-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山田ユギ様救助隊 | main | それはミステリ? 〜銀の檻を溶かして(高里椎奈) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2日連続で山田靫ネタ
ただでさえタイプ速度が遅いというのに、
オークションに熱中していたせいで
余計遅い時間にアップになりそうな今日この頃です。


昨日は久々に萌えて燃えて。
山田ユギ(靫)はやっぱりいいっ!

(あ、小耳に挟んだんですけど「ユギ」って昔は漢字表記で、
正しく読んでくれないからカタカナにしたって本当ですか?)


小説を読む間に一冊、一冊と読んで、
3冊読み終わりました。
小説は今夜中には終わるんじゃ・・・ないかと・・・


それぞれの(個人的な)萌えどころを交えつつ、
感想を述べていきます。

正直言ってアフィリエイトって
めんどくさいんですけど(お金欲しいわけでもなし)、
やっぱりコミックですから
絵がないと寂しいので一冊だけ絵つきです。

最後のドアを閉めろ! 2
最後のドアを閉めろ! 2
山田 ユギ
ビブロス (2004.6)
[BK1]

実を言うとこれの1は読んでなかったりして・・・
いや、この作品の主役カップルの攻の兄弟が
メインになっているこちらは読んでいたので
いけるんじゃないかと思いまして。
というか・・・この攻の本田賢三氏が大好きなのですよ。

基本的には冷静なんだけど
ちょっと嫉妬深くてエロ魔人w
で、一緒に家を買う夢を持ってたりして・・・
なんかかわいくないですか、そういう男って。

ついでに個人的には野球のユニフォームが似合ってるのがポイント高いね!
野球は興味ナッシングなんですけどユニはぐっと来ます。


------------------------------------

野球のアンダーシャツを脱いだ背中を
受の永井さんがなめて

「しょっぱい・・・」

-----------------------------------

というシーンはかなり来ました。

もうひとつ収録されている「誰にも愛されない」も
面白かったです。受がかわいいw
基本的には攻がすきなのですが・・・
それは管理人が基本的には受けなせいでしょう。

一般腐女子と同じ・・・ですかね?
腐女子の気持ちはわかりませんから・・・。
一般的な腐男子のほうがもっとわかりませんが。


2、太陽の下で笑え。

さっきのリンクはBK1でこっちはアマゾンだったりして。
画像があるほうがいいですよね、せっかく張るなら。
リンクを張ってわかりましたが、よく見たら
管理人の買った物と違います。
1999年ですからしかたないですが・・・。

リンクのものはコミック文庫のようです。
え、書き下ろし込みなの・・・?
どうしよう・・・欲しい!


大雑把に言えば高校の仲良し3人組のお話。
登場人物の名が壮平、チカ、直樹です。

さらっと言っちゃうとチカ×壮平ですが、
直樹は残りの1冊で収録されている
「ワイルドマンブルース」で主役になっています。
よかった、一緒に買っておいて。


この攻のチカの10年越しの恋、不器用さは萌えました。
が、いかんせんメガネが。
メガネは萌えではないのです。
おそらく管理人、仕方なくかけているせいでしょうか。


また寄り道話ですが、メガネ系男子?とかいう本が出ているようで。
パラパラっとみたけどそれほど楽しい作りではなかったような・・・
隣にあったRラモンHGの本に圧倒的に負けて
いたのは悔しかったですが。


管理人、ああいう類のおばかさんは大嫌いですの。


ずいぶんと逸れました。次です。


3、水温む

超大まかなあらすじ
振られやすく惚れっぽい大西、
隣に越してきた子持ちの高見に運命の恋をするが・・・

ちょっと重めですかね。
でも大西君がのーてんきに楽天的に
つっ走ってくれるので楽しい楽しい。

先述した、直樹と相手の鮎太郎の話のほうも素敵です。

最後のクライマックスシーンより。


-----------------------------------------------


「直樹は俺じゃやだ? ・・・・・そうか・・・」

部屋を出てゆく鮎太郎。

ためらっていた直樹が決心して追おうとしてドアを開けた瞬間、

「遅い!・・・湯冷めするだろ?」

と言って待っていた鮎太郎・・・

-----------------------------------------------


素敵!鮎太郎、GJ!

直樹もためらっていた理由が色々ありまして、
そこんとこをもし読んでくみとってもらえたら
管理人がこんなに盛り上がっているのがお分かりいただけます。

・・・やっぱり、そういう感動って自分で見たほうが楽しいですよね。
伝える能力がないという理由もありますけど。


好みはあっても、やっぱり山田ユギさんは面白いです。
絵がちょっと・・・な人でも、1冊読んでみると
印象変わるかもしれませんよ。
というか、管理人がそうでしたw

レッツトライ!
| [BL・コミック]山田ユギ | 01:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:09 | - | - |