-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラジオで妄想日記 | main | 「耳をすませばかすかな海」/崎谷はるひ(おおや和美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「手を伸ばせばはるかな海」/崎谷はるひ(おおや和美)
「ブルーサウンド」シリーズの第2弾です。
今度はブルーサウンドの店員たちのお話。
時系列的に藤木と嘉悦が再開する少し前あたりが
中心となって進んでいきます。

それではネタバレ〜な感想です。



手を伸ばせばはるかな海
手を伸ばせばはるかな海

崎谷 はるひ著
角川書店 (2005.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物と流れ
宮上瀬里(みやがみ・せり) 受
ブルーサウンドフロア担当の1人。アルバイトだが大学4年でほぼ常勤。
要領はあまりよくないがマジメでこつこつ働く姿が高く評価されている。
コンプレックスのため自己評価がとても低く、
他人から魅力的と言われてもからかわれてるとしか思わない罪作り。
ちなみに嘉悦と藤木の再会のきっかけのミスは瀬里によるもの。
(ある意味キューピッド?)

中河原大智(なかがわら・だいち) 攻
ブルーサウンド厨房担当。放浪癖があるが人柄でオーナーにも信頼があつい。
余計なことを言いがちでよく瀬里に誤解される。
藤木の同居人でもあり、嘉悦に勘違いされたことも。

瀬里は怖いながらも実直でおおらかで
自分とは全く違う強さを持つ大智が気になっていました。

しかし大智は藤木に惚れてこの店に入ったという話と
同居していることから藤木とつきあっていると考えていました。
藤木には勝てないと思いながらも、ずっと胸に想いを秘めていました。

ある日、コンプレックスの原因である弟が訪れてきた際に
大智に助け舟としてキスをされてしまいます。

コンプレックスの強い瀬里は大智から愛されるわけがない、
しかも藤木もいる・・・と困惑するだけの瀬里。
不安定な瀬里に実は藤木は嘉悦と付き合っていると知って‥?

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ちょいとネタバレ多めになりました。
ですが瀬里ちゃんの悩みの深さやアホへたれ大智の行動は
伏せてますのでご安心を(誰が?)。

とにかく瀬里に感情移入しやすかったです。
弟ができすぎるために親からの無関心の痛み、
弟本人からの辛辣な言葉に植え付けられる劣等感、
「マジメ」であることの自己嫌悪。
そして大智への想いと諦めと…。

派手ではないけれども等身大でリアルで、
なんだか自分もコンプレックスがあったときって
こんなんだったなぁ、と重ねて読んでしまいました。

でも瀬里は本当の芯は強くて、
自分だけの幸せをつかめるのも判る気がしました。
弟ともちゃんと向き合えるようになったしね。


それにひきかえ、一見おおらか・奔放な大智はヘタレ。
かっこいいけど彼氏にはしたくないと言うあとがきに大賛成。
瀬里へのフォローぐらい自分でしろっつうの、まったく。
まあ、そんな大智に惚れてしまった瀬里には
そんなところも可愛いんでしょうけど。

魅力的なのに自覚していない瀬里の天然ぶりに
これからもやきもきしてあたふたすることでしょう。
瀬里が頑固で持続型なことに感謝すべきよ、大智・・。


けっこうにどっぷりと浸かって読めました。
もちろん甘いHもあり、満足でした。
シリーズのうちどれか1つ、と言われたらこれを押します。

シリーズのBLの醍醐味を満喫した1冊でした。オススメ!!
| [BL・小説]崎谷はるひ | 21:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |