-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLCD・「異国色恋浪漫譚2」 | main | 「お願い!ダーリン」1・2/ひちわゆか(桜城やや) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「G1トライアングル」/いつき朔夜(ホームラン・拳)
アワード2005の新人作品で気になっており、
名前だけチェックしていましたが
ブックオフで見つけて即買いしました。

なぜなら。

挿絵がホームラン・拳さんだったから!
まったくもう、聞いてないよ。
嬉しい誤算(?)とはこのことです。

では、ネタバレな感想です。



GIトライアングル
GIトライアングル

いつき 朔夜著
新書館 (2005.11)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物と流れ

菅清見(すが・きよみ) 受
20歳になる若手騎手。小柄だが均整の取れた身体に顔は浅黒く、
きかん気の少年のようで女性ファンの注目株。

星生(ほっしょう・?) 攻
清見が惚れこんだ馬・ラクシュミの馬主。
本業は株屋でギャンブラー。


菅はある馬に惚れこんでいました。その馬の名はラクシュミ。
同じ競馬騎手だった落馬して亡くなった父が乗っていた馬の子にあたる、
いわば因縁のある馬ですが、そんな事情云々よりも心底惚れこんでいました。

菅は馬主の星生に騎乗許可を願い出ます。
しかし星生に「私と寝るなら考える」とからかわれ、一旦は諦めます。

その後ラクシュミはG1の皐月賞に挑みますが、
騎手との折り合いが悪く大敗してしまいます。

その乗り方についてラクシュミの騎手と口論します。
売られた喧嘩を買うため、ラクシュミに乗ろうと決意します。
実はからかいではなかった星生との条件は
「勝てばよし、負ければ私の意のままに」。

初戦は2位。1位以外の入賞枠はペナルティという取り決めにより
出されたペナルティはなんと「人間パドック」!?

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

基本的に負けず嫌いな私は賭け事をやりません。危ないから。
そんな素人の私でも競馬の話、平気かな?と思ったのですが
特殊ながらも分かりやすく、読みやすく書かれていました。

騎手という仕事は命懸けなんですね。
清見の父が落馬で亡くなったエピソードに驚きましたが
案外少なくないようで…。

恋愛のエピソードは少ないですが、
ちゃんと仕事の面において人物が見られます。

例えば根底に恐怖を抱えたままの清見に
あえて辛い行動をとる星生のシーン。
自分の馬を預けているためなのはもとより
清見のためにならないと気づいていて、
一緒に立ち向かわせるところに星生の愛の深さが垣間見えます。

なかなか心の傷なんて癒えるものではなく
抱えたままの清見ですが、
それでも星生を精神的支えに騎手として成長する、
働く男のかっこよさも見られます。

あらすじには書いてませんがそのあとの展開に
ぐいぐいと引っ張られちゃって…。
スポーツマンガでも読んでるのか、私は。

あと、設定も美味しいです。
調べたところ身長〜165、体重〜44まで、とありました。
身長低い人たちが自然に出てこれるというものです。

それにしても44キロ!
成長期の男の子たちに44キロ!
しかも筋肉つけなきゃいけないし…。
厳しい世界ですね。


書き下ろしも本編も酸いも甘いもありの良い作品だと思います。
新人なのにホームラン・拳さん挿絵ですよ!?
出版社の期待度も分かると言うものです。
オススメ、です。これからにさらに期待!


P.S.ミニ掲示板を試験的につけてみました。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |