-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2013年の読書あれこれベスト5 | main | 休止のご挨拶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2013年BL小説ワースト5
そういえば昨日からコミケでしたね。
参加した皆様、このクソ寒い中お疲れ様でした。
せわしい年末に体調を崩されませんように。
といいつつ、我が家は風邪が蔓延しております。
私もようやく普通の食事ができるようになりましたが、
まだ万全ではないので寝正月になりそうです。
いつもと大して変わらない気もしますが。

さて、ワーストです。
最近は読書メーターなどで小出しにするようになったので
書きづらいかなあと思ったけどノリノリで書けました。

それではいつもの申し送りです。
以下、不愉快な方は避けてくださいませ。

※ベスト以上に好みによるものが大きいです。
 あくまで私個人の好みなので自分が好きな作品はスルー推奨です。
5.『オタクな俺がリア充社長に食われた件について』/丸木文華

試みは評価できる……できるんですが、
シャレードさんは吉田珠姫さんの
「ピジョンブラッド」といい、
なぜ飛び出そうとすると大層圏からの
ダイブになっちゃうんですかね。




オタクでドMなエロゲーシナリオライターが、
一見リア充社長、中身は丸木さんらしい執着攻めに
女にされてしまうような話です。
この女にされちゃうって表現が嫌いなんだよね……、
男が受け入れるのになんでわざわざ女って
表現を使うんでしょうか。地雷1。
ネットスラングもバンバン入ります。地雷2。
最も驚いたのは「ゲイじゃない、君を好きになっただけだ」を
攻めが証明するために、実際に高級コールガールを
呼んで実際に致したりします。受けの目の前で!大地雷!
半陰陽っぽい設定が必要とも思えないし、
攻めざまあがないし、地雷たっぷりでした。


4.『後は灰になってもいい』/斉藤まひる

この作者の本を一気に買った後、
1・2冊目があまり好みでなかったために
長らく積んでいた1冊ですが、
やっぱり好みじゃなかったです。
というか一番これが苦手でした。



あらすじではワーキングっぽい内容に少しヤクザものが
混じるかな?ぐらいの印象だったんですけれど、
ワーキングの比重は軽くて急にバイオレンス、
命を懸けたり性的な意味でひどい目にあったりと、
あまりにもあらすじ詐欺で憤りを隠せませんでした。
まあ、あらすじが書きづらいのもわかりますけどね。
何しろネタが詰め込まれまくっている、
かつジェットコースターな急展開の連続です。
何を中心に据えたいのかわからなくなってしまいました。
文章も硬質で、ものすごく疲れました……。
受けのくたびれ感とかはすごくいいのにもったいない。


3.『ファッション・ゲーム』/ひちわゆか


表紙からも漂うこの古臭さ!
肩パッドに染み付いているブルガリの
香りって感じ。(私の想像力が貧困)
1994年刊と古いのでしょうがないですけど、
古くても古さを感じさせない作品は
ごまんとあるので、この作品の問題でしょう。




なんでこんなに隔世の感があるのかと思うに、
どこまでもバブリーなんですよね。
トレンディードラマ的といってもいいかもしれません。
まず攻め様の職業がジュエリーデザイナー、
受け様の職業が天才プログラマーという華々しさ。
その反面、あんまり仕事してないワーキング。
3ヶ月だけ付き合わない?という駆け引きの軽さ。
生まれてから不況しか味わってない世代には厳しいです!
ある意味当時の世相を反映しているので、
BL研究のためにはよい材料かもしれませんし、
会話はさすがにひちわさんなので面白いのですが、
バブルがはじけて暗黒の時代をすごした後の
約20年後に読んでしまうと儚いものを感じますね。


2.『愛の奴隷』/アーロントラヴィス(表紙なし)

ワースト常連のラヴェンダーロマンス、今年も見事ランクインです!
いったいどれだけ欲求不満なのかよくわからないですけれど、
ローマとか関係なくやりっぱなし!読んでて疲れる!
どいつもこいつも時代背景とか全く関係なしに
男根至高主義で、それ以外の基準は無いに等しいです。
表紙にいる綺麗な金髪美青年なんて、身分も奴隷ですが
男根カースト的にも最下位でひどい扱いです。
はあ、まったくもう……ため息しか出ません。

これだけだったら今までのラヴェンダーシリーズを
を超える衝撃はないんですが、この作品、
驚くべきしかけがありました。
攻めが男根的ヒエラルキーが最上位の男に犯されそうになり、
おお、これは面白いどんでん返し!と思ったら、
表紙の美青年がなんと最上位の男を殺害します。
攻めを追い詰めていった盛り上がりはどうなったんですか。
美青年と攻めと一緒に逃げてエンダアアァイヤアァって
いきなりの王道に戻る展開に納得できるかぁーー!と
マジで壁に投げつけました。2013年で唯一の壁本です。


1.『花馨る雨の名を』/千島千鳥

1位と2位はものすごく僅差です。
ではなぜこちらが上なのかというと、
文体に癖がありすぎて読めなかったからです。
『愛の奴隷』は読み返さなくても
罵倒の言葉がたくさん出てきましたが、
こっちは文体がダメだったことしか
思い出せないんですもの。

それって、小説としては一番ダメってことよね。
私が「あ、ダメだ」と悟った箇所を抜き出しましょう。
(……きっと、)
酔っている。
この人も。
俺も。
もう、止まれない。
(20-21ページ)
括弧書きの多用、括弧書き内の点、助詞で終わる文、
短すぎる一文、それらが多用されるのって本当につらい。
読みやすい文はすいすい流れる川のように読めるのに、
これはよどんだ川のようにそこらにつまって読めません。
こういう詩的な表現が好きな方もいるかもしれませんが、
私には合いませんでした。ということでワースト1です。

*   *   *   *   *   *

以上、ワースト5でした。
コメントは明日まとめてお返しいたします!それでは。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2011-13年 | 22:58 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:58 | - | - |
aya-meさんこんばんは!

ワースト5、笑いながら読ませていただきました(笑)
特に「肩パッドに染み付いているブルガリの香りって感じ」
が面白すぎました、すごく伝わります!

これは新装版というわけではないんでしょうかね…?
本当にイラストが昔懐かしい感じで。
「ファッション・ゲーム」という自体もレトロですよね。
タイトルもひと昔前な香りがします(笑)

1位の文体は私も苦手ですね〜
切れ切れな文章は読みづらいです。
変な所に句読点の人、たまにいますよね、あれなんだろ(笑)
好みの問題かもしれませんが、読みづらい文章の人って
BLに関係なくいます。
嫌いな言い回しとか。
人気のある作家さんだからと言って自分も好きかというと
そうでもなかったり。
実際読んでみないとわからない所もありますよね。

今回も楽しませていただきました!ありがとうございます!
BLコミックワースト5もありますでしょうか…?
| maru | 2013/12/31 3:35 AM |
maruさん、こんばんは。
最後にいくつものコメントありがとうございます。
すみませんが1つにまとめて返させていただきます。

>新刊購入予定リスト
未完成は黒い話ですね…、このときは木原さんぽいと
思ったんですが、今はもう作風が独自の確立してますね。
「雨降りvega」は未読ですー、現在進行形で女性ですか…。
まあ凪良さんなので溜め込まずに読みたいと思います。

>ベスト
『その男、甘党につき』は装丁に興味が
あるならぜひ手に取っていただきたいです!
やっぱり三大欲だけあって、食とエロスって
うまく表現するととてもエロティックですよね。
出ないかなー。
百目鬼、表紙の背面で走ってるんですよね(笑)
3巻で早く追いついてほしいです。
『東京心中』もオススメですよー。

>ワースト
シャネルのエゴイストとどっちにしようか
悩みましたが伝わってよかったです(笑)
新装版は出ていません、古い作品です。
ひちわさんの未読本があると知って
勇んで買ったんですが…うーん、失敗でした。
1位は…句読点はリズムの大きい要因なので、
合わないとつらいですね。
BLコミックのワーストはありません、
これが休止前の最後の感想記事になります。

コメント、ありがとうございました。
それではまたどこかで。
| aya-me | 2013/12/31 9:46 PM |