-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2013年のご挨拶と2013年1月の新刊購入予定リスト | main | 徒然でもない日々と2013年2月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2012年のあれこれベスト5
年末年始に読みたい本は7割方消化できて満足でした、が、
その正月気分が1日目から吹っ飛んだハードな1週間を終え、
昨日はほぼ一日中寝て、本日は同人誌の消化に努めました。
『月に笑う 惣一編』が完結したと聞いて一気読みしましたが、
大変面白かったです!(最後にあの惣一がああなるとは…。)

さてさて、遅くなりましたが2012年のベストです。
(細かいことを言えば年始1週間までですが)

読書メーター記録によると1年の読了数は742冊とのこと。
意外と読んでるなあ、と思いつつ10冊ずつ選ぼうとしたものの、
仕事脳になっているせいでしょうか、BL関連が全然思い出せない…。
たぶん、BLが頭と心に入ってきてないんでしょうね。

そういう時期もあるさ!ということで、今年は方針転換、
5冊ずつに減らして、代わりに非BLも含めて計20冊としました。
(このブログで非BLが求められているかはさておき)

ということで、以下にて簡単な感想と共に。
■非BLコミック
1・『るきさん』/高野文子
この作家をはじめて読みましたが、日常のようでいて
非日常のような「るき」さんの暮らしぶりがとても面白い。
  
2・『この貧しき地上に』/佐藤史生
めでたく復刊されはじめた佐藤史生コレクション3冊目。
そこここに溢れる知性と着想力と構成力、圧巻です。

3・『ハイキュー!!』/古舘春一
今年読み始めたつづきものでは一番面白かったかも。
久しぶりに少年誌らしいスポーツもの。燃えがあります。
やばいほどの萌えはないですけれど、
ヘタレ攻×オトコマエ受で東西ですな。

4・『IPPO』/えすとえむ
えすとえむさんの一般誌作品。
最近は本当に一般誌にも活躍の場が広がりましたね。
注文靴(ビスポーク)職人の話なんですがBLと変わらず面白い。
(ゴロンドリーナと違って男主人公なのもなんとなく嬉しい)

5・『桃色書店へようこそ』/わたなべぽん
突然アダルトコーナーを置くようになった書店の
女性店長エッセイコミック。話題はアダルトですが
それほど描写がきつくなく、ライトにノンケの男の
生態を垣間見れる面白い作品でした。(全2冊)


■非BL小説
1・『瑠璃の契り -旗師・冬狐堂』/北森鴻
今年は北森作品をけっこう読みましたが、
『香菜里屋』シリーズ(ものすごくオススメ)の次に
好きになったシリーズです。長編もいいのですが、
北森さんの短編はトリックの切れ味と心の機微とが
ちょうどいいバランスなのでこちらをチョイス。

2・『舟を編む』/三浦しをん
映画化されたり本屋大賞になったり、しをんさんの活躍には
目を瞠るものがありますが、これだけ面白ければ納得です。
BLのワーキングものと通ずる面白さ(褒めてます)と熱さ。
そういえば通販生活にしをんさんが出ていたのですが、
部屋に積まれた本の山頂に『空と原』が何気なく置いてあって、
「ああ、しをんさんっていいな」と思ったのでした。(脈絡ねえ!)

3・『一日江戸人』/杉浦日向子
小説ではなくてエッセイ…江戸の風俗を事細やかに記したエッセイです。
へえーそうだったんだ!と目からウロコが落ちること幾たび、
読み終えたころにはすっかりファンになりました。
この著者を今年は読み広げて行きたいです。

4・『アイの物語』/山本弘
がっつりSF。アンドロイドと敵対する人間の話ですが、
血なまぐさい戦いはありません。寓話的ですらあり、
人間とは、知性とは、生命とは…と考えさせられた1冊です。

5・『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』/森下典子
これまたエッセイ。茶道なんて全く興味ないのに
なんとなしに買って、お茶を習いたくなりました。
毎日毎日、仕事に追われて生きていますけれど、
ただひたすら今を見つめ、何も考えない時間を作る――
今の自分にとても響いた作品でした。


■非BLコミック
1・『空と原』/中村明日美子
『同級生』『卒業生』のスピンオフというだけでなく、
1冊でも非常に満足度の高いこれが文句なしに1位です。
酸いも甘いも…というには酸いばっかりを噛んできて、
自分の恋愛は遠く置き去りになってしまっていた
原センが幸せになれてよかったあああぁー!と
リアルで旅先のホテルで萌え転んでました。
(正月の旅行は親と別の部屋と判明してBL持っていきました(笑))

2・『どこにもない国』/草間さかえ → 以前の感想
BLも非BLも、あまつさえ画集も読めて幸せです。
『やぎさん郵便』も非常に迷ったんですが
完結してると思い込んでたら完結してないのが
ショックだったのでこちらを選択しました。
しかし楽しみな作品を寝かしすぎるクセは直さないと…。

3・『500年の営み』/山中ヒコ
今年BLでいちばんホロリと来たのはこの作品ですかね。
人間とアンドロイドとの価値観の違いや生きる長さの違い、
そういったものから発生するすれ違いに昔から
めっさ弱いのでドツボでした。泣けるBLより来ました。

4・『コンビニくん。』/ぢゅん子 → 以前の感想
今年いちばん読み返したBLコミックはこれかもしれません。
ゲイの自分にはちょっと苦いところもありますけれど、
ひょいとそこからすくい上げてくれる攻めの山井が
やっぱり好きで何回も読んでしまっている自分が居ます。

5・『夜明けのブルース』/羽生山へび子
ちょっと心配してたんですよ、『僕の先輩』の
はじめちゃんだからこそ面白いんじゃないか、
他の作品だと合わなかったりしないかな、って。
杞憂でした。圧倒的な書き込みと攻めのアホっぷり、
そして昭和臭漂うノスタルジィがたまらなく面白かったです。


■BL小説
1・『お菓子の家 -un petit nid-』/凪良ゆう
読み終えて即思いました。これは文句なしでベストと。
『夜明けには優しいキスを』でさんざんヒールになりつつ、
「ちょっとアンタはどうなるのよォー!(JOJO風)」と
気を揉ませて退場した加瀬のその後のお話。
DVはどんな過去があろうと許されることではないけれど、
あの加瀬が愛されてよかったと思えるんだから…凄いですね。
人との距離をうまく測れない描写が素晴らしかったです。

2・『頬にしたたる恋の雨』/久我有加
「芸人」の創世記時代を描いた久我さんの芸人ものの新作です。
時代もの+芸人ものというミックスはチャレンジャー。
でも、作中でも言われているように、新しいものは
賛否両論かもしれないですが、面白いものは面白い。
それに端正な関西弁っていやらしゅうてええわ……。(エセ関西弁)

3・『法医学教室の美女と野獣』/うえだ真由 → 以前の感想
『ロマンスの黙秘権』以来に面白い!と思えた作品です。
センシティブな作風もいいですけれど、その筆運びを
ワーキングにも生かした作品は独自の面白さです
ルナノベルス自体が廃刊になった今は手に入りづらいのかな…。

4・『部長の男』/鳩村衣杏 → 以前の感想
『ドアをロックするのは君』『両手に美男』…、
今年は鳩村さんの当たり年でもありました。
作者の考え方が前面に出てきた面もありましたが、
鳩村さんらしい真面目なBLが私は好きです。

5・『てのひらにひとつ』/夕映月子 → 以前の感想
今年初めて読んだ作家さんのなかで一押し。
デビュー作ともども、丁寧な心理描写に惹かれました。
小説は真面目な話というか、堅実な作品が並んでるなあ…。
そういう年だったんだろう、ということで。


以上、2012年の色々ベスト5でした。
ちなみに読書メーターにも本棚を作ってありますので、
他の方々の感想やAmazonへのリンクなどはそちらからどうぞ!
2012年おすすめランキングの本棚

これだけ集合知というか、人の感想がまとめて読めるのに、
細々とブログを続ける意味はあるのかなーとも思いますが、
それはそれ、これはこれってことにしときましょう。

BL・非BL問わず、1冊でも貴方の気にいった本・気になる本があれば幸いです。
それでは今年も良い本に出会えますように。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 00:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - |