-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3月購入予定表 | main | 「君とハルジオン」/木下けい子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「覗く瞳、濡れる心」/中原一也(室上ハル)
今日の一冊☆当社比、120%増しの男前受け。
(by 中原さんのペーパーより)


これで7冊目の中原さんの感想です。

そうそう、中原さんといえばネット注文していた
同人誌が1週間前に届きましてようやく読了。
nosuさんへの返答に「これから読む〜」と書いたのはこれの事。
同人誌なのでネタバレはしませんが
竜崎と国武が相変わらずエロオヤジでよかったですw

話を元に戻して、こちらの紹介&感想です。



覗く瞳、濡れる心
覗く瞳、濡れる心

中原 一也著
イースト・プレス (2004.11)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

☆人物・あらすじ
桐原涼一(きりはら・りょういち) 受
クラブを3軒も経営している若手実業家。
親の借金をホストで稼ぎ返した経験有り。
ホスト経験を生かした店作りで従業員に好かれている。
久瀬以外には冷静だが、食い物の恨みは恐ろしく忘れない。

久瀬(くぜ・?) 攻
新進気鋭の写真家。いつも人を喰ったような挑発的な態度だが
なぜか彼の写真は感動させるものがある。
桐原が唯一ペースを乱される男。

オーナー桐原が自分の店の奥で仕事をしていると、
従業員に「桐原さんに用事があるという男が店に…」と呼ばれる。
ヤクザか?と尋ねるが、それとも違う雰囲気だと言う。
とにかく目で確かめることにした桐原。

なんとそこにいたのは6年前に桐原の身体を好き放題に拓いた挙句、
忽然と姿を消した、高校大学と親友で元恋人の久瀬だった。

突然何も無かったように帰ってきて、また桐原をおちょくる久瀬。
久瀬のペースに巻き込まれたくないと思いつつも
冷静なオーナーも久瀬を前にすると激昂してしまい、
言葉巧みに1晩泊めさせることとなってしまう。

しかし、食わせ者の久瀬は出てゆくどころか居ついてしまい…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

この作品、積読状態が長かったんです。
なぜなら表紙の二人がなんだか怖くて…色使いも独特だし。
しかし、読んでみたらこのインパクトのある絵が素敵!
特に、桐原がメチャクチャカッコいい!

絵もカッコいいのですが、中身もカッコいい桐原。
親の借金を返すためにホストをして、
返し終わったらさっさとノウハウを生かして店を出し、
繁盛させて…冷静で、男気があって、骨があります。

メチャクチャむかつく久瀬に身体を弄ばれてよがっても
高潔で、ある事件で脅迫されても怯まない。格好いい。

作中で桐原に横恋慕する男がいるのですが、
その男も桐原が絶対に攻だと思っていたぐらいに
BLの受けらしくない受です。
でもHのときはその相手にだけメロメロに…という。
つまり、中原さんらしい受け。
「心に手錠〜」でもそうでしたが
受けっぽくない受けが好みなのかも、私。
大人の受けはこうでなくちゃね。


久瀬もかっこいいのですけど…。
あまり仕事をしているシーンがない上、
ほとんど桐原のテリトリー内で問題が進むせいで
途中まで桐原ほど強い印象が残りません。
ただ、ラストにTVに映った時のセリフは痺れました。


そしてあまり本筋に関係ない話。
作中に出てくる桐原・恨みの「神戸ぷりん」とは
かの通販等で有名なトー○クのプリンなのでしょうかw
表記がわざわざひらがなだし、きっとそうなのでしょう。
それは恨むよね、桐原…美味しいもん。久しぶりに食べたいな。

大事なことは忘れるが食い物の恨みは忘れない、
そんな桐原は最終的にとても可愛いキャラでしたw


神戸ぷりんが気になる方は…って違った、
男前むんむんな受けを読みたい方、オススメ!です。
| [BL・小説]中原一也 | 22:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |