-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「あなたと恋におちたい」/高岡ミズミ(山田ユギ) | main | ビブロスが倒産ですって!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ランチタイム・シンデレラ」/小川いら(紺野けい子)
あれ、「クマとインテリ」読んだんじゃないの?と思います?
読みましたが漫画喫茶で時間を気にして書く気がないので、
かわりに過去に書いておいた非公開記事を
この際だから使用してしまおうと思いましてw


こちら、随分前にオススメいただいた本です。

雨がやんだら(前記事に飛びます)」と同じく、
小川いらさんと紺野けい子さんのコンビ。
このコンビ、いいなあ。とても自分に合っています。
私の好みってそんなに分かりやすいのかな…w

それではネタバレな感想です〜。



ランチタイム・シンデレラ
ランチタイム・シンデレラ

小川 いら著
オークラ出版 (2003.12)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る


☆オススメ!

☆あらすじ

インテリアコーディネーターをしている中澤至(なかざわ・いたる)。
建築現場での仕事もしょっちゅうの至は昼食をとる店を探していた。
ある店の前で一人の男が暖簾をくぐろうとしたのを見て、
その店に決めた至。が、その男は店をくぐる直前突然振り向き、
至と視線が合うなり、至をフルネームで呼ぶ。

その男は長谷川恭祐(はせがわ・きょうすけ)だった。
高校のとき、1度だけの軽いキスをしてから避けられて
疎遠になっていた恭祐との8年ぶりの再会だった。

流れで一緒に昼食をとることになる2人。その間、
恭祐は昔のことのようにそのキスのことについて話してくる。
まだ心の中でそれが風化していない至はその話題から避けるが、
恭祐はどうしても思い出させたいらしく、
「明日も一緒にメシ喰おうぜ」と誘ってくる。

自分から避けていたくせに…と思いつつ、
いまだに恭祐が気になっている至は断れない…

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

社会人同士の8年ごしの成就です。
ノベルスにしては珍しく3話も入っておりまして、
このあらすじが1話目です。

8年ぶりに会えた恭祐はメチャクチャ積極的。
昼飯に誘うのはもちろん、自分の趣味を見せたり、
自分だけの取っておきの店に連れていったり…。
会社まで迎えに行くって、26歳としてはちょっとやばめだろ。

でも、それだけに恭祐の必死さが分かります。
なにせ自分も8年前からずっと引きずっていたからです。
ちょっととる手段が子供っぽすぎますがね。
セリフもちょっと甘えん坊将軍。

恭祐には比べようもありませんが至も子供っぽいです。
素直に受け入れないところがガキっぽい。

ふーん、似たもの同士、甘えんぼ同士なのね、と、
1話目だけならそれほどこなかったのですが
2話目でドキューン!(ジョジョっぽく)ときました。

至が恭祐の趣味に合わせて努力する様に
メチャ萌えました!

恋人にどこまで趣味を合わせるか。
その境目ってとても難しいですよね。

というのも、一緒に楽しむ目的でなく、
相手に嫌われたくないから」という気持ちが働くから。
相手に少しはあわせないと相手が不快かも、
でもコチラが迎合しすぎても嫌われるかも。
悪いとは言わないまでもそういう打算は、
見ていてちょっと不愉快。
(そういう自分も存在してますから自己嫌悪?)

至の良かったのは、克服したい気持ちもあるけれど
恭祐と一緒に楽しみたいから
そのために痛くても頑張る気持ちが強かったからです。
不在の間に努力して驚かせよう、なんていい話!

「パパへ、お誕生日おめでとう」と
手作りの誕生日プレゼント&バースデーカードを書く
幼稚園児みたいみたいな可愛さ(言い過ぎ?)で、
紺野さんのここの挿絵もぴったりすぎで、もう…うはうは。

ガキの恭祐はお決まりの勘違いをするわけですけれども、
真実を知って一気に嬉しいやら情けないやらの
恭祐のヘタレっぷりが可笑しいw

3編目も甘えんぼ全開な恭祐。そういう恭祐を
好きになっちゃったのだから仕方ない、と暖かい目で見る至。
ずっとそういう関係が続きそうです。こういうのも良いよね。
実際にはちょっとパスしたい男ですがW


切なさ3、甘さ7という感じです。
大人のラブストーリーなのかは分かりませんが、
殺伐としていないBLをお求めの方にオススメです〜。
| [BL・小説]小川いら | 18:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:44 | - | - |