-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 逃亡願望と2012年6月読書メーターまとめ | main | 達成感と2012年8月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『まばたきを三回』/凪良ゆう(円陣闇丸)
『恋愛前夜』/凪良ゆう(穂波ゆきね)
心交社(2012/5/16)
【Amazon】

☆あらすじ
幼馴染で恋人の四ノ宮令が
事故で亡くなって二年、
斎藤一佳は山間の田舎町で
一人静かに暮らしていた。
一日の終わりには令の住んでいた家に行き、
その日の出来事を彼に語りかける。
孤独を紛らわす一佳の習慣だった。
ある日、いつものように令の部屋にいた一佳は
突然大きな揺れに襲われる。そして次の瞬間、
驚きに息を呑んだ。目の前に令が立っていたのだ。
綺麗で意地っ張りなままの、幽霊となった令が――。
・今日、久しぶりに自転車に乗ったのですが…
 暑くてとろけました。小刻みに休憩して
 500mlの水分を補給しても、熱中症になりそうでした。
 来週も自転車で出かける予定を立ててしまったんですが、
 大丈夫かな…来週の更新がないときは、
 仕事のせいではないと思われます。

・しかし、運動をして頭がクリアになったせいか、
 インプットもしやすくなり、ハイスピードで本を
 読み終えました。作品のおかげかもしれませんけど。
 それが今日の感想本です。

・幽霊ものということで、苦手なかたもいるでしょうが、
 私はトンキワ好きなものですから、幽霊ものといったら
 絶好調の水無月さららさんあたりを想像して
 ひとり嬉々として読んでしまいます。
 結果としては、裏切られました(=トンキワではない)。
 しかし、なかなか面白く裏切られた展開でした。

・幼いころからのエピソードが盛り込まれ、
 恋心が育ってきた過程を細やかに見せる点は
 凪良さんらしかったのですが、その反面、
 これまでと比べてどことなく描写が淡々としていて、
 幽霊とのつきあいの感覚はこんなもんかしら、と
 少し首をかしげながら、どこへ向かうのかと
 気をもんで読んでいました。(ものに入り込んだ令に
 キスするシーンとかは軽く目が潤みましたが)

・しかし、詳しく書くとネタバレすぎるので避けるとして、
 BLE○CH風にいうと「いつから現実だと錯覚していた?」
 「いつから死んだと錯覚していた?」と展開するうちに、
 淡々とした描写も展開のうちだったのかな……と納得しました。

・そしてようやく方向が見えてきたあとに、うまい仕掛けが!
 この仕掛けは安芸まくらさんの「明日も愛してる」などでも
 使われていましたが、ある意味漫画的な方法ですよね。
 これが非常に効果的で、目から汗が出ました。


・後半に収録されている話は、いきなり新キャラが
 登場して、また展開がわからんなあ、と思っていたら、
 1話目の奇蹟をさらに大切に感じられる内容でした。
 いつまでも一緒にいられないから、一緒にいられる時が
 大切という当たり前のことを、強烈な新キャラとの対比で
 しんみりと浮かび上がらせているのがとても沁みます。

・今作はちょっと仕掛けが多いように思いますが、どれも効果的。
 惜しむらくは「この人が気になる…!」という、
 当て馬を越えるキャラクタがいないことぐらいですが、
 凪良さんの今後の作品に、さらに期待です。
 後半の話に合わせて、まだ読んでいないかたには、
 夏に読むことをオススメします。
| [BL・小説]凪良ゆう | 23:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |