-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「夜情にゆだねて」/秀香穂里(ヤマダサクラコ) | main | ライトノベル完全読本 vol.3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ワイルド・ワイルド・ウエスト」/高尾理一(雪舟薫)
今日の一冊☆見た目は麗しく、中身は楽しい掛け合い。

ワイルド・ワイルド・ウエスト
ワイルド・ワイルド・ウエスト

高尾 理一著
心交社 (2004.8)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

うらがき
綺麗な顔と優秀な頭脳で当然のようにエリートコースを歩いてきた斎木明紘は、会社と妻に裏切られ、全てを失った。傷心を癒すため訪れたアメリカで、明紘は道に迷い、見知らぬ牧場のフェンスに車で突っ込んでしまう。そこに颯爽と現れたのは、黒馬に跨った野性的なカウボーイ、ダグラス・レインハート。だが彼は明紘を助けるどころか、投げ縄で捕まえ縛り上げてしまった!ダグラスの逞しい肉体と不遜な態度に怯えながらも弁償を申し出る明紘だったが、「金の問題じゃない」と聞き入れてもらえず、牧場に滞在することに。

☆オススメ!

先日、「GO WEST!(記事に飛びます)」で金髪碧眼がツボ、と申しましたが
訂正です。黒髪碧眼もツボなんです。
黒髪で碧眼のハーフの子が欲しいです…。
あ、成功作に限りますよ、観賞用だもの。
自分の子は無理だしね!

それでは今日は黒髪碧眼カウボーイの感想です〜。
二段階紹介方法試験中。




☆人物・あらすじ
斎木明紘(さいき・あきひろ) 受
美人で秀才なのだが自分では線が細く神経質で男らしくない容貌が
嫌いな28才。通称、アキ。コンプレックス気味の容貌を
カワイコちゃん、などと言われると(ダグラスには)ためらわず殴る。

ダグラス・レインハート 攻
黒髪碧眼でいかにもカウボーイな逞しい32才。
冗談なのか本気なのか分からないくらいの言動と
ポジティブな思い込を繰り返していつもは冷静なアキを
怒らせて呆れさせる。元ロデオライダ。

今まで一流企業に就職、上役の娘と結婚とエリートコースを歩んできたアキ。
しかし、お互い好きでもなかった妻の浮気が原因で離婚。
妻の父である上役は醜聞を口封じするために
多額の慰謝料とひきかえにアキを会社から追い出した。

アキは気分転換にと旅行会社の友人の提案によりアメリカ・テキサスへ。

しかし彼はテキサスで迷子になり、見知らぬ牧場の
フェンスに突っ込んだあげくぶっ壊してしまう。

おろおろしているうちにカウボーイ・ダグラスに盗人と勘違いされお縄に。
誤解を解き弁償を申し出たが、金で始末をつける態度が気に入らないらしく
「お前が直せ。その間はウチに泊まれ」と強引に決められてしまう。
もちろん冗談じゃないとばかりのアキだが
ダグラスの牧場主であるハーヴェイの歓迎もあり滞在することに…。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

2人の会話がべらぼうに楽しかったです。少し会話文を引用しますと

アキ(以下)「俺はともかく、あんたは?恋人はいないと言っていたが」
ダグラス(以下ダ)「いねぇよ。だから、目の前のカワイコちゃんを
どうやって口説こうか、考え中」
「まだそんなことを言っているのか?気を悪くしないで
もらいたいんだが、あんた、ゲイなのか?」
「(略)…俺はお前が気に入ったから、口説くんだって。
でも、俺は紳士だから、無理強いはしねえ。
お前のほうから、『ダグラス様、愛してる』って
言わせてみせる。オーケイ?」
「ダ、ダグラス様、愛してるって、俺が言うのか、俺が!
あんたのギャグセンスは最高だな!」
「冗談で言ってんじゃねぇ!」
「ほ、本気なのか、余計におかしいじゃないか!」
「くそっ、まだ笑うか、お前!」
「(略)…こうなりゃ、絶対に言わせるぞ。ダグラス様がいないと
生きていけないって、なにがなんでも言わせてやる!」

四六時中このノリなんですもの。
真剣なんだけどガキっぽいダグラスの性格が
もう分かってしまいますね〜。

ダグは他にも「離婚」「クビ」などのNGワードをバンバン言います。
惚れた相手の気になるところ、大人なら聞かないところを
そこまで聞いちゃうのがガキなのです。
まあ、ガキゆえか、痛みを突いて抉ってアキを楽にしてゆく
ダグに良くやった!と言ってやりたいです。
最後のほうのガキっぽい意地も
男の子だから、許してあげましょう(何様だ)w

アキもこのガキ相手だと大人になりきれず
ちょいガキっぽくなってしまうのも一興。
大人なんだけどお互いには子供っぽいってツボです。

他にも魅力的なキャラ、ハーヴェイがいます。
彼がいなければアキが滞在することも、
アキとダグがトラブルに巻き込まれることも、
2人が出会うこともなかったであろう、キーマンです。

昔誰かが「老人がよく描けている作品は面白い」と言ってましたが
そのとおりですね。愚かな所もありますが愛すべき人物です。


「GO WEST!」と違うのは受けの仕事での違い。
今までの人生とは違う価値観をみつけることは同じですが
「GO〜」では仕事面でアシスタント的な役割でした。
しかしこちらではダグたちに対して付け焼刃のカウボーイではなく
経理や事務能力でサポートするってところが
受けの昔のキャリアと賢さを感じさせてくれるんですよね〜。
男にしろ女にしろ素敵に働いている人のほうがかっこいいでしょう?

単なるシンデレラではなく、会話同様、
お互いが比肩して働く姿がとても好印象でした。

高尾さんは実は初読みでしたが儲けもんでした。
もっと読んでみたいと思います。
オススメあったら教えて下さいね〜。

P.S.20000を超えました。
ドジでのろまな亀ですが(…知ってるかな?)、
これからもよろしくお願いしますポッ
| [BL・小説]高尾理一 | 22:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |