-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2日連続で山田靫ネタ | main | 古典推理物 〜江戸川乱歩・鮎川哲也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
それはミステリ? 〜銀の檻を溶かして(高里椎奈)
進まない進まないと呪いの様に申しておりました小説、
山田ユギパワーをもってついに読み終わりましたよ!

その名をもう題にてさらしておりますが、
銀の檻を溶かして/高里椎奈」です。


あらすじ
二十代後半の爽やかな青年・ザギ、茶髪のハイティーン超美少年・秋、
赤毛の男の子リザベル。彼らは薬屋を営んでいるが、裏の顔は探偵稼業。
さらに驚くべきことには彼らは・・・だった!?(裏より抜粋)


大抵管理人が読んでいる高田崇史の隣にあり
前々から気にはなっていましたが読んでいなかった作品・作者なのです。


唯月一氏が新しく拍子を担当し、ブックオフで見つけたもんだから
試してみたのですが・・・。

(以下ネタバレです、鬱憤晴らしで激長いです)
これがですね・・・合わなかったのです。

ぶっちゃけて言っちゃえば、つまらん。

文体自体はライトノベル、でもミステリ風。
薀蓄と言うか、トリヴィアルな知識をそこらにちりばめる。
紅茶はレシピエ。(今はルピシア?)
まあ、そういうの、基本的には嫌いではないです。



でも最初のトリックが雪の妖精
(雪のミステリーサークルをそう称している)を作った犯人は、

悪魔だから可能なんですよーええ、ビックリしましたぁ?」

ええ、別の意味でビックリですわ。
ミステリで、そんなんありなの?


しかも主人公たちは「妖怪」ときたもんだ、アハハ。

そりゃー腕っ節強くってもいいですし、
ちっちゃくなって監視も出来ちゃってかまわないですし、
経験たくさん積んでて当たり前ですよね。

ああ、そうか、妖怪がらみの事件を扱うんだから
妖精だの悪魔だの出てきてあたりまえですか。
そういう設定なんだから気にしないでくださいね。

って、それは免罪符ですか、それは。


最後の謎解きはまあ、いいとして、
そこにつくまでにつらかった。
反復強調するぐらい、つらかったのです。


まだまだ鬱憤は続きます。


しかも、
>二十代後半の爽やかな青年・ザギ
>茶髪のハイティーン超美少年・秋、
>赤毛の男の子リザベル
と、あらすじでのべました。そのとおりなんですが、
これが、とってつけたような感じなんです。

これをもう読んでいたバイト先の方が上手く言ってくれました。

外側だけコピペした感じ?
だから全然行動も可愛くないし、
かっこよくもないよね。キャラ薄い。」

これだけべったべたのレッテルをはっているにもかかわらず、
腐男子である管理人が読んでも、キャラに馴染めない。
読み返してはああこの人か、という辛い作業をしまくりでした。

読んでる期間が長かったためともいえますが、
それもつまらないから長く読む羽目に陥ってるわけであって。
悪循環そのものでした。


さらにさらに。(まだ!?)
>文体自体はライトノベル、でもミステリ風。
>薀蓄と言うか、トリヴィアルな知識をそこらにちりばめる。
とのべました。
が、これまた薄い・・・薄めすぎたカルピスの悲しさ。

ライトノベル調とは言っても、性格を強調させるためか
セリフが非常に装飾過多。

>「わかんないーーーーッ!」

こんな絶叫セリフ、読みづらいだけだと思うのですが。
ライトノベルって軽くてシンプルで誰でもかけそうで、
だからこそ難しいと思うのです。

乙一でもないかぎり、こんなセリフ、邪魔。


薀蓄も、中途半端。
どうせやるなら高田崇史・森博嗣ぐらいに独善的にやらなくては。
知識なんてものは本筋に必要ないんですから。


う〜ん・・・救いようのない書き方ですね。


気分悪くなるような悪辣なことばかり
書いてすみません。
でも、一人でもやもやしてると
本を投げ飛ばしてしまいそうだったので。


利用法としては、次に本を楽しく読むために読むぐらいでしょうか。
現に管理人、次に読んだ「キノの旅宗がもうそりゃ、
ヘレンケラーが初めて文字を知ったかのように
むせび泣いて楽しめましたよ。



・・・嘘です、むせび泣きはしません。


明日は楽しいこと書きたいです。
| [その他]BL以外の小説 | 00:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:30 | - | - |