-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古典推理物 〜江戸川乱歩・鮎川哲也 | main | 逆転裁判 〜結局、イトノコ萌え >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
妄想日記 〜中学生編
なんと2本立てです!
日付だけなら3本立て?
サザエさんがいつも3本立てなのは凄いと思います。

あまりにも推理小説感想とこちらが内容的に遠くなったので、
2つに分けることに挑戦してみました。
テンプレートもかなり変更してみました。

こちらはもう1本とは打って変わって
単なるド腐れ日記ですからダメな人は逃げてくださいね。

では。



(そういえば3本立てって言うと、3Pの香り、しますよね。
脳内変換的には、3本勃て、ですね。
)

推理物の感想もいいけどやっぱりこれが1番だね!


現実場面
午後2時ごろ、図書館へ行きました。

図書館って勉強スペース、ありますよね。
管理人が行く図書館には勉強スペースが2箇所あるのです。

ひとつは地下1階の広めのスペース。
もうひとつは地階の子供向けスペース。

子供向けスペースは絵本と童話の棚のそばで、
しかももっと幼い子のためのホビースペースもあるので
机に向かう人は滅多にいません。
管理人はそれを狙ってそこで絵本を読んだりするのですが、
そこに今日は先客が。

有名私立中学の制服を身につけ、突っ伏して寝ている少年でした。
顔は見えないのですが、髪の毛が茶髪気味のふわふわでかわいい!
しばらく、観察しました。
ぴくっとたまに動くのが何とも言えず好い・・・。
勉強頑張りすぎて眠いのかな・・・?
あ、若い子が寝てると言えば・・・。

そのあとそっと机の下を見たかどうかは内緒です。


どうしてこんなところに一人で居るのかが謎でした。
下には同じ制服の子が居たし。

あっ!ってことは・・・!
管理人の脳はフル回転で妄想しました。


モウソウカイシ


少年は、知っていた。
彼が、この図書館で友達と勉強していくことを。

小学生のときから、ずっとあこがれていた彼。
天然のふわふわな茶髪でいじめられていた
自分に優しく接してくれた彼。

彼と同じ学校に行きたくて、必死で勉強して、同じ中学校へ入れた。

でも、なぜか最近の彼はわざと自分を無視しているようだった。
クラスも友達も違ってしまい、段々と離れていくのを止められなかった。

それでも、少年は彼についてゆきたくて、
同じ図書館の違う階で勉強している。

(同じとこに居られるだけでいいんだ・・・)

そんなことを考えていると、もともとあんまり出来がよくないのに
無理して進学校に通っているため勉強のし過ぎで疲れている
少年は眠りに落ちて行った・・・。

「おい」

少年が後ろから声をかけられ、バッと起きて時計を見ると
もう閉館時間5分前だった。


(あー・・・彼、もう帰っちゃっただろうなぁ・・・)

寝ぼけた頭でぼんやりとそんなことを考えていた少年は、
後ろから声をかけた人物に気づくのに時間がかかった。

「おい、」

この声は・・・!?
少年がふりむくと、うしろにいたのはやはり彼だった。

「おい、なんでここで寝てんだよ?」

「え?・・・えーと、あの、その、」

久し振りに彼に声をかけられた嬉しさと、
自分の行動が気づかれたか!?という狼狽で、少年はパニックに陥った。

「・・友達は?」

「は?・・つーか、何でそうなるんだ?」

自分があとを追っていたことには
彼は気がついてないようでホッとしたが、
自分で言ったことのおかしさに
気がついて沈黙してしまった。

お互いに黙ったまま、閉館のチャイムが鳴る。
彼は小さく舌打ちをして、何か決心をしたかのように俯いて言った。

「・・・帰るぞ」

「え?」

「帰んないのか?」

「・・・一緒に?」

「・・・・」

彼は返事もせずさっさと歩き始めたが、
態度は拒絶ではなかった。

少年は散らかしっぱなしのノートや筆記具を
片付け、急いで彼の後を追った・・・。


モウソウシュウリョウ

うーん、ぶっきらぼう×健気でいけるかな。
ちょっと受がストーカーっぽいな。
やっぱり中学生だと恋心が芽生えてもどうしたら
いいのかわからなくなるもんね。

こんな事だったらいいのになぁ・・・フフフ(腐腐腐)、
と微笑みながら少年を見ていた管理人は
世界一その場にそぐわない利用者でした。


もういっこ帰りに面白いことがあったんだけれど、
それはまた、いづれかのおおんときにか。

p.s.ひそかに脳内妄想の間違いを修正・・・気づかれてないよね・・・(どきどき)
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |