-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最近の流行りと2013年7月新刊購入予定リスト | main | 2013年上半期 BLコミック5冊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2013年上半期 BL小説5冊
ついに最も嫌いな季節がやって参りました。
既に充分暑かったですけれど今週末は一段とひどかったですね。
不可抗力でおニューの帽子を買ってしまいました。
皆様、熱中症と衝動買いには存分にご注意を!

さて、恐ろしくも半年が過ぎましたので、上半期ベストです。
2月ぐらいまで心を亡くした状態での読書でしたので
リストアップなんてできるかしら?と不安でしたが、
こういうときに読書サービスはものすごく便利ですね。
タイトルだけだとちょっと記憶が怪しくても、
表紙を見ると内容を思い出せまして、杞憂でした。
(表紙を見ても思い出せないものは…うん、スルーってことで)

なお、ワーストはそれほどめぼしいものがないため、
上半期だけでの記事にはいたしません、悪しからず。

それでは、折りたたまず以下にて。

■『花宵坂に恋が舞う』/絢谷りつこ感想

題材だけでも美味しいですよね、文楽のBL!
感想でも書きましたが、しっとり、はんなり、
夏でも爽やかに読める穏やかな作品かと思います。

■『ストーカーはじめました。』/バーバラ片桐感想

アホ枠って言ったら失礼でしょうか、褒め言葉でしょうか。
ドン引きするレベルのガチガチストーカーの受けなのに、
歪んだ一途さがじわじわと面白くなってくるんですよね。

■『藍苺畑でつかまえて』/小林典雅感想

こちらは最近感想書いたばっかりですね。
婚活、中国人受け、片言、色々な要素を盛り込んだ
コメディ作品として今年随一の面白さです。

■『光の雨』(原罪・贖罪)/かわい有美子



ここからは感想書いてないものとなります。
この作品を読んでまず思ったのは、
私って未亡人受けが好きなんだなーということでした。
『いとし、いとしという心』もそうなのですが、
受けの心に想う誰かが先にいる、と攻めが分かっていて、
それでも受けに惹かれてやきもきしていたり、
そんな攻めに徐々にほだされてしまう受けの
心の移ろいの描写が、もうたまらないのですな。
かわいさんの筆力が為せる味わいです。

子持ちやもめとかもそれに近いものの、
子供が絡むと読む目線が現実側に引き戻されて、
虚構性が目立ってしまうように思いますが、
未亡人ものはあくまで「恋愛」以外の枠がないため、
よりドロドロだったり焦れ焦れだったりで美味しいです。
しかもこの作品はワーキングものとしても
非常に面白く、私の好みど真ん中なのでした。

■『愛の裁きを受けろ!』/樋口美沙緒



可哀想な受けってもう飽きた、と達観してたけど
やっぱり王道だからこそ面白いんだなーと再認識しました。
な、泣けるわー…同人誌で読んでるのに泣いたわー。

昆虫擬人化BLというフィルターがやっぱり凄くて、
このフィクション性を高めるフィルターを通すことで
先天的に体の弱い受けをよりいじらしく感じられるし、
傲慢な攻めが献身的な攻めになるのもより
「ざまあ!」と思えるし…これが現実と同じ人間だったら
ここまで泣けるかどうかわかりません。

最近読んだ「丕緒の鳥」でも同じことを思いましたが、
徹底したフィクションの中で起こることだからこそ、
より現実感があるってこと、沢山ありますよね。
この感覚を味わえるBLって珍しいので、とても嬉しい。

* * * * *

BL枠だと思えなかったので外した『硝子の街にて』や、
『ハッピーボウルで会いましょう』、『きっと優しい夜』なども
入れたかったですがとりあえず現時点ではこの5冊です。
コミックはできれば来週に!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 22:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:16 | - | - |