-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ワイルド・ワイルド・ウエスト」/高尾理一(雪舟薫) | main | 「臆病な背中」/おのにしこぐさ(夏目イサク) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ライトノベル完全読本 vol.3
BL大分析が読みたくて借りました。
たまにはこういう作品紹介本もいいのではと。
良い悪いは置いといてこれが図書館にあるとは
BLもオープンな時代になりましたね〜(嘆息)。

ライトノベルも好きですから全体的に楽しみましたが
もちろんBL大分析を重点的に読みました。

内容を少しずつですがご案内です〜。
長いですよ!



ライトノベル完全読本 Vol.3
ライトノベル完全読本 Vol.3

日経キャラクターズ!編
日経BP社 (2005.12)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆Amazonへのインタビュー
Amazonを選んだのはとても鋭い!
>昔の少女漫画のようにBLで夢見るのでは
この論は少し共感。

他にもSHYノベルス、英田サキさん、アラブ、ヘタレ攻めなど
BL好きには物足りない情報ありがとう。
それよか、AmazonのトップページにBLの本が、
しかもいらないのばっか出てくるのを直してください、Amazonさん。

BLノベルスとコミックの売り上げランキングは面白かったです。

☆BLの年表
1970年竹宮恵子「雪と星と天使と」という少年愛の走りから
耽美、やおい、ボーイズラブ、と時代の変遷を綴ったもの。
これはなかなか通向けです。勉強になります。
びっくりしたのはマクドナルド1号店よりも
早いスタートと言うことでしたw

「女性による女性のための同性愛もの」の歴史であって、
それ以前、たとえば三島由紀夫などの男性視点の物は含みません。

☆基礎知識
攻め受けからの本当に基礎知識。ここはパスッ。

☆BLゲームシナリオ作家のコラム
BLにはまった道のりとともにBLとは、を説いています。
女性としての状況・視点を多分に含むため
男の私には難しいところもありましたが、
自分の道のりをベースにしているのでそれは当たり前か。

「BLという語には男性同士の葛藤を感じない」には共感しました。
違うのは私はBLでもなんでも買っているという点ですw

☆PS2におけるBLゲーム
大躍進してるらしいですが…あまり興味ないのでパス2。

☆BL雑誌&レーベル解説
CPの年齢とHシーンの回数で作った表に
主要雑誌・レーベルを置いて比較したもの。
とても分かりやすく、初心者には嬉しい特集。
出版社によって同じ著者でもカラーを変えるのが
当たり前な世界ですから(普通の文芸誌ではあまり見ない)。

自分の好きなレーベルが世間的にどのくらいなのか調べるのもいいかも。

☆ビブロスへのインタビュー
おぉ、この発想と実行は素晴らしい。
Juneと全く違う路線を築いた先見には平伏します。
でも話している内容は特に・・・w

☆BLタイトルセレクション
テーマ(古典、学園、泣ける、etc)別にノベル・コミックを紹介。
聞いたことはあれど読んだことは無いのがほとんどでした。
古典は必見ものです。

☆BL研究者の極私的BL論
どうしてBLが発生したか、BLにパターン化はなぜ多いのか、
なぜメガヒットはなくとも手堅く売れるのか、などを
男性優位社会・フェミニズム・ジェンダーなどの
社会的な女性の立場の流れを交えつつ考察するコラム。

まるで昔受けた大学のジェンダー論みたいでした(褒めてない)。
ミソジニー(女は男に劣るという刷り込まれた女性自己嫌悪)が
投影され、それに傷ついた心を癒して肯定するためにBLはあり、
そのミソジニーのパターンがBLのパターンになっている
(例:内向的な性格を肯定したい→強引な攻め×人見知りの受け)
…という論は面白いと思います。

正しいとは言いませんがミソジニーに限らず
自分のコンプレックスにこだわることは
現実の恋愛にだってよくあることですからね。

ただし、「BLにすがらずに生きてゆける(男性社会でない)世の中に
社会が変わることが重要」
というのは違和感を覚えます。
女性の社会的な問題を前提としているがゆえに
われら腐男子には当てはめられませんからね。

ミソジニーが大きな原因かどうかは知りませんが、
投影をしている限り、何かにはすがるでしょうね。

ミソジニーとかコンプレックスとか、重い単語よりも
現実では見てはいけない理想(無理だから)を
自分なりにセーブしてる結果がBLだと思います。

「無意識下で働いてるんだー!気づけー!」と仰るなら
無意識化なんだから知らなくていいです。

ブランド買いにはまるとかー、博打よりいいじゃん、
BLなら安いもんじゃん、と思うのは腐男子だからでしょうかw
BLがなくなった社会なんて私は要りません。

他人の意見を読むのはとても面白いです。
たまにはまじめに考察してみました。


全体的には初心者向きかな…。
図書館にあったら借りて損は無いと思います〜。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - |