-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 思いがけぬ再会と2013年3月新刊購入予定リスト | main | 濫読に走ろうとした2013年2月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お肉会とJ庭34参加レポートまとめ
また今年もJ庭の季節がやってまいりました。
もうこれで何回目?と数えるのも面倒になってまいりました。

しかし今回いつもと違うのは、いつも一緒に参加している方々や、
各方面から繋がっている方々と、J庭の前日に前夜祭ならぬ
お肉会(肉を食す会)に参加させていただきました。

まあ、あまり大きい声では言えない話をしたり、
イケメンとは言い辛いけれどとてもいい声をした店員さんに
喋ることを強要したり、とても(いい意味で)ひどい会でした。
お肉会なのに肉はさほど食べなかったけどアルコールで補いました。
ワイン苦手だったんですがするすると飲めちゃいましたのは
なぜなんでしょう、いいワイン(≠高いワイン)だったのかな?
ご馳走様でした。

20歳(ってことにしておこう)でカクテル、23歳で日本酒、
26歳でビール、29歳でワイン…次は何が大丈夫になるかしら?
人間とはうつろいゆくものですね。


そして本日、本番のJ庭です。
昨日のお肉のせいかアルコールのせいか、うん、
そこは前者ってことにしておきます、
お腹の調子があまりよくはなかったんですが、
いつもより30分遅くに集合しました。
って言っても開場3時間前ですけどね!

待機時間中は、日が指してる間はマシだったんですが、
日が陰るとビル風に根こそぎ体温を奪われました。
うーん、今後の対策を考えるべきでしょうかね。
(毎回そう思うんだけれど喉元すぎると忘れてる)

で、中に入ってからは、私が人とかぶるものは
数冊しかなかったので分担分だけさっさと買って、
一回りしたらあっという間に終わったー、と
余裕をぶっこいていたのですが、しかしこのとき、
大変な事をしていたとは思いもしなかったのでした。
(よくフ○ミで見かけるわかりやすい伏線パターン)


その後は、ランチ兼オフ会兼物々交換会。
はじめてばくだん丼というものを食べました。
美味しいですねえ。(画像はこちら)

食べ終えた後はさっさと物々交換になりまして、
鞄の中を確認したらなんとJ庭資金用ポーチがない。
3回探してもない!ホヮッツアップ!?
幸い通常の財布とは完全に分けてあったので
おかげで交換も食事代も問題なく支払えましたが、
イベント後のちょっとした残金があったはず…、
ちょっと痛いなーどこかで落としたんだろなーとガックリ。
余裕ぶっこいてる場合じゃなかったんや!

たいした金額でもないしポーチも安モノだし
まあいいかーと諦めようとしましたが、
もしかしたら届けられてるかもしれないと思い至り、
皆さんと別れてひとり会場に戻りまして、
J庭撤収中のスタッフに伺ったら……

ありましたー!中もそのまま!むしろ想定より多かった!
J庭はスタッフの皆さんも参加者も、紳士淑女ですね。
お騒がせしたご一緒に行動した皆様、
そして名も知らぬ皆様、本当にありがとうございました、
ということが書きたくて今日の記事は書きました。


最後に今日の収穫物はこちら。



商業誌の作家さんでは、宮緒葵さん、名倉和希さん、
カサイウカさん、アユヤマネさん、秀香穂里さん、
小林モリヲさん、ヨネダコウさん、トウテムポールさん、
梶本レイカさん(無料配布本)、ひっそりと名義が違うあの人などです。
木原さんなどの冬コミ新刊はちゃっかり通販で買ってますので、
あとはオヤジが中心のラインナップっていうか
ほぼオヤジオンリーですけど、そんな計25冊でした。

ちなみにかぶっていた量は4冊…人の趣味というものは
うつろいゆくものなのです。(と言い聞かせる)


ただ後悔をすると、オヤジ買いが漏れていたことと、
「宇宙人を倒した平凡な大学生がマッチョの受けを
ゲットする」だったかな、そんなあらすじが書かれた
サークルさんの小説を買っておけばよかったなと。
小説って衝動で手を出しづらい!

帰ってから記憶を頼りにそれらしきサークルカットを
探してみたら、「大学生×フンドシ戦士」…ど、どういうこと!?
これは同じ本を指しているのよね…?凄く面白そう!
やはり興味をそそるものは一期一会で買うべきですね。


次回は11月の祝日開催ということで、
祝日休めない私は参加できない確率が高いのですが…、
またどこかでイベントに参加したいものです。
参加者の皆様、読んでくださった皆様、それではお休みなさい。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |