-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLCD・「ニューヨーク・ニューヨーク1」 | main | 氷上と平常(No BL!) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ひと目会ったら恋に花」/英田サキ(笹生コーイチ)
エスを読みたい、読みたいと言っておきながら
地層の上から読むためこちらが先に来ました。
エスは…下から8・9冊目ですか…うっうっ。

この悔しさを積読を減らす気力に変換することにします。

さて、この作品はテーマはヘビィですが花丸らしく
ライトな感触でした(合ってないともいう)。
それでは感想です〜。




ひと目会ったら恋に花
ひと目会ったら恋に花

英田 サキ著
白泉社 (2005.12)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

☆下宿シリーズものがお好きなら。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

☆人物とあらすじ
幸村匡樹(ゆきむら・こうき) 受
一流商社に勤めていたが、取引先に迫られて自己防衛で殴ったところ左遷に。
さらに火事で住む所を失い、友人のいとこが管理人の下宿「桂花荘」へ引っ越す。
…なんだかひちわさんの「ベッドルーム〜」の千紘並みの不幸さです。

中馬一成(なかま・いっせい) 攻
「桂花荘」の住人で元ホストのラーメン屋という変な男。
どちらかといえば寡黙だが男臭さ(フェロモン)はプンプン。


本社でのすったもんだがあり、「桂花荘」にやってきた匡樹。
そこは社会人専用という印象に反し、アットホーム。
住人は海老縛りにこだわるエロ漫画家、超美形だが謎多き助教授、
アイドル顔負けの明るい鳶職人、温和な管理人、そしてワイルドな中馬と、
バラエティ豊かなイケメンたちが揃っていました。

下宿に入ってくるなり歓迎会ということで酒盛りになり
酔っ払った匡樹は中馬に支えられて部屋に戻ります。
そこで酔っ払っているのか、中馬にキスをされてしまいます。

次の日からも「一目ぼれ」と称して口説いてくる中馬だが
匡樹が元ホストと知り、遊ばれていると考えてしまう…。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

「なんとか荘」と言えば「おおいぬ荘!」と
答えてしまう管理人なわけですが、主題がかなり違いました。
「下宿もの」というより、匡樹と中馬にお互いに共通する
経験と苦しみを中心にしていると思います。
この経験ゆえに匡樹は中馬に対して
「愛してはいけない」バイアスがかかっているわけなんですが。
このテーマはヘビィです。
経験ないだけに何とも言い難いのでここはパス。

先ほどは匡樹と千紘が似ていると言いましたが
Hシーンは「プラクティス」に似ているような。
過去の経験ゆえに萎縮するメガネ受けと
愛情をもって解きほぐす年下攻。
まあ、あそこまでねちっこくないですけど、
はやりなのかしらん(恩田陸キャラ風に)。
絵のほうは結構見えちゃってます…平気なのか?

なお、シリーズらしいです。え、エロ漫画家と助教授なの!?
鳶じゃないんだ…ガテン好き、ショック。

ヘビィなテーマでしたけどハッピーエンドになり、
下宿生活も楽しそうで、匡樹と中馬の関係性もハッキリしました。
しかし、面白くは感じましたが、どこか物足りなさも感じます。
ぜひ次の巻この2人の続きを読みたいです。

裏書きとはちょっと違う作品でした。
| [BL・小説]英田サキ | 18:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - |