-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2013年上半期 BL小説5冊 | main | 2013年8月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2013年上半期 BLコミック5冊
あまりにも暑くてやる気がしない、と思いつつ
せめて涼しいうちに、と朝から図書館に行ったら、
意外に人が多くて驚きました。図書館、涼しいですもんね……。
6冊借りてほくほくでしたが外に出たら暑くって重くって、
帰ってお昼ご飯食べたら昼寝してしまいました。
イッツノーパワー!(ビールを飲んだせいでもありますが)

さて、ひどい英語力を披露したところで
上半期ベストコミック5冊です。

■『10DANCE』(1)/井上佐藤


エロスに満ちておる…!
しょっぱなからその感想か、と思われましょうが
本当にダンスを教える際の筋肉の描写や
ちょっとした表情に色香があるんですよね。
ソシアルとラテンという、同じダンスでも
趣が逆方向のダンサー2人が合わないようでいて
なんだかんだ合ってしまうという
いわゆるケンカップルなのもたまりません。
続きを早く読みたい!という気持ちもこめてランクインです。


■『さよなら、愛しのマイフレンド』(2)(完)/エンゾウ


キレイにまとめたなーという印象です。
感情に乏しく人間的にどうなのよっていう受けが
初めて恋愛感情を覚えてわやくちゃになってしまう話は
そもそも好きなんですけれど、これは特によかった。
表紙に描かれているように、後半の受けの表情が
非常に豊かで「はじめて」にとても説得力があるのです。

2巻は少し気になっていた受けのお兄さんの話もあって、
弟と逆にマイナス感情で雁字搦めになっていたのが
ぽややんな攻めにほぐされるという、うまいこと
補完しあっていて、その点もよいのでした。
あとは続き物の次巻が1年で出るってありがたいですね!
3年も4年も経つと細かい点は忘れてしまうので…。


■『明日屋商い繁盛』(2)(完)/ARUKU


こちらも2巻で完結の続き物ですね。
1巻では少し変わったつくりだなあ、というか、
全然BLっぽくないんだよなあとか思ってたんですが、
2巻後半の怒涛の追い上げっぷりに圧倒されました。

鋭い人なら、枠外の色の使い方とかがヒントになって、
ある程度1巻の時点でこの構成に気づくんでしょうが、
私、鈍いからわかんなかったです。(驚けるからいいの!)
でも実はキッカがアレでアレだったなんて、
お釈迦様でも気がつくめェ…素晴らしいラストでした。
つい1巻から読み返して泣いてしまいましたもの。
これは今年のベスト候補…!

■『東京心中』/トウテムポール


感想書いたと思い込んでいたけど書いていない…?
昨年から今年にかけて、『東京心中』上・下同時発売、
2巻・3巻と立て続けに出して話題となった作品ですね。
(画像・リンクは3巻のものを使用しています)

まずはこれが気になって手に取った人も多いのでは、と
思う表紙のデザインの斬新さですよね。
男2人が絡んでりゃいいだろっていう安直なデザインは
もうイヤなのお!お店で買うのも抵抗感あるし(買うけど)!
という私に優しい、スタイリッシュなデザインです。
全巻統一感のあるデザインってのも嬉しいところ。

そして中身は過酷で濃いテレビ業界のワーキングと
三十路に見えない受けと残念なワンコ攻めです。
書いといてなんですが後者は比較的どうでもよくて、
ワーキングがとてもいい…特に自分も忙しい時期に
読んでいたのでいやに共感を覚えたのもいい思い出です。
ぜひ3巻の副題「君も人生棒に振ってみないか?」の意味が
わかるところまで手にとっていただきたい作品です。
来年以降の続巻もお待ちしています。


■『NightS』/ヨネダコウ


唯一の続き物でないランクイン作品であり、
ヨネダさんのお久しぶりの商業作品です。
(「囀ずる鳥は羽ばたかない」が先でしたけど)
やっぱり面白い!表題作はそうでもなかったけど
『リプライ』がめちゃくちゃ萌えました。

自動車販売店の営業と整備士(ツナギ萌えー!)という、
同じ職場で働いていても相容れないタイプが
ワーキングを通してつながっていく過程が見事です。
現実にはそんなことはなかなかないっていうか、
営業氏ね!って私は日々言っているっていうか
絶対に営業とはわかりあえないって(以下略)、
そんな現実がわかっていても萌えるんだ!
ヨネダさんはホント雰囲気をつくるのが上手いですねー。

* * * * *

以上、5冊でした。
下半期はまた忙しくなりそうな予感ですが、
BL充は続けられますように!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 20:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:23 | - | - |