-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「そこに愛はあるのか」/月上ひなこ(山田ユギ) | main | 「窮鼠はチーズの夢を見る」/水城せとな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「FLESH&BLOOD1」/松岡なつき(雪舟薫)
初めて申しますが歴史が結構好きです。

中学時代は歴史の流れよりも人物に傾倒し始め、
富or美貌or力を持つ人たちが好きでした。
マリー・アントワネット、エカチェリーナ二世、クレオパトラ、
マリア・テレジア、則天武后、etc。
まあ、女に生まれていたらこうなりたかったな〜と
自分を重ねて妄想してたんですね。凄いオカマだ。

高校に上がると世界史を選択して、
ホモ疑惑の男どもに惚れまくるのですが(笑)、それはまた別の話。

で、もっとも敬愛していたのがエリザベス一世。
苦難を乗り越えて立派にイングランド黄金時代の礎を築いた彼女。
(一番繁栄した時代はヴィクトリア女王ですが)
処女王と言っておきながら愛人がたくさんというのも
私の欲望を見事にかなえていた女性でした。

そんな大好きな時代+BL=冷静になれないですよ、もう。
今まで手に取らなくてごめんなさい松岡大先生!

ではちょ〜っと長めの感想です…。



Flesh & blood 1
FLESH&BLOOD1

松岡 なつき著
徳間書店 (2001.7)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る


☆オススメ!!!

☆人物&あらすじ


東郷海斗(とうごう・かいと=カイト)は今のロンドンの高校生。
とても恵まれている生活だが、家族に曲がった愛を押し付けられ、
他人を信じることができていない。
一番の友人でもある俊哉と「ドレイク船長を辿る旅」を
している間にも俊哉の信頼を裏切る様なことをしてしまう。

その旅の途中、ドレイクゆかりのホーの丘にきたとき、
イングランドに危険が迫るときに鳴るという
伝説のドレイクの太鼓が鳴るのを聞く。

その音に導かれるように海へ行ったカイトは、
なにやらゆがみのようなものを見つける。

先ほどまで俊哉と「タイムスリップするもの」について話していたため
ゆがみをそれと確信し、つい触ってしまう…


気がつけばそこは16世紀、ドレイクたちの時代、
ひいてはエリザベス二世治めるイングランドだった。
気づいたカイトはスペイン人のビセンテに助けられるが、
つい未来のスペインの敗戦を伝えてしまい
スペインの国益のために、とさらわれかける。

そこを助けてくれたが、「グローリア号」の水夫たちだった。
そしてその船長・ジェフリー・ロックフォード
身を預けられ、グローリア号の水夫見習いとなる…

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

メチャクチャはまってしまいました。
私の木枠のベッドはグローリア号になり、
イングランドの海をカイトたちと見てしまった気分です…。


とにかく面白い!

理由1・SF物として面白い
タイムスリップものとして読むこともできます。
「気づいたら〜だった」と言う安易なものでなく
しっかりと例や逸話を持ってきているので
とっても入りやすい。カイトのようにぱっと入れちゃう。

理由2・歴史物として面白い
ウォルシンガムやドレイクのように史実に存在する人物たちを
しっかりと捉えているし、話の大河は史実に基づいているので
歴史のお勉強にもなるかもw
フィクションと史実のバランスの取り方がとってもいい!
いかにもウォルシンガムが言いそう…とか思わされるw

もちろんそのための考証も濃い!
松岡さんの「好きなものこそ上手なれ」なのでしょう。
そして文だけでなく、考証は雪舟さんの絵にも
はっきりと表れています。といっても詳しくないので
細かいところは分かりませんが、素晴らしい!の一言。

理由3・そしてもちろんBLものとしても面白い
かなり性的表現は薄めですがそれもまた先の楽しみになります。
ジェフリー、ジェフリーの部下で航海士のナイジェル…、
みな魅力にあふれた美形&男らしい!
1巻読んだ時点ではジェフリー派でした。
なんちゃって海賊じゃないところがいいですよね〜、
男のなかの男ですもんね、海賊といえば。
(ちなみに私は忍者派でも海賊派でもなかったな…)
カイトだけなんちゃって海賊ですが、この時代を
なんとかひやひやで切り抜ける彼にシンクロしちゃいます。


のめりこめる作品、また一つ発見です。
後悔しないように読んでカイトたちとともに航海しましょう!

P.S.続きを新刊で買ってしまおうか悩み中…
| [BL・小説]松岡なつき | 22:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - |