-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「少年はスワンを目指す」/榎田尤利(寿たらこ) | main | 「110番」シリーズ/井村仁美(如月弘鷹) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「誓いは小さく囁くように」/榎田尤利(佐々成美)
先日の飲み会で、「マリエはいいよねぇ」の話に。
この話題になると目の色が変わる女性陣と
男性で唯一盛り上がっている私の隣である男がボソリ、

「…マリエって何?だれ?」
誰?という彼の言葉にマジ受け、爆笑。
私は知ってるもんね!(いばるな)

マリエは最近の呼び方ですもんね。
英語のウェディングよりもフランス語の、
このなんとな〜く甘いイメージがいいんでしょうかね?

マリエデザイナーが受けのこの作品、
その音の甘さにあわせたように甘かったです。
…でも好きですw都合よく乙女ですからw

以下それではネタバレな感想です。



誓いは小さく囁くように
誓いは小さく囁くように

榎田 尤利著
大洋図書 (2005.5)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆甘いのがお好きならオススメ!!

☆あらすじ
若宮瑛児
(わかみや・えいじ)はウエディングプロデュース会社社長のくせに、
結婚も永遠の愛も信じていないし、儲けが出れば良いと考えている。

その若宮はある夜、ひとりの酔っ払いを助けてあげた。
そのお礼は彼の吐瀉物、スーツは見るも無残にダメになる。
昏倒した彼を仕方なくつれて会社に戻り、
着替えを済ますと酔っ払いは目を覚ます。
彼は顔は可愛いが態度は実に可愛くない、
スランプ中の天才マリエデザイナー南智夏(みなみ・ともか)だった。

スーツを汚した代償に若宮の会社に住み込んで
バイトをすることになった智夏は、
ドレスを作る以外は何も出来ない、役立たず。
デザインの方も何があってもしないと
何かに誓っているようで、その態度に
若宮は苛々させられ、おまけに結婚を神聖なものと考える
智夏と若宮はまったく反りがあわない。

それでも素直な智夏に次第に庇護欲が刺激されてきていた頃、
若宮は智夏が隠し持っていたスケッチブックを見つける…

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

智夏がとにかく可愛いです。
マリエ作りは天才的なのに、他は本当に何もできない。
スティプラーの芯を後ろのでっぱりで外すことを知らない、
コピーの枚数は間違える、粉薬は噴く、
多分ル・クルーゼのお高い鍋は焦がす…。

ほんと、どうしようもないダメ子ですが、
粉薬を噴くなどは別にして、
結果としては迷惑な行動は善意から
来ているものと素直なだけに分かるため、
「しょうがないなぁ」と自然と許されてしまうのです。
子供が手伝おうとしてミスしちゃった時のような。

そんな24歳がいたら、庇護欲そそられますよねぇ。
若宮もほだされてそそられちゃったわけです。
しかも若宮は完璧主義の傾向にあるので
一旦世話を焼き始めたらとまらない…。
社長なのに「まったく、あの人ったら…」を
口癖にしている女房みたいになってます。

その若宮のお節介世話焼きなところが
智夏の過去を暴くとともに、苦い過去に
とらわれていた智夏を助け出すことができたわけで…
その事件の顛末はけっこう重くて苦いですが、
その後はやっぱり甘いw

「でも、百年くらいは保つんじゃないかっていう相手を見つけたからな」

極めつけは結婚式につきものの誓いのあれですよ。あれ。

"I will love you,for better or for worse,
for richer or for poorer,in sickness and in health,
to love and to cherish,for as long as we both love.
Do you promise ? If so,say"I do."

若宮、若宮、激あまーーーーい!(これが言いたくて…)
でも好きだから全文書いちゃいましたw
ああ、言われたいなぁ…
いつかゲイチャーチでYesと言いたいなぁ。
いけない、妄想に浸ってしまうw


全体的に甘いけど苦味もある、
甘めの缶コーヒーな作品でした。

あれくらいが大好きよ、という方はどうぞ一読を!

P.S.私は缶コーヒーのブラックは飲めないし
カフェオレは甘すぎて苦手です…。
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - |