-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お江戸ツアー(終点は大奥CDでございまする) | main | ゲイビデオとBL >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「B.L.T」/木原音瀬(稲荷家房之介)
B.L.T=ベーコン、レタス、トマト、なんですね。
てっきり人名か難しい単語の略かと思っていました。
サンドイッチ自体が人名ですからてっきりそうかと。
知らないって恐ろしいですね。

これはおとなし木原作品でオススメいただいた本なので、
確かにそれほど厳しく無かったですが、木原さんでした。

それでは感想へ…。



B.L.T
B.L.T

木原 音瀬著
ビブロス (2002.2)
ビーケーワンで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆比較的軽めの木原作品…らしいw

☆あらすじ

大学生の北澤眞人(きたざわ・まさと)は書店の面接に来ていた。
そこで初めて会った店長は大宮雄介(おおみや・ゆうすけ)であった。

北澤は大宮との出会いを思い出し始める。

大宮は北澤が中学生のとき、チカンをしてきた男である。
そのアクシデントと勉強不足でそのテストはさんざんだった。
夏休みに補習が入り、予定してあった旅行にも行けない。
両親も仲が悪いし、お金も無い。
そんな鬱憤を晴らすように、落としていった財布から電話番号を突き止め、
サラリーマンの大宮を脅しておもちゃのようにして振舞った。
わがままな北澤に辟易しながらもそれでも大宮は好きといってくれていた。

しかし、北澤は両親の離婚とともに引っ越したため
大宮との交際を断ち切ったのである。

5年ぶりに再会した大宮は「君を雇う気はない」と
拒絶もあらわにしていた…。

・ ・ ・ ・ ・ ・

痛くない…痛くないけど比較的であって、
「あんっ…ラブ」などのセリフを求めてはいけません。
同じ著者でも「Don't worry mama」などと違い甘さがないです。


北澤はとても自己チューです。
だって、大宮を無断欠勤させて自分の父方の祖母の家まで送らせて、
そのうえ夏休みだけの滞在かと思わせといて
全く交際を絶ってしまうんですよ!?
あらすじで「交際を断ち切った」と書きましたが
断ち切るどころでなく、ぶった切るって感じですね。

しかも大宮とつきあうようになってから
「あれは必要なことだった」っておい!と思ってしまいました。
たしかに必要だったけどさ…。
北澤は北澤で傷ついてても君が言っちゃダメだろw

許しちゃう大宮も大宮だけど。
散々切り捨てられて会社首になって、新しい生活になって
彼氏もいる(うまくいってないけど)のによく許せるなぁ。
彼氏との間が上手くいってれば育たなかったかもしれない気持ちに
自分で戸惑ってしまっているのがなんとも情けない…。

テーマとしては好きの気持ちの移り変わりだと思うのですが、
そんじょそこらにある表現ではありません。

鈍器で殴りつけられるというよりも、
ガラスで切りつけあうような鋭い痛みです。
綺麗な絵空事ではなくて、人間のドロドロとした
怒りや憎しみや狂気をまざまざと見せ付ける描写です。

大宮の現在の彼氏である千博が最たる人です。
女王様然で、自分は浮気性でも、
捨てられるとなると自殺未遂をしてまで
心をつなぎとめようとする千博は狂気の塊。
愛とかではなく、単なる確執でそこまでするんですよ。
お、重い…。

そして自分に執着する千博を見て
さらに大宮の考えることが暗い…重い…痛い。


それでも最後にはわずかな希望があるわけです。
はっきりとした結末を迎えないのですが、
きっとこうなって欲しい!という望みを
垣間見せてくれるのがまだ救い。
たったそれだけでも暗い面が多い分、
とても救われた気持ちになります。
まるでパンドラの箱みたい。

こんなに読むと心が痛むのに読んでしまいますw
少なくとも明るくてエロだけの作品よりは
ずっと楽しめるし、考えさせられるから…。

オススメは…いつも甘〜いのを読んでいて、
食傷気味なの…という方にオススメです。
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |