-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLCD・「愛とバクダン Vol.1」 | main | お江戸ツアー(終点は大奥CDでございまする) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「歯科医の憂鬱」/榎田尤利(高久尚子)
昨日の記事を書いてから風邪が来る予兆がして
薬はあまり飲まない主義なのでさっさと寝たら
案の定12時間近く眠ってしまいました。

おかげで歯医者の時間に遅れました。

で、待合室でぴったりなこれを読んでいました。
そのために積読しといたんだから!(嘘)

治療して麻酔が切れて痛くて思考が停止中。
本当は今日は更新しないつもりだったのですが
痛みで眠れないのでこんな時間に更新ですw

榎田尤利さんといえば。



こちらもよろしくね♪あと12票で交渉開始です…ご協力を。

では、感想です。



歯科医の憂鬱
歯科医の憂鬱

榎田 尤利著
徳間書店 (2005.8)
ビーケーワンで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆ガテン攻め好きにオススメ!

・ ・ ・ ・ ・ ・

歯医者に通う板金屋の新城穂高(しんじょう・ほだか)は
歯科医の三和悠紀生(みわ・ゆきお)がこわかった。
気の強そうな穂高にも三和は冷静に淡々ときつい口調で
「ほっとくと死ぬぞ」と恐ろしいことを告げるからである。

しかし、外での三和はいたって温和で、
メシの中に携帯を落とされようが車を傷つけられようが
怒ることさえしない。

とことん違う人種だなと思いつつも
三和に金をせびっている男の気配を感じ、
しかもその男が三和が昔好きだった男と聞いて
なんだかむかむかしてしまう・・・。

・ ・ ・ ・ ・ ・

えー、ガテン年下短気攻×二重人格受、でございます。

といっても三和は精神的障害の二重人格ではなく
自覚の無い二重人格気味の人ってだけです。
いいとこのお坊ちゃんと思いきや結構苦労してます。
そのせいでこんな笑って済ます主義になってしまったのです…。
歯医者モードの自分が嫌われてると思っているのですが
じつは患者さんにはその仕事ぶりへの信頼は篤い。

対して穂高はいかにもガテンな男です。
短気、喧嘩っ早い、頭悪い、直情。
なぁなぁにする三和に怒るわ、
無心しに来た昔の男は殴るわ。
あ、もと不良なんだっけ。納得。
惚れたら一途で昔の男気質。
その愚直な男らしさが心をくすぐる。

榎田さんのキャラは本当に良く描かれていて
2次元でも人格が見えるんですよね…。
かちっと頭の中にイメージできる。

こんなどうみても付き合わなさそうな2人のお話。
歯医者と板金屋、互いに別の世界で生きているようなのに
魅かれあってゆくのがとても面白かったですw
三和の優しさも、穂高の男らしさも、キュート!

特に穂高が「三和の性格、どっちも良い」と肯定して、
三和も応えるように怒りも笑いも見せるようになっていく、
そのあたりがとても好きです。


後編の書下ろしではプレゼントですれ違いのお話。
これは難しいですね〜。

本当は三和のプレゼントが嬉しいんだけど、
自分のプレゼントが金額的に低いのが気になってしまうんです。
とくに穂高は男のプライド高いぶん、
年下だからってそれに甘えられないんです。
高額なものを贈られて受け取れない穂高のプライドも、
どんなものでも恋人が欲しいものをあげたい三和の気持ちも、
よく分かるんだけど…働く大人だからこその問題です。

出会い編も良いけれどお互いを思いやる気持ちが
より見られて楽しかったです。
穂高のへたれっぷりが良く見えるしねw
三和を好きすぎてがっついちゃう若さも可愛い。
ガテン攻好きにはたまらないのでは。

榎田さんにしてはストーリーよりキャラのほうに魅かれた1冊でした。
| [BL・小説]榎田尤利 | 02:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:40 | - | - |