-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『抱かれたい男』/神室晶・高緒拾 | main | 忙しい日々と2012年7月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『死生獄門』/琥狗ハヤテ
『死生獄門』/琥狗ハヤテ
海王社 (2012/6/8)
【Amazon】

死者の魂を冥府へと迎え入れる扉―
その名は「死生獄門」。
門の表と裏には、番人がひとりずつ。
黒の牛頭と白の馬頭。

相見えることができるのは、門が開くごくわずかな時間のみ。
互いに想い合いながらも、決して触れることは許されないふたり。
近くて…何よりも遠い。その想いの行きつく先は――
・ようやく風邪が治った今日は、本の整理をしました。
 読了本はもちろん、積読本のうち、今の自分にとって
 読みたいと思えない本もドナることにしました。
 体調が悪いと自分が死ぬときのことを考えちゃうのですが、
 そんなときに、ふと、趣味は楽しいことを第一にすべきで、
 今の自分にとって読みたいと思わない=楽しくないものを
 強迫観念的に積んでおくほうがもったいなく思えてきて…。
 自分でも極端だなぁと思いますが、すっきりしました。 
 次回の積読状況が楽しみです。(ドナる冊数は把握していない)

・さて、今日は初の琥狗作品の感想です。
 1回ぐらい書いてると思ってたけど書いてなかったのね…。
 この方の本領は、ファンタジーものにあると思います。
 どちらかというと、がっつりファンタジーというより、
 いつかのどこかの精霊や八百万の神さまといった、
 昔話のような作品の雰囲気がとてもいいです。

・このコミックに収録されている作品で言うと、
 表題作の『死生獄門』と『フェーン』でしょうか。

・『死生獄門』は、たいてい耳にしたことがある、
 冥府の番人・牛頭馬頭の話なのですが、
 私の知識では、この2人は、死人の魂を地獄の入り口へ
 導いたり、閻魔様の部下といった程度だと思ってました。
 そこに陰陽の要素が加わることで、こんなに美味しくて、
 「もののあはれ」を感じさせる短編になるんですもの!
 永劫にこの狂おしくて愛おしい関係が巡るのかと
 思いますとね……じんわりとした余韻が残ります。

・『フェーン』も同じく、耳なじみのある「フェーン現象」を
 題材にした擬人化(どちらかというと精霊っぽい?)もの。
 現象としては、
山肌にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた
下降気流となった風によってその付近の気温が
上がる現象のこと。(by Wikipedia)
 っつーだけなんですけれど、ここから、
 日本の山×ユーラシアの風という関係を導くとは!
 「そういうのもあるのか!」と擬人化の奥深さを学びつつ、
 情緒に訴えるような設定を堪能したのでした。

・あ、他の収録作品も、油の乗り切ったオヤジたちが
 とても可愛く、全体でも満足した短編集でした。
 来月もリブレから1冊出るとのことで、楽しみです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - |