-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「極道はスーツがお好き」/中原一也(小山田あみ) | main | 「誓いは小さく囁くように」/榎田尤利(佐々成美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「少年はスワンを目指す」/榎田尤利(寿たらこ)
「男子高でオカマ・女装」は使い古されていますが、
逆にバレエのように本当は男子もやっているのに、
どこか女性よりなものはかえって新鮮に見えます。
作品中であげられたようにシンクロもそうです。
フィギュアスケートもそうかもしれない。

女性の身体の柔らかさ・曲線美が強調されるが故に
男性の躍動感・力強さを見過ごすのは勿体ないですよね。

そんな稀有なものが見られるのはBLの特権♪
ということで高校生+バレエ+コメディです。

さらに稀有なのは寿たらこさんの挿絵。
もしかしたら唯一の挿絵本かもしれませんね。

どちらにしろ稀有なこの本が
気になる方は以下ネタバレ感想へどうぞ〜。



少年はスワンを目指す
少年はスワンを目指す

榎田 尤利著
ビブロス (2004.5)
bk1で詳細を見る 絶版のようです

☆コメディ好きにオススメ!!

☆あらすじ

春休みのある日、原宣宏(はら・のぶひろ)は偶然通りがかった
自分の高校の体育館で一人平均台の上に立っていた
スワンのような、背筋の伸びた美しい少年に目を奪われる。
彼は櫛形直人(くしがた・なおと)、転校生だった。

元バレエダンサーで「王子」のあだ名がつく美貌とは
裏腹に口を開けば汚い言葉を吐く彼が気になる原。

その頃、学園祭で原達のクラスでは
「男だけのバレエ」の演し物をすることになり、
そのためバレエダンサーであった櫛形にコーチを頼むのだが
「おれは笑いを取りたくて踊ったことなんか、一度もない!」と
断られてしまう。櫛形がその理由に怒るのはもっともだが、
櫛形には教えたくない理由がもうひとつあった…

・  ・  ・  ・  ・  ・

まずなんといっても『学園祭でバレエ』が面白いです。
そしてそれをやろうとする男子高のノリがいいw

男子高って学園祭への気合が共学とは違うようです。
男子高出身の友人が言っておりましたが、
そのときだけはみなマジになって行動するそうな。
なんだか微笑ましい、かいがいしい努力ですw

そんな女の子獲得に励んでいる周りと違うのは原と櫛形。

原は、むっつりスケベの称号に相応しい男です。
背は高く、身体はガッチリとしている、
口数は少なく、女を意識しない硬派な原が
実はメチャクチャ櫛形に惚れてる…
アハハ、こういう男の子大好き。

得てして寡黙な人の行動は突然すぎて
不自然に見えてしまうなときもあるのですが、
第1話は全て原の一人称で進むのでとても分かりやすい。
第3話でも半分は原の視点なのですが、
「ハートに矢が刺さった音が聞こえた」に爆笑w
榎田さん、なんでも書けるんだなぁ。


櫛形は口悪王子ですね。
顔が可愛くて性格も可憐で純情な受けという
お決まりのキャラにはそれほど惹かれないので
私にはこれで快いです(話の面白さとは別にして)。

大概、顔がずば抜けて良くて心も完璧なんて、ねぇ、いないしw
(この文を読んで「私、顔も性格も良いんだけど!」と
思った方は性格が非常に悪いです、気をつけて下さい)

彼の良いところはそのギャップに加えて
バレエにかける情熱や厳しさが確固としてあることです。
危機を乗り越えて踊りにかける姿、
そして心からバレエを楽しんでいる姿は
攻めの原より数段かっこいいです。
原は見た目はかっこいいけどね…ヘタレだからなぁw

とても楽しめたのですが。
折角の発表会や原と櫛形のリフトやフィニッシュが
あっという間に終わってしまうのが、悲しい…。
せめて櫛形のソロをもっと細かく読みたかったかな。
それを差し引き、「!」を2つといたしました。

明るいコメディだけではなく少し暗い部分もあるので
コメディはちょっと…な方も大丈夫な作品だと思います〜。


P.S.榎田さんの「弁護士は恋を自白する」もバレエらしいですね。
まだ手に入れてませんがそちらも読んでみたいです〜。
| [BL・小説]榎田尤利 | 21:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |