-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「お願い!ダーリン」1・2/ひちわゆか(桜城やや) | main | 購入リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
目を閉じればいつかの海/崎谷はるひ(おおや和美)
ここのところ崎谷さんとひちわさんを
繰り返してばかりのような。
興味の変遷とはそういうものでしょうか。

さて、「目を閉じればいつかの海」、こちらは
崎谷さんの「ブルーサウンド」シリーズの1作目です。
ブルーサウンドは登場人物たちが働くカフェレストランの店名です。

名前が間違えやすいので順番にお気をつけ下さいな。
違えても問題ないですが順に読んだほうが
時系列的に把握しやすかったと思います。
「1目を閉じ、2手を伸ば、3耳すま」です。

この1作目はブルーサウンドの店長が主人公のお話です。
(以下ネタバレ気味感想です)



目を閉じればいつかの海
目を閉じればいつかの海
<
崎谷 はるひ著
角川書店 (2004.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆崎谷さんで大人しめ希望ならオススメ!

☆人物とあらすじ
藤木聖司(ふじき・せいじ) 受
「ブルーサウンド」の店長。
29にしては老成しており、冷静沈着な面もあるが
基本的に色恋沙汰にはぬけさく。

嘉悦政秀(かえつ・まさひで) 攻
藤木と10年前付き合っていた男。代々続く松涛生まれの
お坊ちゃまで社会的にもエリート。

店長を務める藤木はある日、アルバイトのミスで
サラリーマン風の男性にお詫びをしようとしたところ、
その男は10年前別れたきりの嘉悦でした。

10年前、嘉悦を振ったのは藤木でしたが、
そのころ嘉悦は海外へ栄転のチャンスがありました。
その当時のエリートの海外といえば妻同伴。
男同士で付き合い、隠してゆくには重い状況でした。
嘉悦のことを考え、身を引き、全ての関係を絶った藤木。
(そういえば昔ってそういう風習?がありましたよね…)

それでも嘉悦を忘れられなかった藤木は再会した嘉悦に
「10年経っても忘れられなかった」と、
左手薬指にプラチナリングが光る嘉悦に言われます。

愛人でもいいから愛されたいと思う一方、
不毛な心で付き合うのに疲れる狭間で
ずるずると関係を続ける藤木はついに…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

本の紹介文に「大人の恋」とありますが、勘違いモノでした。
藤木は藤木であまりにも古い情報で今を判断し、
嘉悦は嘉悦でその藤木の勘違いに気づかず…。

どっちが悪い、というよりも1つ思い込んで固持してしまうと
こんなにも相手の行動の意味が変わってくるんだな、と思いました。
嘉悦のピロートークも、さっさと帰るのも・・・

まあ、BLで相思相愛になるだろうとたかをくくっていたので
それほど深刻に不倫のことは考えませんでしたが、
うまーく見かたを変えればそう読めるなあ、と感心。

10年前、藤木がついていってたら幸せだったかと言うと
正直分からないところです。時代も流れも変わって、
ブルーサウンドの仲間の後押しがあってこそ
結ばれた2人がある以上それを考えるのは野暮ってことで。

特に従業員たちのそれぞれの違う優しさが大きいです。
みんな主人公並みの個性的なキャラを持っています。
(というか、2作目で主人公になるんですが)

読み返してみるとですね、
その後押しをしてくれた従業員に対して
何気なく嫉妬心むき出しの嘉悦さんが笑えます。
まず男の従業員との関係を訝り、
同居関係の人がいると知っては探りをいれ、
ラブラブになってもいち早く藤木の家を
手配しようとするところに嫉妬がみえみえな嘉悦さんw
そりゃー知らない間の共有時間には歯噛みする思いでしょうね。

挿絵がおおやさんなので大人しめに見えました。
相変わらず崎谷節の喘ぎは少々濃いですが…。

湘南のカフェで海を見ながら読みたい作品でした。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 23:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - |