-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ライトノベル完全読本 vol.3 | main | 「今宵、天使と杯を」/英田サキ(ヤマダサクラコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「臆病な背中」/おのにしこぐさ(夏目イサク)
今日の一冊☆大学生とはこういうもの

臆病な背中
臆病な背中

おのにし こぐさ著
新書館 (2006.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

うらがき
飲み会と麻雀に明け暮れる大学生・小嶋は、友人の三上から好きだと言われた。何も期待しないから今までどおりでいてほしい、そう言う三上に戸惑いつつも、小嶋はいつのまにか彼をひどく意識している自分に気づく。不意に仕掛けられる激しく官能的なキスを拒めなかったり、自分だけを特別に見てほしいと思ったり。三上へ向かう、この気持ちは…?


初読み×デビュー作×新刊という
私らしくない、とんでもない冒険です。
Dear+が最近お気に入りというのも後押ししましたが、
懺悔します、挿絵で表紙買いです。

さて、ではご紹介…。



小嶋眞(こじま・まこと) 受
週3でバイト、週1でサークルとゼミ、週1〜2飲み会、
週1日は徹夜で麻雀、つまり平凡な大学生らしい大学生。
無意識の気配り屋で八方美人きみ。友人多し。

三上秋彦(みかみ・あきひこ) 攻
小嶋の友人で麻雀仲間。頭が良く、いつもクールな美形。
ひそかに女子に秋波を送られている。

小嶋はある日、三上に「俺、ゲイで、小嶋のことが好きだよ」と告げられる。
もちろん小嶋がストレートなのを知っているし、期待もしないし、
普段どおりに友達として付き合ってくれればいいとも言う。

表面上は平静にしていたけれど、しかし、
独占欲とは知りつつも好意を寄せてきた三上に
女が近寄ったりするのはいやな気分になる小嶋。

もちろん三上とHなんてできない。
でも突然のキスを拒否できなかったり、
変に意識してしまうこの感情は何なんだろう…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

いくら好意を伝えたいだけとは言ってもその後に
期待してない、って言うくらいなら言うな、という感じですが。

三上としては知って欲しい気持ちと諦めの気持ちが
せめぎあってそんな風に言ってしまったんでしょう。
ゲイがノンケに恋をするというのは辛いのですよ…、とても。

でも、小嶋に好きにはなってもらえない、
でも嫌われたくない気持ちで言った
「期待していない」は好きになってくれた小嶋を
遠ざけてしまう境界線になってしまうのです…。

このへんのゲイとノンケのすれ違いが上手いですね〜。

三上がそんなに「好きになってもらえない」と思っていたのは
小嶋の八方美人ぶりにも大きな要因があるかもしれません。
小嶋は優しい→でもだれにでも優しい→特別の存在にはなれない
…と思ってしまうのも仕方ないかも。罪作りだな、小嶋…。

かなり三上びいきです…シンクロしてしまいましたから。


書き下ろしの話は、最後までしない三上とそれにを訝しむ小嶋。
理由が「好きすぎてセーブしてた」なんていう
陳腐なのじゃなくてよかったです。
結局、こっちでも三上びいきでした。


仲間と飲んでいるシーンが多くてなんだか羨ましいです。
私はマジメに勉強していた大学生でしたから…
嘘です、家でぼーっとしてるか寝てたんです、大抵。

自分の時間が優先だったし、後悔はしませんが
平凡と思える毎日を一緒に楽しめる仲間がいるってのはいいですね。
それゆえの仲間内でのつきあった別れたはゴメンですがw

ただね…、大学生らしさを出すためか、
会話文で語尾や名詞がカタカナになっている率が
結構ありまして…。読みにくかった。年のせい?
いくら発音がカタカナっぽくっても
カタカナで書くと見づらいとオモウンデスヨネ。

これがデビュー作ということで…
これからの様子を見たいと思います。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |