-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 「危険な指先、甘い誘惑」/高尾理一(タカツキノボル) | main | 「メンクイ!」シリーズ/田中鈴木 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「闇に遠吠え、胸に棘」/直野儚羅
すみません、ここ数日スパムコメントが多いので
一時的に認証許可制を採ります。
偉そうで嫌なんですが見てくださる方に
変なのが見えてしまうのは余計心苦しいので…。

さて、ファンタジー色が強い作家さんは
えてして人以外の作品も好きなことが多いですよね。

直野さんも人狼などの獣人系がたまにありましたが
この作品はなんと、神話がモチーフです!
しかもマニアック(失礼)なバビロニア神話

ということで以下、感想というより神話紹介へ続きます。



闇に遠吠え、胸に棘
闇に遠吠え、胸に棘

直野 儚羅
ビブロス (2006.3)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆神話のお勉強にもなる一冊

☆あらすじ

魔物を呼び寄せてしまう高校生・大神祝詞(おおがみ・のりと)を
守るために現れた、とのたまったのは見た目普通のオヤジ。
天狗の狛」と名乗るそのオヤジは祝詞の胸にあるアザを
「前世につけた誓約の証」と称し、祝詞につきまとってくる。

変なオヤジにも慣れてしまった祝詞だが、彼の身の回りに起こる
魔物の災厄はそのアザのせいだと判明して…

・  ・  ・  ・  ・  ・

高校生×犬系妖怪オヤジです。
1話目はオヤジこと妖怪の狛が前世の祝詞に拾われたらしく、
その縁で祝詞が付きまとわれるお話。
2話目以降は狛の兄弟が現れてひと悶着あったり、
狛兄弟たちの因縁の敵が現れます。


そして狛たち兄弟や敵の名前や関係が
バビロニア神話(アッカド神話)と繋がっています。
神話の知識がなくとも全く問題はないつくりなのですが
知らないと因縁の深さが分からないので調べました。

まず、狛兄弟は女神ティアマトの子供たちです。
神話名で言えば、狛は狂犬ウリディシム。
それから兄弟1・アカカガチは大蛇ムシュマッヘ、
兄弟2・牡丹は獅子ウガルルム。
ちゃんと日本名とリンクしてるところが面白い。

そして敵はマルドゥクムシュフシュと言います。
マルドゥクはこの神話では天地創造の神様で、
それまでの中心・ティアマット軍勢を倒しちゃう奴なのです。
(北欧神話で言うとオーディンに近いかな?)
だから、ティアマトたちの子供にとっては仇敵なわけです。

ムシュフシュは狛たち兄弟の一人なのですが、
神話上でティアマト軍勢が倒れた後に
なぜかマルドゥクの騎乗獣として描かれているため、
裏切り者としての性格が割り振られているのです。

おそらくここにロマンティックなものを感じたのでしょうか。
確かに「裏切り」は背徳の響きを感じます(うっとり)。
このモチーフで書くのは直野さんぐらいでは…
オリジナリティ、大切。


神話の因縁だけだと重い印象ですが、
最近絵(特に動物やちっちゃい顔になったときとか)が
キュートな方に傾いてきているせいか、
このテーマなのに全体的には可愛いんですw


しかも狛たち兄弟はみんなオヤジだしー!
どうせ神様なんか寿命ないんだから青年でもいいけど、
やっぱりオヤジ受けですよ、世の中は。
Hも濃い目です…BEBOYだからかな。


ひとつ気になるのは祝詞の前世。
瀕死とは言え神話のレベルの狛を助けるぐらいだから…。
「五条大橋で助けられた」と狛が言うぐらいだから…。
安部○明さんですか…?
そんな下衆の勘ぐりも楽しいです。


ファンタジー路線が好きならオススメですよ!
| [BL・コミック]直野儚羅 | 21:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |