-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4月バカと2013年4月新刊購入予定リスト | main | きれいな部屋とデスクと2013年3月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ストーカーはじめました。』/バーバラ片桐(桜城やや)
『ストーカーはじめました。』/バーバラ片桐
幻冬舎(2010/4)
【Amazon】

☆あらすじ
犯罪心理学者の佐倉は、高校生の頃、
好意を抱いていた同級生の上江田にストーカー行為をしてしまった。
すぐに本人に知られ、そのとき上江田に罰として口淫させられたことを
佐倉は今でも忘れられずにいる。
そんなある日、刑事となっていた上江田があるストーカー事件の捜査に
協力するよう佐倉に依頼をしてきた。まだ上江田のことが好きな佐倉は、
捜査に協力する代わりにご褒美をおねだりするが…。
・昨日は親戚の披露宴に行ってきました。(暴風雨直撃!)
 本人達を祝福するのにはまったく問題ないですし、
 (私が結婚しないが故に)帰ってこないお祝い金は
 必要経費と割り切れるからいいんですけれど、
 「まだ結婚しないのか」「いい人はいないのか」コールが苦痛。
 「しません」「いません」「仕事が忙しい」などでごまかしても、
 お酒入ると話題が無限ループなんですよね……。
 あと10年経てば収まるかなーと思いたいものです。

・そんな話はさておき、楽しいBLのお時間です。
 私にとってバーバラさんは話によってかなり好みが
 分かれる作家さんなのですが、これはアタリでした。
 いままで読んだ中でも1位・2位を争うぐらい好みです。

・この作品が面白かったポイントは、なんといっても受けの佐倉です。
 「ストーカーはじめました。」って冷やし中華並みに軽いよ、と
 誰しも突っ込むと思うのですが、夏になれば冷やし中華、
 恋をすればストーカー、そんな自然の流れのように、
 ストーカー行為を働いてしまうのです。

・単なる犯罪者じゃん、と更なるツッコミをしたくなるでしょうが、
 しかしこの佐倉、自らを受容れるために心理学を学び、
 それを生かしてストーカー犯罪のプロファイリング研究を行う
 准教授になるという、正しい昇華をしています。
 自らではどうしようもないものを受容れて、
 向かい合って生きていこうとする姿勢が共感できる!

・しかしそこまでしても抑えられない、だからこのタイトル(笑)
 そこに笑ってしまうのですが、ストーカー行為をして
 見返りに虐げられてとてつもなく幸せそうな受けと、
 言い換えれば一途な態度にほだされていき、
 元々Sっ気があってノリノリな攻めを見ていると、
 もうこの2人はこれでいいんじゃないかな、と
 思えてくるのですからフシギです。
 (「現実世界でのストーカー行為」とは別としてですよ)

・攻めもそもそも高校生のときの対応がおかしいだろ…とか、
 Sっ気発動後に人が変わるのでかなり危ないんですけど、
 当て馬がよりキ○ガイなのでソフトに見える不思議が発動します。
 まあ、割れ鍋に綴じ蓋でも幸せそうならいいですよね!


・あと、事件方面も意外と楽しめました。
 犯人はこいつだろなーと予想はつきますけれど、
 起こった犯罪とストーカー心理との食い違いの
 描写なんて、かなり納得させられました。
 ストーカーだのおっぱいミルクだの陥没乳首だのの
 インパクトが強すぎるけど、出オチにならないのは
 支える土台のおかげでしょうね。
 
・少し前(3年前)の作品ですが、軽く読みたいときにオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |