-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「GO WEST!」/松岡なつき(ほたか乱) | main | 警察のお世話になりました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「誓約のうつり香」/秀香穂里(海老原由里)
今日の一冊☆SMとはなんぞや?

久しぶりに日付越えの更新です。眠い。
さっさかと書きましょう。

裏書きを読んでちょっと引いたんですが、
秀さんのだし三文エロ小説ではないだろう、と踏んで購入。
安易な「ご主人様」は嫌いなのです。

以下ネタバレ感想。



誓約のうつり香
誓約のうつり香

秀 香穂里著
徳間書店 (2005.6)
通常2-3日以内に発送します。
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物・流れ
南千宗(みなみ・ちひろ) 受
いたってノーマルで平凡な性癖のスポーツ誌記者。
しかしある人物のせいで思わぬ方向へ。通称、セン(千)ちゃん。

羽沢誓史(はざわ・ちかし) 攻
伝説のSMプレイヤー。言葉攻め主体のSMが専門で
センちゃんとのHシーンもめちゃくちゃ喋る。通称、チカ。

新米記者のセンちゃんは先輩にかつがれてゲイバーに1人で入るはめに。
寄ってくる男たちから助けてくれたのは高校の同級生・チカだった。
チカは高校で同じ柔道部に所属していたライバルであり親友だったが
チカの突然のドイツの大学への留学以来交流が途絶えていた。
一緒に飲むが、電車がなくなり、チカの部屋へ行くことに。

そこで留学の理由について問いただすと、
「センちゃんが好きで、何かしてしまいそうだったから。今でも好きだよ」
と告白される。真剣なチカに答えられずにいた。

ある折、チカがSMプレイヤーで奴隷志願者がたくさんいると聞き困惑。
俺は、お前にとってそういう対象なのか?と悩み、
チカのショーを見に行くことを決心する・・・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

やっぱりエロオンリーではありませんでした。よかった(安堵)。
SMとはなんぞや?という捉え方が面白かったです。

チカの中ではSMは「仕事」なのです
(もちろん私生活でもその気は多分にあるのですが)。
奴隷を調教し、屈辱と快感を与える、「仕事」なのです。
なのでチカはSMがしたいけど嫌がることが
わかっているから大好きなセンちゃんにはしないのです。

しかしチカのSMが言葉主体とはいえ、性的なニュアンスが
あるために、センちゃんにはその差が良く分からない。
チカに思われてるゆえにされない、というのがわからず、
チカにとって大事だと思われるSMをしてこない、
それは自分に満足してないと言うことでは?

と思ってしまうわけです。
外から見たら分からんよね、それは…。

愛の言葉を言いなれてる遊び人が本命の自分には
愛を言ってくれない、というのに似てますかね?
大事だからこそしない、と言う点で。

書下ろしでもその疑問に終始。
奴隷との絆を見せられたりしたらね…センちゃんに同情します。

で、結局、答えは・・・出ません。
チカは簡単に奴隷に堕ちないセンちゃんが好きで、
でも余計におとしたいという願望持ちで、
センちゃんも伝説のプレイヤーの本気にかかっては
どうなるか分からない…と弱気なのですが。
結局、センちゃんが持ちこたえる限り、
この関係のままなんでしょう。
センちゃん…頑張れ!(ひとごと)

いや、いまでもHシーンでは十分言葉で
陵辱してますけどね、愛があるからまだ平気かな…。

秀さんの調教好きの深さを見た気がします。
色々と考えさせられた一冊でした…
| [BL・小説]秀香穂里 | 01:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:06 | - | - |