-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「箱の中」 抜け問題についてのまとめ | main | 「是-ZE-」シリーズ/志水ゆき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Movie「ブロークバック・マウンテン」
昨日見てきた映画です。

映画館てあまり得意ではないのです。
周りの音・匂いがとても気になるから。

折角高いお金を払って楽しむのならば
五感をフルに使って楽しみたいのですが、
映画館の中でマックのハンバーガーくっちゃくちゃ食べる、
上映中に喋る、携帯が鳴るって状況は…ねぇ。

なのであまり行かないのですが
これはどうしても見たかった。

期待以上の素敵な映画でございました。
朝一番から泣いちゃいましたw
あらすじ・感想ちょっと長いのでお気をつけて。



☆あらすじ
イニス・デルマー
ジャック・ツイスト
ブロークバックマウンテンの牧場で
季節限定労働者として雇われ、出会います。

山でキャンプをしながら羊の放牧をする二人は、
次第に意気投合し、成り行きで、自然に身体の関係を持ちます。
友情を超える感情が芽生えたとも知らずに。

お互ゲイではなく自然と惹かれあった二人は、
それぞれの思惑と状況があり、山を降りてから
互いに何もなかったように生きてゆきます。
イニスは既に婚約していて、結婚し、家庭を持ちます。
ジャックも大金持ちの父を持つラリーンに魅かれ、結婚します。

しかし互いを求める気持ちはとまらずに
年に数回だけ、家族に偽りながら逢う二人。
(実はばれてたりするのですが、それはそれ)

ジャックは本気で「二人で暮らそう」と言いますが、
イニスは過去にホモフォビアが起こした
事件を目の当たりにしていたため、
今の状態が精一杯でした。

互いに求めていながらも現実が
二人にさらに強く、重く圧し掛かってゆきます…

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

とまあ、二人がゲイではないので
ゲンミツにはゲイ映画ではなく、
むしろBLな状況なのですね。

しかし、状況はBLどころではなく激重いです。

このころのアメリカの同性愛状況を述べますと、
1960年代〜にかけてのワイオミング州(舞台となった州)は
素晴らしく同性愛に厳しい土地柄です。
1998年、最近になってからだってゲイの青年が
惨殺される事件が起こっているぐらいですからね。

笑うしかない話ですが、ちょい前まで
ジャックが結婚後住んでいたテキサス州だって似たようなもので、
同性同士の性交は、犯罪だったのですからね。
ホテルでセックスしてて、通報されたら
逮捕されてしまうんですよ?
でも、獣姦は犯罪にならないという不思議な州です。
(その辺は本題と関係ないのでパスします)

また、元はノンケだった、ということも問題。
イニスは生粋の厳しい土地柄で育てられたので、
同性愛なんてもってのほか、ゲイが殺されても
「仕方ない」と心の中で思ってしまう教育でしたから
自分が男を愛することは、非常にヘビィなのです。
しかも奥さんも子供もいる状態。

元は迫害する側だった人間がされる側に回る恐怖は
考えたくないほどの恐ろしさですね。
もともとゲイだったらさっさとメキシコでもどこでも
ゲイに優しいところへ逃げられますから、その方がいっそ楽。
二人の不幸はここにもあったわけです。

ジャックは過去の体験がないためなのか
精神的な恐怖・葛藤がそれほど強くはありません。
(ゲイのお盛んなメキシコに行ったりしてますし)
彼にも妻・子供や仕事のしがらみはあるものの
イニスがいれば別にいい!という性格なのです。


この二人でうまくいくわけが無いですよね。
でもってやっぱりスタンスの違いから決別して
便りがなくなったな〜と思ったら
二人を完全に引き裂く出来事…。

もうここが泣いちゃう−−−−−!
ブロークバックで無くしたと思っていた
イニスのシャツをジャックが大事にしていたなんて…!
イニスーッ、泣いたらダメ、こっちが泣いちゃうから!
ここでポケットティッシュ2つも使ってしまいました。


お互いに意に染まぬ道を歩き続けながらも、
葛藤して、傷つき傷つけあいながらも、
互いを求めて求めて…。
書いてたらまた泣けてきた。


この映画の凄い所は、男同士という問題だけでなく、
迫害される者、非難されるもの、
その全てを当てはめることができるのです。
男女でも宗教だの年の差だの人種だの、あるでしょう?
見ている人の状況が反映されるわけです。

逆にいえば、同性同士だってそういうもの、とした
価値観を汲み取ることもできます。
そのように捉えられる世の中に
なれば良いのですけれどね…。
イニスと同じように教育された人にとっては
それは難しいものでしょうね。


今の日本だったら二人で生きていけたかも知れない二人を、
そんな昔の状況を、ただひたすら切ないと感じるばかりです。

周りの人も辛い状況になってしまいました。
イニスの奥さんなんか夫が別の人、しかも同性と
セックスして、しかも嘘をつかれるのですから。
う〜ん、私は偽装結婚、したくないなw


長くなりましたが最後に映画館で気になったことを。
映画館で前に座った一人客が、
杖ついてまで来てるお爺さんでした。
彼にもイニスみたいな人生があったりしたのかな…。
日本だって30年前だったら同じですからね。
(今だって基本的にクローズドなのは変わっていませんが)

不謹慎ながらちょっとロマンティック、と
考えてしまうのは腐のなせる技ということでご勘弁をw

ゲイだけではなく、普遍のテーマです。ぜひご観賞を。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:09 | - | - |