-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「G1トライアングル」/いつき朔夜(ホームラン・拳) | main | 目を閉じればいつかの海/崎谷はるひ(おおや和美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「お願い!ダーリン」1・2/ひちわゆか(桜城やや)
レディスン・ジェンツルメン、今晩は。
今宵はオリオンの輝きも麗しく冬の厳しい空気も
その輝きを引き立たせるばかりですね。


…頭おかしくなったんじゃありませんよ、ミ・アモーレ。
こんな書き出しをしたくなる攻めだったのですよ、ええ。


冗談はこの辺にしておいて、2冊まとめて軽くご紹介です。



お願い!ダーリン 1
お願い!ダーリン 1

ひちわ ゆか著
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

お願い!ダーリン 2
お願い!ダーリン 2

ひちわ ゆか著
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

相原弘(あいはら・ひろし) 受
「たらしのヒロシ」の異名を持つ、遊びが激しいモテ男でしたが
今田にとりつかれて(?)からホモ呼ばわりされるレンタルビデオ屋店員。

今田浩志郎(いまだ・こうしろう) 攻
「マイ・ディア」「僕のスウィートハート」と公然と弘に愛をささげ、
四六時中しゃべり続ける思い込みの激しいレンタルビデオ屋のバイト。
その一途さとバカさは紙一重。

2人の出会いはヤケ酒で道に寝転んだ弘を今田が助け起こしたことでした。
その瞬間から今田は弘を「運命の恋人」と認識し
いつの間にか仕事を調べてアルバイトに入り(ストーカー?)
スキンシップ、マシンガンラブトーク、電話、ラブレターまで送る始末。
嫌で嫌で仕方がない弘ですが今田がたまにいないと静かで変に気になり…。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

このあらすじが1巻に収録の「NONNONダーリン」です。

他に1巻では
「お願い!ダーリン」(弘、嫉妬するの巻)
「クリスマスキャロルの頃には」(今田、姉にたてつくの巻)
「Old times」(書き下ろし、10年後)の4本。
2巻には
「涙のKISS」(今田、記憶喪失!?の巻)
「ボンバーガール」(弘、シスコン発揮の巻)
「赤ちゃんが来た?」(今田、コウノトリを信じるの巻)
「ミエナイチカラ」(今田、呪われる?の巻)
「峠のわが家」(書き下ろしの続き)の5本です。
(カッコ内は私が勝手にサザエさん風につけてみた副題です)

ボリュームがある上、すべて短編なので読みやすいです。

で、作品ですが、今田のラブ一本槍。強烈です。
BLは一般的に改行が多めで短い文が多いですが、
こいつのセリフはとにかく長い!
橋田寿●子もびっくりの長台詞ですよ。
しかもマイスイートハートだの愛しの弘さんだの。
笑うしかないでしょうw
彼のやや1人よがりな愛も10年後の告白を読むと
なぜか可愛く見えてくる…不思議。

対して弘はタラシの人生を今田に変えられてしまうわけですが。
途中からは嫉妬したり涙を流したりなんやかんやで
自発的に今田に恋してるツンデレさんになります。

決まり手押し切りで今田の勝ち…な2人です。


数ある話の中で最も笑えたのは「赤ちゃんが来た?」です。
コウノトリって…キャベツ畑って…今田。
結局この後どうなったのか、知りたいところです。

ジーンと来たのは「涙のKISS」でした。不覚にも目頭が…。
タイトルはサザンのあの曲だと思…いえ、そうに違いない。
(パクったってことじゃないですよ。
そしたら2人は別れてしまいますから)

発売と掲載が同じ1992年ですから、時期もあってます。
もしかしたら当時聴きながら読んでた人もいたりして。
なんだか素敵なシチュエーション。


書き下ろしの10年後の2人は
当時読んでいた人にとっては嬉しいでしょう…
10年前読んどくんだった。悔しい。

歌でカバー版が流行ったように再版はBLでも楽しいです、きっと。
様々なBLの名作のその後…うーむ、読んでみたい!


10年以上前のものですが色褪せてなくて
コメディとして楽しく読めました。
読んでない方、特に昔読んだ方にも(きっと)オススメです。
| [BL・小説]ひちわゆか | 00:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - |