-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「110番」シリーズ/井村仁美(如月弘鷹) | main | 4月バカと重要なお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「秋霖高校第二寮1・2」/月村奎(二宮悦巳)
何気なく今年に入ってから初だったりする、
久しぶりの月村さん著作の感想です。
&久しぶりにお天道様の時間帯の更新。


「そして恋がはじまる」シリーズや他に読んだ作品は
月村さんらしいトラウマorウツウツ少年が癒される系でしたが、
こちらは読み始めておよっ、かなり趣が違いました。

ばってんこれが面白い!書かねば!
ということで感想です〜。
(極端な話、最後の3行だけでも良い感想です)



秋霖高校第二寮 1
秋霖高校第二寮 1

月村 奎著
新書館 (2002.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

秋霖高校第二寮 2
秋霖高校第二寮 2

月村 奎著
新書館 (2003.6)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る


☆文句なしでオススメ!!!

・  ・  ・  ・  ・

☆あらすじ
奥村聡(おくむら・さとる)は4人兄弟の騒がしい家で育ち、
次男なのに長女体質で家事を押し付けられがちだったために
高校入学と同時に入寮することになっていた寮生活に憧れていた。

しかし、定員オーバーではんぱになってしまった聡が
極彩色のシャツを着た教師・石田に連れて行かれた第二寮は
ボロボロの一軒家、先住者は美人の藤井姉弟、先ほどの石田と
カリスマ高校生作家・波多野帝(はたの・すぐる)だった。

波多野作品のファンだった聡はつかのま感動するが、
本人は乱暴粗暴横暴、長女体質を見込まれて
早速パシリ&言いたい放題される日々。
さらには他の寮生たちが食事もまともに作れないために
おさんどんもさせられる羽目になってしまう。

イライラの日々だったが、それでも波多野のことが
気になってしまう聡、ある日編集者が
波多野のことをぼろくそにけなしているのを聞いて・・・

・  ・  ・  ・  ・  ・

今までの月村さんのと随分違うな〜と思ったのは、
これがデビュー前の投稿作だからなんだそうです!
6年前かぁ‥そりゃーかなり違うはずだよね。


でも、こまやかな心理描写は変わらずに上手い。

家事やらなにやらで重宝されている聡が
便利道具みたいに扱われることに対する鬱憤、
自分でも面白みがないと思っていることへの嫌悪、
それでも必要とされない方が悲しい、そしてまた自己嫌悪。
といった誰でも一度は感じるいや〜な気分がよく伝わります。
仲良くもない人にノート貸して、と
言われるあのけったくそわるい気分です。

この神経が切れそうになる、ぎりぎりまで嫌な気分が
こみあげてくる焦燥感を書かせたらぴかいちですね。
作中に出てくる波多野の作品にもそれは投影されていて、
それを読む場面では胸の辺りを押さえるほど辛かった。


また、乱暴粗暴横暴=3B男の波多野の言葉がきつい。
それは言っちゃダメ!なことをズバズバ言います。
可愛いところもあるんだけど憎らしさが勝ってます。
私だったら半殺しくらいにこいつには腹が立ちました。


はたまた他の住人も一筋縄でいかない人たちばかり。
藤井シスターズはくだらない冗談をいいまくり
聡をひやかし&邪魔をする二人組で、
寮監でもある石田先生は藤井弟といちゃついたり
いっしょにオヤジギャグを楽しんで…。
だれも話をきかない非常識な人間ばかり。
やだなぁ、話が通じない人たちって自分勝手で…。


可哀想な状況の聡ですが、押し切られることに
慣れてしまっている彼はそんなダメ男を見放せないんです。
…DVに慣れてしまう妻のようだ。

それでもやっぱり最低の最低の最低限の気遣いや
フォローがあるわけで、それにほだされてしまう聡なのです。
…やっぱりダメ男たちにこき使われるわけですが
言い返しができるようにはなるのでちょっとほっとしますw


やっぱり育てられた環境って大きいんだなぁ、と思いました。
聡の親も気づかなきゃダメでしょう、聡が
兄弟の中で一人だけ手伝ってくれるからと言って
それに甘えちゃ。性分があるとは言え、
家事手伝いぐらいやらせなきゃダメです。

…といっても家事やらない男は多いんだよねぇ。
結局気づくほうがやっちゃったり、
余計手間がかかるから自分がやることが多くて
また鬱憤溜まるんですよね。


心理描写にウェイトがかけられているのは
他の作品とまったく変わりませんが、
いつもよりコメディの率が格段にアップしました。

それは藤井姉弟と石田先生のコメディな
会話文のせいも多分にあるのですが、
聡がこの散々な状況を諦めにも似た前向きさで
乗り越えているために悲壮な感じがしないんです。

それと月村さんの特徴が絶妙なバランスで、
一緒に落ち込んだり、ちょっとした言葉で救われたり、
笑ったり、ムカついたり、恋に対して新鮮な気分になったり…。
あいかわらず性的なムードはほぼ皆無ですが
全く問題なく楽しめました。


2巻もですね、寮のおさんどんして、
波多野にこきつかわれて、たまに反撃して、
波多野の友人に嫉妬したり、されたり、
聡の性格形成の元凶の兄が来たりで大忙し(まとめすぎ?w)。
2人の仲は進展するようなしないような感じですが、
それでもこの世界が気に入ってしまったので非常に楽しめました。


次の巻まで出るようなので非っ常に楽しみです!
ながながと書いといてなんなんですが、
ゴタクはどーでも良いからオススメです!
| [BL・小説]月村奎 | 14:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:22 | - | - |