-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 終わりと始まりと2013年12月新刊購入予定リスト | main | 冬の恒例行事と2013年11月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年末の音楽と2013年10月の読書メーターまとめ
クリスマスソングが流れ始めると年末を実感しますね。
マライアキャリーと山下達郎はあと何十年流れるんだろう。

今年のクリスマスは火・水と、イベントがある人にとっては
あまり良い並びではありませんが、特に私には関係ありません。
普通に仕事で、むしろそこらへんがピークです。年末進行め!
年内になんとか今年のベスト・ワーストだけは終わらせたい、
という決意の元に、やっとくべきこととして今更の10月分まとめです。

もうはるか昔のことのように思えるのですが、
この月のベストは『スニーキーレッド』、
次点が『美しい野菜(1)』でしょうか。
(小説は非BL多しベストと言えるものもなし、というか)

どっちもSがMに奉仕しているSMというものがね、
私は好きなのですよ…エスのSはサービスのS!
暁由宇さんが好き方にオススメしたいかな。
あ、あと『誰にも愛されない 完全版』は再読なので
ベストではないですがさすがユギさん、外れないです。

前置きはこんなところで、本編は折りたたみで。
2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:50冊
読んだページ数:9670ページ
ナイス数:145ナイス

隅の風景隅の風景感想
旅行本なのに旅行したくなる<おビール様が飲みたくなる本。掲載誌がいくつかあるので主眼がなんだかまちまち。
読了日:10月1日 著者:恩田陸
おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)感想
本場のラデュレに行ってマカロン食べないくらいのゆるい朝食ばなし。ハワイ編の「犬二匹に…男二人…いいね…いい…」がわかりすぎてこまる。
読了日:10月1日 著者:秀良子
孤独のグルメ【新装版】孤独のグルメ【新装版】
読了日:10月2日 著者:久住昌之
3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)
読了日:10月2日 著者:羽海野チカ
年下の暴君 (プリズム文庫)年下の暴君 (プリズム文庫)感想
ぱんつから飛び出る描写があるだけでなんとなくうれしい。
読了日:10月2日 著者:神香うらら
ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)感想
特殊能力もちって有川さんだと珍しい…。どちらの平行世界も好きだな。
読了日:10月2日 著者:有川浩
クロネコ彼氏の甘え方 (ディアプラス・コミックス)クロネコ彼氏の甘え方 (ディアプラス・コミックス)感想
こんなに肌色ページばっかりだったっけ、と思って前巻を読み返したら同じくらいだった。別の意味で肉体言語で会話してる気がする。
読了日:10月3日 著者:左京亜也
メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫)メドゥサ、鏡をごらん (講談社文庫)感想
最初はボールドが読みづらかった…しかし逆に、普通の書体になると、展開と併せてものすごく不安な雰囲気になった。こういう仕掛けもありですね。オチは……不条理。
読了日:10月3日 著者:井上夢人
ましろのおと(8) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(8) (月刊マガジンコミックス)感想
この巻からようやく貪欲になったということかな。
読了日:10月3日 著者:羅川真里茂
月刊少女野崎くん(3) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(3) (ガンガンコミックスONLINE)感想
第26号がヒット過ぎて過呼吸おこしかけた。「おいリボン!」
読了日:10月3日 著者:椿いづみ
ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)
読了日:10月4日 著者:古舘春一
限界集落(ギリギリ)温泉第一巻限界集落(ギリギリ)温泉第一巻感想
続きが読みたくなる引き。いつでも帰るkindle本は損して得とれ型が最も最適だと思う。
読了日:10月7日 著者:鈴木みそ
恋して、炎上 (角川ルビー文庫)恋して、炎上 (角川ルビー文庫)感想
いつの間にかルビーも値上げしてたのね。フジミ以外買ってなかったから気づいてなかった。内容はワーキングとしても萌えも今一つ足りなかった。
読了日:10月7日 著者:成宮ゆり
京都坪庭拝見 (SUIKO BOOKS 145)京都坪庭拝見 (SUIKO BOOKS 145)感想
宇宙や山海をわずかな空間に見立てるこの美しさよ。小さければ小さいほど惹かれる。
読了日:10月7日 著者:水野克比古
Rのつく月には気をつけようRのつく月には気をつけよう感想
謎解きはちょっと穿ちすぎというか強引な気が……雰囲気は悪くなかった。
読了日:10月7日 著者:石持浅海
光感想
主人公にとっての光とはなんだったんだろう。重っ!暗っ!
読了日:10月7日 著者:三浦しをん
一刀斎夢録 上 (文春文庫)一刀斎夢録 上 (文春文庫)
読了日:10月9日 著者:浅田次郎
よっけ家族 1 (バンブーコミックス)よっけ家族 1 (バンブーコミックス)感想
田舎の大家族。無計画としかおもえない大家族ものは嫌いだがこれは好きだ。
読了日:10月9日 著者:宇仁田ゆみ
理想の男の作り方 (角川ルビー文庫)理想の男の作り方 (角川ルビー文庫)感想
Kindle版ってイラストないのね。タイトルで軽い話だと思ってたら意外と重めだった。
読了日:10月12日 著者:成宮ゆり
エロとじ 艶 (b‐Boyアンソロジー)エロとじ 艶 (b‐Boyアンソロジー)感想
エロ中心は疲弊する。笠井さんと丸木さんのコンビがベストだった。しかしこいつは二度と読まねえ!と昔に誓った作家はやはりつまらなくて損した気分。
読了日:10月12日 著者:
小暮写眞館 (書き下ろし100冊)小暮写眞館 (書き下ろし100冊)感想
青春小説かと思った。タイトルと後半がとても宜しい。
読了日:10月12日 著者:宮部みゆき
私説三国志 天の華・地の風〈8〉私説三国志 天の華・地の風〈8〉
読了日:10月12日 著者:江森備
怒られて、ごちそうさま♪ (バンブーコミックス 麗人uno!)怒られて、ごちそうさま♪ (バンブーコミックス 麗人uno!)
読了日:10月14日 著者:高田ロノジ
しあわせのねだん (新潮文庫)しあわせのねだん (新潮文庫)感想
精神的にすごくつらかったとき、無性にお金を使いたくてたまらなかったことを思い出した。お金を幸せに使いたい。
読了日:10月14日 著者:角田光代
いつも旅のなか (角川文庫)いつも旅のなか (角川文庫)
読了日:10月14日 著者:角田光代
銀の匙 Silver Spoon 9 オリジナルドラマCDつき特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)銀の匙 Silver Spoon 9 オリジナルドラマCDつき特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
読了日:10月20日 著者:荒川弘,アニプレックス
仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)感想
他のレーベルだったら李さんが全部もって行きそう。鳥人さんの挿絵で読んでみたい。
読了日:10月20日 著者:水原とほる
誰にも愛されない 完全版 上 飯島×日下編 (バンブーコミックス 麗人セレクション)誰にも愛されない 完全版 上 飯島×日下編 (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
えっ、もう6年前ですかそうですか。作中でも絵柄がだいぶ変わってるけど安定の面白さ。
読了日:10月20日 著者:山田ユギ
脱いだら凄い嶋崎さん (プラチナ文庫)脱いだら凄い嶋崎さん (プラチナ文庫)感想
「でもこの人、勃たないんだっけ……。」という帯まで秀逸。中身もさらっと楽しいフェアレディもの。
読了日:10月20日 著者:夏乃穂足
ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)
読了日:10月20日 著者:荒木飛呂彦
古本迷宮古本迷宮感想
本好きって業はいかんともしがたい
読了日:10月20日 著者:喜多村拓
すべてがわかる! 「発酵食品」事典 (食材の教科書シリーズ)すべてがわかる! 「発酵食品」事典 (食材の教科書シリーズ)感想
言われてみれば確かに発酵食品ってめちゃくちゃ多い。体調が崩れがちなのでお酢をやってみようかしら。
読了日:10月20日 著者:
詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)感想
やはり生きてる人間のほうがよほど怖い。
読了日:10月20日 著者:古舘春一
GIANT KILLING(29) (モーニングKC)GIANT KILLING(29) (モーニングKC)
読了日:10月24日 著者:ツジトモ
神の庭で恋萌ゆる (ディアプラス文庫)神の庭で恋萌ゆる (ディアプラス文庫)感想
お金に困る→性奴隷になるという発想がものすごく萎えた。精液が真珠のようという感覚の攻めとはとても割れ鍋綴じ蓋だが。
読了日:10月24日 著者:鳥谷しず
一刀斎夢録 下 (文春文庫)一刀斎夢録 下 (文春文庫)感想
父に薦められたけれどものすごく読むのに時間を要した。夢のようにあちこち話が飛んだせいかな。西郷さんのはなるほどと思った。
読了日:10月24日 著者:浅田次郎
宇宙兄弟(22) (モーニングKC)宇宙兄弟(22) (モーニングKC)感想
限定版売り切れてて凄い。毎巻じわじわっと来る。
読了日:10月24日 著者:小山宙哉
ましろのおと(9) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(9) (月刊マガジンコミックス)
読了日:10月27日 著者:羅川真里茂
ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
読了日:10月27日 著者:葦原大介
限界集落(ギリギリ)温泉第二巻限界集落(ギリギリ)温泉第二巻
読了日:10月27日 著者:鈴木みそ
私たちには物語がある (小学館文庫)私たちには物語がある (小学館文庫)
読了日:10月27日 著者:角田光代
たぶん疫病神 (二見書房 シャレード文庫)たぶん疫病神 (二見書房 シャレード文庫)
読了日:10月27日 著者:松雪奈々
ドント・ルックバック (モノクローム・ロマンス文庫)ドント・ルックバック (モノクローム・ロマンス文庫)感想
わかりやすい記憶喪失もの。独特の雰囲気や描写がいいよねー、さらりと胸毛とかが。藤さんの絵は似合いすぎて素敵。
読了日:10月30日 著者:ジョシュ・ラニヨン
キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)感想
10年か…いまだに楽しめてます、ありがとうございます。「楽園の国」「料理の国」が好み。
読了日:10月30日 著者:時雨沢恵一
大奥 10 (ジェッツコミックス)大奥 10 (ジェッツコミックス)感想
なんて素敵なドロドロ模様(ほめている)。毎巻、お気に入りの人が出ては消えて、の繰り返しなのに続きが気になるってすごい。
読了日:10月30日 著者:よしながふみ
隠し神の輿入れ (ガッシュ文庫)隠し神の輿入れ (ガッシュ文庫)感想
設定がなんとなくデジャヴ。セルフ顔射やら獣姦やらを盛り込むとはさすが。
読了日:10月30日 著者:沙野風結子
藤子・F・不二雄大全集 スーパー=キャッティ/かけろセントールほか (てんとう虫コミックススペシャル)藤子・F・不二雄大全集 スーパー=キャッティ/かけろセントールほか (てんとう虫コミックススペシャル)
読了日:10月30日 著者:藤子・F・不二雄,久米みのる,江戸川乱歩
鳩居堂の日本のしきたり 豆知識鳩居堂の日本のしきたり 豆知識感想
心に彩りが出る本。やっぱり万年筆がほしい…という欲望も湧き出る。
読了日:10月30日 著者:
スニーキーレッド (Feelコミックス オンブルー)スニーキーレッド (Feelコミックス オンブルー)感想
単行本になったの知らなくて買い逃すところだった、危ない。onBLUEで好きだったんだよー!Sがなんだかんだ尽くしてるのがいいのです。
読了日:10月30日 著者:たなと
美しい野菜 1 (Feelコミックス オンブルー)美しい野菜 1 (Feelコミックス オンブルー)感想
スニーキーレッド同様、これも好き。Sが尽くしてるの大好きなんだな、自分。
読了日:10月30日 著者:松本ミーコハウス

読書メーター
| [その他]読書メーターまとめ | 22:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - |