-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「誓いは小さく囁くように」/榎田尤利(佐々成美) | main | 「秋霖高校第二寮1・2」/月村奎(二宮悦巳) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「110番」シリーズ/井村仁美(如月弘鷹)
「110番は愛の蜜」「110番は甘い鼓動」の2冊です。

出版順としては「甘い鼓動」が先なのですが
読む順としては「愛の蜜」→「甘い鼓動」です。

なぜなら「110番は恋のはじまり」の題で花丸文庫から
出版されていたものがホワイトハートにお引越しして、
1話加えてリニューアルしたものが「愛の蜜」だからです。
ちょっと複雑ですね。
もし読まれる場合はお気をつけて…。
それでは感想です。




110番は愛の蜜
110番は愛の蜜

井村 仁美著
講談社 (2002.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

うらがき
警察学校で半年間の生活を終えた伊藤和久は、高牟礼交番で新人警官として実務研修をすることになった。ところが初出勤の朝、路上でバンに水を跳ねられてしまい、和久は車を降りてきた長身の男に食ってかかる。その相手は交番にいつも花を生けにきている花屋の店主で、管内では『結婚したい独身男性No.1』と言われる人物だった。

110番は甘い鼓動
110番は甘い鼓動

井村 仁美著
講談社 (2001.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

うらがき
交番の勤務を無事に終え、念願の刑事課に配属された伊藤和久・24歳。ところが高石警察署の面々は、お人好しの和久が来たことに不安を隠せない様子。やがて、管内で謎の空き巣事件が相次いで起こりはじめる。花屋を営む剣持薫は、多忙な和久になかなか会えず、思わぬ場所でいきなり彼を押し倒した。

☆エンターテイメント・オブ・エンターテイメント

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

まずはキャラ説から。
伊藤和久(いとう・かずひさ)23〜24歳。
昔、警察の働きぶりを見て憧れ、念願かなって警察官に。
かわいくてお人よしで鈍感で…典型的な天然受けです。

攻めの剣持薫(けんもち・かおる)は30に手が届くほど。
花屋の二代目を継ぎ、単なる街の花屋から全国的に名を広めるほどの
フラワーアレンジメントの腕を持つ。
和久に「和ちゃん」という軽く屈辱的な呼び名をつけた。

和ちゃんに傍目では誰でも分かるほどの親愛を示す薫に
からかわれていると勘違いするにぶい和ちゃんが、
迫られやられて、紆余曲折あって、恋に気づくという
まとめればBLの王道パターンです。

BLエンターテイメントの女王と呼びましょうか、
それともBL界の赤川次郎と呼びましょうか、
それに相応しい作品でした(人は死にませんが)。
あー、赤川次郎は剛しいらさんかな?(刊行ペースは)
したらば井村さんは西村京太郎さんかな…?
ま、それは何でもいいですねw


アナリストシリーズや銀行員シリーズに比べると
ちょっと劣るかもしれません。

ライバルや二人に起こる事件がゆるいせいかもしれませんし、
警察ものとは言え、警察官の職歴が短い和ちゃんが
メインなこと自体がそもそも仕方ないのかもしれません。

と言うか和ちゃん、念願の刑事になってから
職務中に何度迫られてるんだよ…。
忙しい中でもそれはやっちゃいかんだろう、公僕としてw
(本音としてはやっちゃえやっちゃえ)


その分、キャラでカバー。
娘自慢をする同僚ともう娘に嫌われ始めてる同僚とか、
明らかに和ちゃんに不似合いな刑事の人事をした妖しい署長とか。
和ちゃんも可愛いし、強引薫もそれなりにかっこいいし…。
如月さんの絵だからってのもありますけどw


アナリストシリーズなどに比べるとちょっと印象が薄いですが、
「警察ものでもドロドロは嫌!」と言う方にはぴったりです。
私も個人的にはあまり血なまぐさいのは好きでないので…。

分厚めですがさくさくっと読めるので
お手軽に楽しみたいときにいいかもしれません〜。
| [BL・小説]井村仁美 | 23:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |