-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「隣のしばふ」/寿たらこ | main | 「愛のレイティングAAA上・下」/井村仁美(如月弘鷹) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「人形の爪」「鏡よ、鏡」/榎田尤利(石原理)
眠る探偵シリーズのホワイトハート版です。
Juneノベルスで出版されていた眠る探偵(記事に飛びます)ですが
小ジュネ休刊に伴い講談社X文庫ホワイトハートに出版社を変え
イラストも青海信濃さん→石原理さんに変わって刊行されました。
小説Juneがなくなったのはとても残念なことですが、
このように形を変えてでも刊行されるというのは嬉しいですね。

あ、ついでと言っては何ですが、こちら(↓)もよろしくお願いします。




あと10票まで来ました!お力添えを…。

それではちょっとネタバレ感想です〜。



人形の爪 眠る探偵 
人形の爪 眠る探偵

榎田 尤利著
講談社 (2005.4)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

「人形の爪」のうらがき
東京都新宿区大久保、雑居ビルの四階に、美貌の眠る探偵・市羅木真音が働く市羅木探偵事務所はある。社員は探偵とその異父弟・不破隆、それに探偵の十四歳になる娘・笑子が中心という、家族経営の良心的かつ小さな事務所だ。そこに、ある日、ひとりの女子高生がやってきた。母親から人形扱いされている弟をなんとかしてほしい、と。それが悪夢の始まりだった。


鏡よ、鏡
鏡よ、鏡 眠る探偵2

榎田 尤利著
講談社 (2005.5)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

「鏡よ、鏡」のうらがき
「真音、何人殺せば、俺のものになる?」他人の夢を覗くことで事件を解決に導く超絶美形の探偵・市羅木真音。ある日、彼の探偵事務所に新たな依頼者・小山が訪れるのだが…。天才的犯罪者であり、真音と兄妹のように育った槇は、真音を手に入れるためならば、軽々と人を殺してしまう。この事件に槇は関わっているのだろうか?真音たちの新たな闘いが始まった。

・ ・ ・ ・ ・ ・

まあ、このうらがきだけでほぼ登場人物はお分かりとは思いますが。
まず、眠る探偵こと市羅木真音(いちらぎ・まおん)。
眠るとその近くに居る人の夢を見ることができる。

それから真音の腹違いの弟で助手の不破隆(ふわ・たかし)。
ガタイがよく無愛想でふけ顔のため真音の兄とよく思われる。
しかし中身はまとも。

真音の娘にして最高権力者・市羅木笑子(いちらぎ・えみこ)。
中学生だが一番賢く、しっかりしている。

この三人と、心理学者の蓮雀利彦(れんじゃく・としひこ)、
そして探偵のお仕事…
ここまではJuneノベルスからそのままです。

大きく異なるのは物語のジャンルの比率。
Juneノベルスでは探偵:BL=9:1ぐらいでしたが、
ホワイトハート版では探偵:サスペンス:BL=6:3:1です。

シリーズ化を前提としたためでしょうか、
事件を陰で操る黒幕の男の登場や、真音の過去の話などによって
サスペンス性がぐっと増して物語にとても奥行きが出ました。

BLは相変わらず蓮雀と真音のHシーンと、
黒幕の男・三条槇(さんじょう・まき)が
真音に恋愛レベルを超えた固執をしているところ…ぐらい。
BLっぽくないのは一緒だったりするw

昔良くあった、BLはないけれど匂わせるものと逆で、
BLが前提だけれどメインでない、そういう雰囲気です。


読んでいてやっぱりすごいと思ったのは榎田さんの文章力。
ストーリーもライトノベルのサスペンスとして
まったく可笑しくないレベルだと思います。
幼稚園児に芽生える殺意なんてちょっと鳥肌立ったもの。

BL作家でBLでなくてもやっていける文章力の持ち主が
どのくらいいるかわかりませんが、そう多くないかも。
(ぜったい○○と△△と××は無理だ!好きに当てはめて下さいw)

…ん?てことは、榎田さんレベルの人が
BLを書いてくれてよかったぁ!と感謝すべきだろうかw
榎田さん、ありがたやありがたや〜。


ちょっと悲しいのは、青海さんにしろ石原さんにしろ、
大きな声でいえないけど顔が怖いんですけど!
文は榎田さんだから、いいんですけどねw

一般ライトノベル寄りだからBL専門の方にはオススメできませんが
そっちもOK、という方や、榎田さんならいい方なら
ぜひ一読をオススメします。
| [BL・小説]榎田尤利 | 00:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:43 | - | - |