-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 氷上と平常(No BL!) | main | ゲイコミ・「黒田組曲輪逢引」/松崎司 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「プライベート・レッスン」/桜木知沙子(高星麻子)
北海道を舞台にしたマンガや書籍というと
「動物のお医者さん」が真っ先に思いつくのですが
BLだと桜木さんになるのでしょうか。
4冊しか読んでないですが、どれも北海道のような。

特に地域を定めいていないものが多い中で(それが普通)、
珍しいですよね。…北海道、夏に行きたいな。

憧れをこめつつ、ネタバレ少なめな感想です。



プライベート・レッスン
プライベート・レッスン

桜木 知沙子著
徳間書店 (2005.11)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

あらすじ
「男同士のつきあい方を教えてやるよ」。親友の対木へ密かな想いを抱く陸に、
そんな提案をしたのは、大学生の笹渕。容姿端麗で相手に困らない先輩が、
どうして僕を誘うんだろう? 戸惑いながらもOKした陸。以来、週末には
陸好みのデート、まめなメール‥単なる練習なのに、笹渕はなぜか陸に優しい。
だけどレッスンが進んだある日、「いざというとき困るだろ」と
強引にキスしてきて!? …(Amazon紹介文+α)

☆穏やかなのが好きならオススメ!

*   *   *   *   *   * 

☆人物
一ノ瀬陸(いちのせ・りく) 受
高校3年生。顔はキレイだが人のことを気遣いすぎるために
自己主張に乏しく「暗い」などと言われてしまう性格。

笹渕勇馬(ささぶち・ゆうま) 攻
大学1年生で去年まで陸らの同じ高校の先輩。
ゲイと公言していたがそのオーラのために受け入れられていた。
ゲイゆえに陸の対木に対する想いを見抜いていた。
策士のくせに行動がけっこう短慮。

あらすじはほとんど修正していません。そう、シンプル。
関係性を見れば何となく流れもわかっちゃいますかね…?

*   *   *   *   *   *

読んでまず感じたのはタイミングが大切ってことです。
「Aのことが好きでも諦めてたところにBに告白されてつきあってみたら
楽しくて気づいたらBと両思いになる」なんて、実生活ではザラですよね。
(私なんて好きになるのはノンケばっかりだからそのパターン多いw)

人を好きにさせるのに最も有効なのは会う機会を
増やすことらしいです。特に初対面で良い印象を与えない人は。

笹渕はかっこいいけど遊んでる印象を与えるタイプで、
結果として付き合うには不安が大きい印象を陸に与えてますから
笹渕の戦略は間違っていなかった方法と言えるでしょう。

しかし、その手段はなんとも惚れてる弱みと言うか…
挑発的過ぎる気がしないでもありません。

「一生そうやって脳内ひきこもりでもしてたらいいさ。
所詮俺には関係のないことだし」


結果オーライになりましたが、核心だからこそ
これは少々きついかな、と思います。
「俺はお前と外に出て関係を持ちたい」と
裏返せば暗に言っているようなものですがw
彼も若いですから…カンベンしてあげましょう(何様?)。


それに対して対木っつぁんはいい奴なんですよ。
物分りが良すぎな気がしないでもないですが、
陸の気持ちを慮った上での行動ですからとやかく言えません。
対木っつぁんのほうが私は好みです(誰も聞いてない)。

はじめは陸も対木っつぁんだったのにね…。
本当に気持ちの流れって不思議です。

その人を好きになる気持ちの流れをスーッと書いているせいか、
読後感もスーッとしています。北海道の風?
ストーリーが見えても楽しく読めました。

少々展開が乙女チックですが、
「穏やかが読みたい!」ならどうぞ。

P.S.TBがなんだかうまくいかない今日この頃です。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 10:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:31 | - | - |