-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「人形の爪」「鏡よ、鏡」/榎田尤利(石原理) | main | 「灼熱のハイシーズン」/秀香穂里(長門サイチ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「愛のレイティングAAA上・下」/井村仁美(如月弘鷹)
上下巻そろいましたので読みました〜。

まずはおなじみ(?)、豆知識コーナー。
題のレイティング=格付けのことで、AAA(トリプルエー)は
その格付けの10段階の中で最も高いランクです。
(最近は株が流行っているようなので基礎知識?)
言い換えれば「愛の評価は満点」てとこですかねぇ。

ちなみに、このアナリストの憂鬱シリーズはこれで最終巻らしいです。
シリーズ作品と発刊時期は以下の通り。

ベンチマークに恋をして」1998.12
恋のリスクは犯せない」1999.12
誘惑のターゲット・プライス」2001.9
愛のレイティングAAA 上」2006.1
愛のレイティングAAA 下」2006.3

約7年ですか…BLでそれだけ続くこと自体がすごいですね。

それでは感想です。



「愛のレイティングAAA 上」

愛のレイティングAAA 上
愛のレイティングAAA 上

井村 仁美著
講談社 (2006.1)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

「愛のレイティングAAA 下」

愛のレイティングAAA 下
愛のレイティングAAA 下

井村 仁美著
講談社 (2006.3)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

表紙が美しい〜。そういえば銀行員シリーズも如月さんでしたね。
では、昨日と同じく、キャラからいきます。

主人公はアナリストの五十嵐邦彦(いがらし・くにひこ)、25歳。
鷲崎に憧れ尊敬しつつも心の中では追いつく目標としている。

攻めはストラテジストの鷲崎勲(わしざき・いさお)、37歳。
もんのすごい自信家で押しが強い。
ワシザキ・リサーチ・インスティチュートの社長。

それからワキ役1、鷲崎の部下・鳥海潤(とりうみ・じゅん)29歳。
毎回2人の間に何かと問題を起こす考えが読めないタイプ。
鷲崎のことが好き…らしい。

ワキ役2、ジェフリー・S・ウィリス、27歳。
邦彦達の勤めるスミス・シェファード証券アメリカ本社の社員で
現社長の息子。実力で社長の座を継ごうとしている。

ワキ役3、大熊森夫(おおくま・もりお)、30歳。
原稿依頼をしてきた出版社のやり手編集者。
ヒゲ、アロハシャツ、セクハラと三拍子。
どうしても熊夫と読んで(心の中で呼んで)しまうw

あらすじ
鷲崎の本が売れて追いつきたい邦彦が焦っていたところに、
同じ出版社からスミス・シェファード証券会社にも執筆依頼がありました。
もちろんチームで引き受けたのですが、
ライバルの鳥海も同じ時期に本を出版する予定でした。
さらにそこの編集者はまた厄介なことに尻を触ってきたり…
忙しくて会えない中、わざわざ邦彦が鷲崎に会いに行ったら
ライバルの鳥海と抱き合ってたり…
そんな中ジェフリーが告白してきたり…と大忙し。

邦彦は放置プレイ気味…仕事だから仕方ないですね。
お互いに仕事に関しては尊重しあうところがとても良い。
お互いに今の仕事が好きだからわかるんでしょう、お互いの気持ちが。

しかし絶倫鷲崎は相変わらず熊夫にジェフリーにと、
やきもち大サービスで執着して、エロオヤジw
「ここがいいんだろう?ん?」
最後の「ん?」「うん?」が超オヤジー!でかした!
オヤジ、オヤジ、ああ良い響き…うーん、非常に楽しみました。


暗いor切ないBLももちろん好きですが
井村さんの作品を読むとスカッとします。
なんと言いましょうか、ハリウッドの恋愛系です。
イギリス系の「恋愛とはうんたらこうたら…」ではなく、
フランス系の「ああ、私たちって悲恋だわ…」でもありません。
エンターテイメントに徹した作品だと思います。

それは決してレベルが低いというわけでなく、
井村さんのBLはエンターテイメント系で一流だと思います。
心理描写もくどくなく分かりやすく、Hも平均以上で楽しめて
仕事の描写も(知らないなりに)リアリティがある。
筆力あってこそのエンターテイメント。

ちなみに下巻は同人誌の再録があります。
・鷲崎×邦彦のバカップル編
・ワシザキ・リサーチ・インスティチュートの人々編
・ジェフリーの恋心編
・ダブル絶倫オヤジ編
4編とも美味しく頂きましたw
とくにダブル絶倫オヤジこと鷲崎と、「恋の診察室シリーズ」の院長が
同族嫌悪して意地の張り合いをするのがとても楽しかったです。
私って完璧オヤジずきだな、ほんとに…。

これで「アナリストの憂鬱シリーズ」、「恋の診察室シリーズ」、
「銀行員シリーズ」を読破いたしました。
次は110番シリーズを攻めたいと思います。

シリーズもの&エンターテイメントをお探しなら一押しです!
| [BL・小説]井村仁美 | 18:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:09 | - | - |