もの間求め続ける安西の執念。
自分も日下に犯罪行為なみのことをしていたのに
他人が日下に手を出そうとしたときの怒りときたら…。
16歳の純愛意地でも貫く、そんなところは可愛い安西でした。
(方法は問題あるが)

それとも自分で開花させちゃった日下の色香が原因なんだから
責任取っているつもりなんでしょうかw


そんなに執着していた日下に嫉妬され喘がれた日にゃ
もう始まりが脅迫でも何でもOK!と私は思えました。

日下のそれまで親友だった安西を絶交し続ける執念も…
というかシスコン魂も凄いですが。
まあそれは置いといて、安西の攻め寄り切り勝ちでした。


ただ、不満が2つ。
1、2人ともこのままその職業続けるの?
いつかばれそう…。
2、結局ラブラブなのに下の名前を1度も呼ばない。
元親友同士からステップアーップ!するんだから
セックスシーンぐらいは名前を読んで欲しい気がしました。


ともあれ全体的に安定感のあるお話で楽しめました〜。
ユギさんのエッチな挿絵も見たければなおオススメです♪
と…特にバックの絵が好きです!
ゲハ、言っちゃったー!(のだめ風に)

強引な攻が好きならばオススメ!ですよ。
| [BL・小説]中原一也 | 10:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:15 | - | - |