-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エッセイ三昧(No BL!) | main | 「ワイルド・ワイルド・ウエスト」/高尾理一(雪舟薫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夜情にゆだねて」/秀香穂里(ヤマダサクラコ)
今日の一冊☆若旦那と板さんの和服萌え

夜情にゆだねて
夜情にゆだねて

秀 香穂里著
白泉社 (2006.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

うらがき
大手出版社の編集者である篠原遼路は、急遽不本意ながら故郷の金沢へ戻った。兄の雄平が駆け落ちして父が倒れたため、期間限定で家業の老舗温泉旅館の主人となったのだ。不慣れな着物姿で旅館の若旦那業に苦労する遼路へ、若き料理長の鬼嶋龍司は何かと辛く当たる。料理の腕は一流だが倣岸な鬼嶋を苦手に思いつつ、遼路は彼にかつての恋人の面影を見出してしまっていた…。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ネタバレ濃い目と薄目を分けるために
試験的に上に絵とあらすじを持ってきてみました。
どちらが見やすいかしらん?ご感想いただけると嬉しいです。

そうそう、辞書で「夜情」をひいても出ませんでした。
意地で探したら中国語で「一夜情」という言葉があり、
「ネットやバーなどで知り合った男女が一夜限りの恋をする」ことらしい。
いろんな言葉があるものです。

まあ、この作品では単に「夜の情交」の意味かと…。
それでは以下、ネタバレ濃い目感想です。




人物と濃い目のあらすじ

篠原遼路(しのはら・りょうじ) 受
金沢の老舗旅館「志乃や」の次男。もともとゲイで、窮屈な田舎の
煩わしさや後継ぎに関係ないことから東京で暮らしていた。
ブアイソーで内向的なため、客商売に向いてないと自覚している。

鬼嶋龍司(きじま・りゅうじ) 攻
すごい字面のとおり、こわもてで寡黙。板前、ひいては旅館の仕事に
とても厳しい。料理に関しては天才的な技術を持ち、
あてこすりやからかいもなかなかのもの。

東京で出版社に勤めていた遼路。家業とはノータッチな生活だったが
兄が駆け落ち、父が倒れるという非常事態により母に呼び戻される。

東京での生活、特に恋愛関係において疲れきっていた遼路は
やぶれかぶれで仕事をやめたが、旅館の仕事が向いていないと
わかっていたため、期間限定の若旦那となる。

腰掛け気分の遼路に喝を入れたのは父や母ではなく、板前の鬼嶋だった。
食べ方、態度、姿勢に厳しく、皮肉や当てこすりを交えながらも
至極まっとうなことを忠告する鬼嶋。
初めは苦手だったがもっともな忠告のため、次第に彼の言うことを聞き
少しずつ若旦那としての仕事ぶりを身につける。

しかし、彼が苦手だった理由はもうひとつあった。
東京で別れた恋人にその態度や頑なな面持ちが似ていたからである。

そんなある日、その別れた男が「今金沢にいる」と連絡をよこしてきて…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

秀さんのキャラにしては仕事ができない受けです。
出版社での仕事ぶりはともかくとして、
突如旅館の仕事ができるはずもなく、バイト並です。

最終的に心持ちは跡継ぎの自覚を持つほどになるんですが
本当に終わりのほうでしかその仕事ぶりの片鱗が見られず残念。
腰掛けからの改心もちょっと早かったかな…。
ひねくれてないんです、良くも悪くも。

しかし、タイトルどおり遼路の「夜の情」の面は淫乱で
(花丸だから大して表現はきつくないが)、龍司を誘惑するわけです。

そのシチュエーションが美味しい!
温泉旅館といえば「露天でムフフ、浴衣でしっぽり」。
そのどちらとも自然にできる上に
普段も夜も和服まみれ、というわけです。
和服を着慣れてる人の乱れってのが美味しい(断言)。

いまいち龍司が遼路に惚れたのが弱いですけど…
まあ、夜の情から関係がスタートしても
若旦那として、パートナーとして成長してゆく遼路に
好きになってゆくってのは理解可能なので良し。
板さんとしての龍司は秀さんらしくてかっこいいですよ。

もう1つだけ、気になることがあります。
遼路の「兄がかけおち」とあらすじで書きましたが
相手はです。しかも元生徒。
(父親ダブルショーック!)
ちなみに兄は男子高の教師。美味しくないですか?
決して短慮ではない兄が駆け落ちまでしたその行為の深さ。
そしてその相手もこれがまた可愛いんだ、しっかり者で。遼路より…コホン。
もうすこし、と言うところでその先がわからないので
とても応援したくなるカップルでした。

和服萌えとサブカップルが気になった1冊でした。
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |