-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「愛のレイティングAAA上・下」/井村仁美(如月弘鷹) | main | 夏目イサクの挿絵ノベルス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「灼熱のハイシーズン」/秀香穂里(長門サイチ)
自転車で転びました…ぎゃぼん。

細い道の曲がり角で向こうから来た自転車をさっと
曲がって避けたのは良かったのですが、
元に戻ろうとしたときに砂利でスリップしてバターン。
ジーンズ破けて血が出ましたが、痛さよりも恥ずかしさよりも、
籠の中身(本屋の袋=BL)は!?と中身を確認した私って…うう。

その買ってきたなかの1冊です。
めちゃくちゃツボでした〜。
秀さんの作品はこれで感想書いてないものを含めて
4冊目ですが、いちばん萌えたかも。

それではネタバレかな?な感想です。



灼熱のハイシーズン
灼熱のハイシーズン

秀 香穂里著
徳間書店 (2006.1)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!(最近忘れてたな、これw)

☆人物&あらすじ
10ヶ月前、突然彼女から「別れる」と言われた工藤忍(くどう・しのぶ)。
理由を問いただしてみると「セックスが下手」と言われてしまい
ひどくショックを受け、自棄酒をはしごする。
酔っ払って喧嘩になりかけた工藤のを止めてくれた
仁科貴英(にしな・たかひで)に酔った勢いで
セックスの本当の快感をご教授願い出た。
そして本当に抱かれてしまうのでした。

そして今、その相手、仁科は就職した先の旅行会社の先輩だった。
仕事をめーちゃくちゃ厳しく言われ、
反論もけんもほろろに正論で返されてしまう。

しかし工藤は仁科は自分を育てようとしてくれていること、
仁科は言うだけの仕事熱心で自分にも厳しいこと、
いつでも真摯に仕事を評価してくれていること、などを知り
「仕事の先輩」としての仁科に魅かれていってしまう。

そんな折、工藤・仁科らオセアニア・チームの新人、
工藤発案の企画で仁科とタヒチへ視察旅行をすることに…。

☆感想
タヒチの旅行と言うと夏の夜の情熱的なムフフ…
なんてイメージを持っている私なのですが、
ぴったりでとてもローマンティック(若本則夫さんの声で)。
自分のイメージに合ったからとても萌えたのかもしれません。

ハーレークイン的なリゾラバとはちょっと違うのだけれど
床が一部ガラスになっていてエメラルドの海が見えるだとか、
人の来ないコテージ棟とか、夜に浅い海を2人で歩くだとか…。
私の乙女(漢女?)心をくすぐるんです、もろに。
南国でのラブラブは格別です。

まあ、その萌えにヒットな部分も良かったのですが
仕事でぼろくそに言う仁科が素敵です。
人のことを思って叱るのは難しいものですよね…、
怒るのは感情だからできるけど叱るって難しい。
社会人として、かっこいいなぁと思います。

そしてその教えを理解しようとする工藤もとてもいい。
叱られた理由を理解してる分、一時的に落ち込みはしても
へこたれずに仕事に励むんです。
きっと工藤はいい社会人になれると思います。
そしてこの受けの工藤から「しあわせにします」と言ったのが
すごく秀さんの受けらしくていいです。

男同士があまり葛藤しない(ゲイも多いしね)このごろのBLにおいて、
対等でありたい、負けたくないと思う事が
いちばんの障害であり、萌えなのかもしれません。
どっちのほうがいいとかではないですよ。


それからエロシーンもすごかったです…。
shiteblogさんでの「尺」の意味が良く分かりましたwこのイラはやばいです。
描写でもですね、興奮したところが2箇所。
1・「濃く硬い毛がもつれ合って軽く肌を刺していく」
元から毛に関する描写は好きなのですが、すごくエロティックでよかったw
2・「ボクサーパンツの縁に指をかけ、一気に引きおろすかどうか迷った
挙げ句、とりあえず少しずつ慣れるため、と思って上からくちづけた」

わぁー、バスローブをはだけさせた上に布ごしかw
なんでだろう、見たことあるような状況なのに
すごく萌える!想像しやすい書き方なのかも。


というわけで、大満足でした。
この狭義な萌えに共感できるなら、オススメでございます!
| [BL・小説]秀香穂里 | 00:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - |